2016年11月26日

ハビエル・パストーレ(Javier Matías Pastore)〜アルゼンチンのカカ!?〜※FIFA20 使用感

images8XF20D5K.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はハビエル・パストーレ選手です。

アルゼンチン・コルドバ出身のサッカー選手。リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属。アルゼンチン代表である。ポジションはミッドフィールダー。
2008年、プリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格したばかりのCAウラカンにレンタル移籍し、5月24日のリーベル・プレート戦(0-1)でデビューした。クラウスーラ2009で飛躍的に成長し、プレーメーカーとしての才能を惜しみなく発揮した。1試合2得点を3回達成するなど得点意識が高く、最終的に7得点3アシストを記録してチーム内得点王になり、マティアス・デフェデリコとともに最終節まで優勝を争ったCAウラカンの柱であった。同シーズンのCAリーベル・プレート戦でのプレーは特に称賛されている。25ヤードの距離から先制点となるミドルシュートを決め、さらに追加点も決めて4-0の勝利に導いた。CAウラカンがCAリーベル・プレートに対して4点差を付けて勝利するのは60年以上ぶりであった。ミゲル・アンヘル・カッパ監督には「アルゼンチン代表でフアン・ロマン・リケルメの後を継げるのは彼しかいない」と称賛され、2009年夏にはマンチェスター・ユナイテッドFC、FCポルト、ACミラン、チェルシーFCなど、ヨーロッパの多くのクラブから興味を示された。
無題.pngimagesBJK295ZF.jpg
2011年8月6日、フランスのパリ・サンジェルマン(以下PSGと表記)がパストーレとの契約を公式に発表し、背番号は27に決まった。この際に明らかにされた移籍金は3980万ユーロであり、4200万ユーロなどとも報道されたが、第三者として選手の所有権を持つ代理人のマルセロ・シモニアンによれば、(代理人手数料が含まれているかいないかは定かでないが)2150万ユーロしか支払われておらず、パレルモは2280万ユーロしか支払っていないことをウェブサイトで公表している。なお、PSGが公表している移籍金が正しければ、2000年のニコラ・アネルカの例(3350万ユーロでレアル・マドリードからPSGに移籍)を上回ってリーグ・アン史上最高額の移籍金となる。FIGCはいかなるイタリアのクラブにも第三者が選手の所有権を保持することを認めておらず、ザンパリーニ会長自身が罪に問われる危険にさらされているにもかかわらず、ザンパリーニ会長は法的手段行使に動き始めた。
移籍初年度の2011-12シーズンは9月11日のスタッド・ブレスト戦で移籍後初ゴールを決めると、その後は13ゴール6アシストと大型補強を行ったクラブを牽引し、8シーズンぶり2位へと導いた。

【動画】

総合評価
攻撃力【8】
守備力【5】
センス【8】
posted by よしき at 21:00| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: