2017年10月18日

デヴィッド・ニュージェント(David James Nugent)〜イングランド黄金世代の背番号10でヴァーディの親友〜※動画あり

images (1).jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はデヴィッド・ニュージェント選手です。

イングランド・マージーサイド、ハイトン出身のサッカー選手である。ダービー・カウンティFC所属。ポジションはフォワード。

【経歴】
彼は2002年に彼がBuryとの最初のプロの契約を結んだときに彼のキャリアを始めました。 2005年にクラブを去り、プレストン・ノース・エンドに2シーズン参加した。 Nugentは2007年にポーツマスに入団し、2009-10シーズンにバーンリーに入団し、2010年にポーツマスに戻ってきました。レスター・シティは2011年にレスター・シティに入団し、4シーズンのクラブでプレーした後、ミドルスブラにミドルスブラのプレミアリーグへの安全な昇進を支援した後、ミドルスブラでのスタートポジションが危険にさらされた後、ダービー郡に入社しました。
Nugentは、21歳未満のレベルでイングランドでプレーした後、シニアチームで1試合を行いました。彼はイングランドのシニア・チームに留まらず、再び彼の国でプレーしたことはなかった。

ニュージェントは、彼はエバートンの支持者であると述べている。 2016年には、元チームメイトのジェイミー・ヴァーディーの結婚式で最高の人物を務めました。


【注目の動画】





総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】


★インターナショナルキャリア
彼は2005年2月にウェールズとのイングランド21チームのための彼のデビューをした。 2006年8月15日にモルドバとの2-2の引き分けで彼は彼のデビューのチームのために彼の最初のゴールを決めた。アーセナルのテオ・ウォルコットと再びチームを組んで、2006年9月6日にスイスに3-2で勝利し、UEFAヨーロッパ・アンダー21選手権予選のプレーオフに勝利した。彼はスペインに対する彼の3番目のゴールを決めた。
2007年3月19日、スティーヴ・マクラーレンがニュージェントを見ていることが確認された後、多くの憶測に続いて、チャールトン・アスレチックの負傷したダレン・ベントを取り替えるため、ダビデはフル・イングランドのチームに呼ばれた。

2007年3月28日、NugentはUEFA Euro 2008予選でバルセロナのアンドラと対戦し、イングランドの後半代役としてデビューした[34]。最終戦のゴールで93分に3-0で勝利し、ジャーメイン・デポエ(Jermain Defoe)のゴールラインを狙う。 Nugentは試合後のプレスインタビューで、「1 Goal / 1 Cap」の全国代表チーム記録を達成したことに対する真の満足を表明した。 Nugentは、ちょうど1つの代案の外観と1つの目標、ポーランドのGoddardとFrancis Jeffersの3つの選手のうちの1人です。それ以来、ニュジェントはイングランドとの別の外出を確保することに失敗している

彼は2003年にウェストハムのDavid James以来、サッカーリーグでプレーしていたクラブからの最初のイングランド代表チームのフットボール選手で、Tom Finney以来の代表チームのためにプレーする最初のプレストン選手だった。 1999年にサンダーランドのマイケル・グレイ以来最初のフットボールリーグの外野選手です。

2007年6月、彼はオランダの2007年UEFAヨーロッパ21歳以下選手権で21歳未満を務めた。
posted by よしき at 21:02| Comment(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロドリゴ・アマラル(Rodrigo Nahuel Amaral Pereira)〜南米大注目のカバーニ2世〜※動画あり

ダウンロード.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はロドリゴ・アマラル選手です。


【特徴】
2015年U-20南米選手権のウルグアイ代表。ユース年代からゴールを量産し常に当該世代のエースだった選手。U-20代表ではキャプテンを務めている。

左利きのアタッカーで左サイドでも起用される。技術よりは気迫と勢いで突っかけるタイプ。小柄だがタンクのような体型といいクリスティアン・ロドリゲスのように育つかもしれない。


ルイス・スアレスが欧州上陸前にプレーしていたウルグアイの強豪クラブ、ナシオナル・モンテビデオ所属。

2015年1月にウルグアイ開催された 、南米の20歳以下のナショナルチームナンバーワンを決める大会スダメリカーノU20で、ウルグアイリーグで実績を残している有望若手アタッカーたちを押しのけて度々起用されていた17歳。アルゼンチンと優勝を争う重要な一戦だった最終節でもスタメンとして出場していたことから、その実力と立ち位置が見て取れる。

特徴としてはドリブルの駆け引きに長けていて、物怖じせずに仕掛けていく勇敢さも備えており一対一の場面で強さを発揮する。
また的確な判断力でパスコースを素早く見極め、正確なクロスやラストパスを送る、
といったチャンスメイクも上手い。
スダメリカーノU20では卓越したドリブルテクニックとパスセンスでチームの攻撃の中心選手として輝き、ウルグアイの多くの得点機会を演出、飛び級で挑んだ大会で5アシストを記録した。
ゴール感覚を高めれば大化けするポテンシャルを秘めるウルグアイの宝石。

【少年時代】
クラブ・ナシオナル・サッカー(Club Nacional de Football)、第14回大会、第14回大会、第14回大会2012年には、イングランドで開催されたリバプール・フットボール・クラブでは、ディエゴ・バルディ、リーランド・オトモリン・イ・ガストン・ペレイロのリバプール・フットボール・クラブで10年間の実績を残しています。





ナショナリズム、国家の歴史、国家の歴史10.3アナトー143ゴールと115パーティー4.ナンバー・ペリドス・オブ・クリスティー・コモン・ペイロール・オール・オブ・6ゴール・アンド・ディフェンツ・カテゴリー
2014年10月16日、2014年5月20日、2015年2月20日、スーダメリカノのカンデロナートにあるロドリゴ・アルプスの植物の三原色の下で、グライテレスを獲得しています。



【注目の動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】


サウジアラビアのウルグアイ・カンペオナート・スダメリカーノで2015年に行われた大会では、2015年にエドロン3回戦が行われ、20・19日にはロドリゴ・コルビャン・アンド・エスタディオ・ドミンゴ・ドミンゴ・ブルグニョ・デ・マルドナドイントレア・アル・ミノート86イン・ザイメ・バエス・コル・パートド0 0、イン・ミディアム・オブ・カリビドー・キャリバー・カラヤ・アル・イディオポ、マウロ・アラムバリ・コンビルティー・デル・トゥルーノ・パラ・ラ・セレクション・カヴァーゾー20 21最終決定
posted by よしき at 20:54| Comment(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨン・ダール・トマソン(Jon Dahl Tomasson)〜デンマークの親日ストライカー〜※動画あり


images.jfif

こんにちわ

本日紹介する選手はヨン・ダール・トマソン選手です。

【プレースタイル】

選手時代は瞬間的なスピードとポジショニングを生かして得点を重ねたが、一方で豊富な運動量と、自ら囮となる動きで相手の守備陣を引きつけ味方の得点チャンスを生み出していた。デンマーク代表時代の監督だったモアテン・オルセンからは「常に自分のプレーよりチームのことを優先して考える、究極のチームプレーヤー」と評されている。

【エピソード】
ある日本の個人サイトに「2002 FIFAワールドカップが開催された2002年にデンマーク代表が和歌山で合宿を行った際に、トマソンと聴覚に障害を持つ地元の少年との間で心温まる交流があった」とするエピソードが掲載され、インターネットを中心に話題となり、2006年4月に、このストーリーを綴った『少年とストライカーと約束』が双葉社より出版された。トマソンには、聴覚に障害のある姉がいて、その結果、トマソンは手話ができるという設定だった。

しかし、2010年5月にNHKで放送された2010 FIFAワールドカップ関連番組の中で、インタビューを受けたトマソン本人が「その話は知らない。私は手話もできないし、一人っ子です」と否定[15]。番組内で「このストーリーはフィクションでした」と結論付けた。

【注目の動画】


【人物】
引退後は故郷のデンマークには戻らず、オランダで暮らしている。

【指導者として】
2011年6月6日、ワールドカップの終了後引退をすることを表明し、2011-12シーズンからSBVエクセルシオールのアシスタントコーチに就任することが発表された。

2013年6月17日、エクセルシオールの監督に就任した。

2013年12月26日、14位で残留争いに苦しみ、ルート・ブロートをシーズン途中で解任していたローダJCからのオファーを受けて、ジュピラー・リーグ7位のエクセルシオールを去ってローダJCの監督に就任したものの、結局エクセルシオールは新監督マリヌス・ダイクハイゼンのもとで後半戦立て直しに成功し、リーグ戦3位から入れ替え戦を経て昇格に成功。一方でローダJCは後半戦15試合でわずか勝ち点11とさらに失速し、最下位で降格。トマソンはシーズン後に解任された。

2015年6月19日、フィテッセのアシスタントコーチに就任した。

2016年3月7日、アシスタントコーチとしてオーゲ・ハレイデ率いるデンマーク代表に復帰した。


総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】


デンマーク代表
デンマーク代表としては1997年3月のクロアチア戦で代表デビューし、1999年6月9日に行われたUEFA EURO 2000予選のウェールズ戦で代表初得点を決めた。UEFA EURO 2000では無得点だったが、2002 FIFAワールドカップグループリーグ第1戦のウルグアイ戦で2得点、第2戦のセネガル戦と第3戦のフランス戦で1得点ずつを決め合計4得点をあげグループ首位でのベスト16進出に貢献し、自身も大会得点ランキングの4位になった。UEFA EURO 2004でもグループリーグ第2戦のブルガリア戦で1得点、第3戦のスウェーデン戦で2得点の合計3得点をあげベスト8進出に貢献した。

代表チームでは主将を務め精神的支柱としてチームを牽引し、2008年2月6日のスロベニアとの親善試合でポウル・ニールセンの持つ歴代最多代表通算52得点に1得点と迫ったが、選手としてのピークが過ぎていたこともあり、その後2年間近く無得点に終わった。2010 FIFAワールドカップグループリーグ第3戦の日本戦の81分にPKから得点を決め、歴代最多得点記録に並んだが、デンマークはこの試合に1-3で敗れグループリーグ敗退。2010年8月8日に代表からの引退を表明した。国際Aマッチ112試合出場は歴代2位、52得点は前述の通りポウル・ニールセンと共に歴代最多記録である。
posted by よしき at 20:43| Comment(0) | デンマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする