2020年05月17日

【採点】ドルトムント×シャルケ04【寸評】※再開 5/16

ドルト シャルケ.PNG

10点満点。平均は5〜7点。



ドルトムント

▽GK
ロマン・ビュルキ【6】
前半の我慢する時間帯を耐えしのぐ。

▽DF
ウカシュ・ピシュチェク【6】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官

マッツ・フンメルス【6】
負傷明けも安定。今季もリーグ屈指2CB。 

マヌエル・アカンジ【6】
守備でも粘り強く最少失点に抑え、チームを引っ張る姿を見せる。

▽MF
エムレ・ジャン【7】
チームのリスク管理と守備を修正。

アクセル・ヴィツェル【8】
球際を激しく戦う姿は見せたが、攻撃にパワーを使えなかった。

アクラフ・ハキミ【7】
精度の高さで、推進力を生み出したかった

ラファエウ・ゲレイロ【5】
力強いドリブルでぐんぐん進む。球際の強さ、素早い攻守の切り替えも◎

トルガン・アザール【6】
ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。

ジェイドン・サンチョ【8】
苦しい時間を打開するアイデアあったが、変えきれなかった。

▽FW
アーリング=ブラウト・ハーランド【9】
スイッチが入った時の突破力◎。全得点に絡む。



シャルケ04

▽GK
マルクスシューベルト【7】
失点シーンは相手がうまかった。ビックセーブで何度もチームを救った。

▽DF
ジャン=クレールトディボ【4】
ワンテンポ遅れるシーンもあったがまだ初戦  

ティモ ベッカー【4】
万全でない時も計算立つ。より個性的に  

マティヤナスタシッチ【4】
警告はらしくなかったが、切り替え早い。重厚感

▽MF
バスティアン・オツィプカ【6】
今季も変わらず神出鬼没。目で追うと楽しい   

ウェストン・マッケニー【8】
クロスから味方のシュートへつなげるなど、好機も作ったが試合の流れは変えられず。

アレッサンドロ・シェプフ【6】
停滞していた流れが、交代で攻撃陣が一気に活性化

ジョンジョー・ケニー【7】
ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。

ラバイ マトンド【7】
前半は耐え、最後の15分でギアを上げられる余裕あり。

ベニト・ラマン【7】
スルーパスがキラリ。違った味を欲する時に。  

▽FW
ギド・ブルクシュターラー【6】
スピードを生かし裏へ抜けだすまでは良いが、パス、シュートの精度が悪い。

ラベル:寸評
posted by よしき at 13:00| 採点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【採点】ライプツィヒ ×フライブルク【寸評】※再開 5/16

キャプチャ.PNG

10点満点。平均は5〜7点。

ライプツィヒ


▽GK
ペテル・グラーチ【5】
ゴールキックの妨害、CKの守備時に窮屈な動きを強いられるも最少失点で粘った


▽DF
ルーカス・クロスターマン【7】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官

ダヨ・ウパメカノ【4】
最後方からドリブルで1人かわし、ロングパスもハイレベル

マルセル・ハルステンベルク【7】
負傷明けも安定。今季もリーグ屈指のCB  

▽MF
コンラート・ライマー【7】
球際を激しく戦う姿は見せたが、攻撃にパワーを使えなかった。

ノルディ・ムキエレ【8】
バランス見ながらリズムを作る

クリストファー・ヌクンク【7】
甘いマークで先制点献上も、同点ゴールを巧みにアシスト

マルセル・ザビツァー【5】
力強いドリブルでぐんぐん進む。球際の強さ、素早い攻守の切り替えも◎

アンヘリーニョ【8】
自慢のスピードを生かし、カウンターからの一撃を狙ったがゴールになかなか迫れなかった。

▽FW
パトリック・シック【7】
クロスから味方のシュートへつなげるなど、好機も作ったが試合の流れは変えられず。

ティモ・ヴェルナー【10】
スイッチが入った時の突破力◎。全得点に絡む。MOM






フライブルク



シュボロウ【6】
失点シーンは相手がうまかった。ビックセーブで何度もチームを救った。

ラインハルト【7】
今まで何度となく助けられたが、あれはダメ 

コッホ【7】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官


ハインツ【8】
守備でも粘り強く最少失点に抑え、チームを引っ張る姿を見せた。


シュミット【4】
オーバーラップの出足が悪く、ここぞで5m後ろにいた。キック精度は前評判通り

ハベラー【7】
佇まいと身のこなしが円熟。+10歳の安心感 


ヘフラー【3】
精度の高さで、推進力を生み出したかった


ギュンター【8】
ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。

バルトシュミット【7】
アクセントをつける動き。両足で蹴れる器用さも新発見。

グリフォ【7】
足をつるまで終盤まで激走。決定的なクロスを上げられるなど、守備に苦戦を強いられた

ペーターゼン【7】
最終ラインに入るビルドアップ、サイドチェンジ多用の新境地はまだまだ改善の余地


posted by よしき at 01:00| 採点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【採点】デュッセルドルフ×パダーボルン【寸評】※再開 5/16

10点満点。平均は5〜7点。


デュッセルドルフ


ヴァロン・ベリシャ【4】
体を張った守りで猛攻に耐えた。

ケビン・シュテーガー【7】
力強いドリブルでぐんぐん進む。球際の強さ、素早い攻守の切り替えも◎

アダム・ボジェク【6】
球際を激しく戦う姿は見せたが、攻撃にパワーを使えなかった。

ニコ・ギーセルマン【8】
精度の高さで、推進力を生み出したかった

マルクス・ズットナー【6】
ワンテンポ遅れるシーンもあったがまだ初戦   

マティアス・ツィンマーマン【6】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官

アンドレ・ホフマン【7】
失点シーンは防げずも、以後は安定

カーン・アイハン【8】
警告はらしくなかったが、切り替え早い。重厚感

ケナン・カラマン【4】
試合を通して気迫あふれる対人守備で左サイドの守りに安定をもたらした。

フロリアン・カステンマイアー【8】
前半の我慢する時間帯を耐えしのぐ







パダーボルン


ヤニク・フート【3】
失点シーンは相手がうまかった。ビックセーブで何度もチームを救った。

ウヴェ・ヒュネマイアー【5】
右サイドから良いクロスを供給。後半のシュートは枠に飛ばしたかった。

クリスティアン・シュトローディエク【8】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官

ジャミール・コリンズ【8】
今季も変わらず神出鬼没。目で追うと楽しい   

クラウス・ギアスラ【7】
万全でない時も計算立つ。より個性的に  

クリストファー・アントヴィ・アドイェイ【6】
チームのリスク管理と守備を修正。

セバスティアン・ヴァシリアディス【8】
苦しい時間を打開するアイデアあったが、変えきれなかった

FW
カイ・プリョーガー【5】
スルーパスがキラリ。違った味を欲する時に  

スヴェン・ミシェル【5】
佇まいと身のこなしが円熟。+10歳の安心感 

モハメド・ドラガー【8】
チャンスをものに出来ず、次戦に期待

ストレリ・マンバ【5】ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。
posted by よしき at 01:00| 採点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7連覇中の王者へ挑戦〜第2節 ホーム バイエルンミュンヘン戦〜 FIFA20 監督キャリアモード 

FIFA 20 キャリアモードの試合 メニューの操作_1.jpg

開幕戦を6-2の快勝で迎えた。

第2節ホーム開幕戦。7連覇中王者バイエルンミュンヘンをホームに迎え撃ちます。

両チームのスタメンは下記。
FIFA 20 キャリアモードの試合 0-0 S04 V FCB, 前半_1.jpg
FIFA 20 キャリアモードの試合 0-0 S04 V FCB, 前半.jpg
FIFA 20 キャリアモードの試合 0-0 S04 V FCB, 前半_2.jpg

注目はやはり前節ハットトリックのエジル。


キックオフ。

前半は互角。
0-0で折り返す。

53分 キミッヒがエジルを倒しイエローカード。

59分 失点。素晴らしいパスワークからチアゴに決められる。

77分 得点。ショートカウンターからフェリックスが同点ゴール!

85分 得点。ロサリオのスーパーゴール!逆転!


90分 サビッチがPA内でレヴァンドフスキを倒し一発退場。PK献上。アラバがピンチ沈めて同点。

結果は2-2引き分け。

MOMはトラオレ。

バイエルン相手に上出来。PK献上はもったいないが、フェリックスの今季初得点、トラオレの突破力、ラマンのスピードなど収穫あり。

次節はヘルタベルリン戦。
FIFA 20 キャリアモードの試合 2-2 S04 V FCB, 後半_1.jpgFIFA 20 キャリアモードの試合 2-2 S04 V FCB, 後半_2.jpgFIFA 20 キャリアモードの試合 メニューの操作.jpg
posted by よしき at 00:27| Comment(0) | シャルケ04 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

シャルケ04 名門復活への道〜第1節 アウェイ ボルシアMG〜 FIFA20 監督キャリアモード 

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作.jpg

その昔、炭鉱で栄えたが閉山により多くの失業者と貧困層を出して苦しんだ“枯れた街”ゲルゼンキルヒェン。

慰めであり、地域に誇りを与えているチーム「シャルケ04」

昨季はブンデスリーガで14位という屈辱的な順位。

名門復活へむけてチームは大型補強を決意。

@イブラヒモビッチ〜優勝請負人〜
 →誰もが知るストライカー。ブンデスリーグについに降臨。

Aジョアン・フェリックス
 →ポルトガルの超新星。ビッグクラブとの争奪戦を制す。同郷モウリーニョの熱心な誘いもあり加入

Bサビッチ
 →経験豊富な守備職人。キャプテンシーにも期待。

Cエジル
 →シャルケに帰還。キャプテン任命。30歳。まだまだキャリアはこれから。

Dアダマ・トラオレ
 →注目のスピードスター。新監督が獲得を熱望。コンパクトなカウンターを目指す。戦術のキーマン。


注目の開幕戦はアウェイでボルシアMG。

開幕スタメンは下記。
FIFA 20 キャリアモードの試合 メニューの操作_2.jpg


6分 左サイドアリの突破からPK獲得。イブラが冷静に沈める。ブンデス第1号ゴール


18分 右サイドから失点。フリーでヘディング許す。

31分 カウンターから失点。逆転を許す。

34分 左サイドから崩し、最後はイブラ


51分 キーパーからカウンターつなぐ。最後はエジルヘディング。

56分 エジル右足。

62分 トラオレカウンターからエジル左足。

88分 ラマンが絶妙な抜けだし。

FIFA 20 キャリアモードの試合 メニューの操作_1.jpgFIFA 20 キャリアモードの試合 2-6 BMG V S04, 後半.jpgFIFA 20 キャリアモードの試合 メニューの操作.jpg

エジルがハットトリックを達成。
終わってみれば圧勝。6-2。

次節はHにバイエルンを迎えます。

posted by よしき at 23:00| Comment(0) | シャルケ04 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする