2017年10月20日

エウケソン(Elkeson de Oliveira Cardoso)〜上海上港の点取り屋〜

images.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はエウケソン選手です。

ECヴィトーリアのアカデミー出身

トップ昇格後、2011年よりボタフォゴFRに移籍し主力として活躍。2012年夏には柏レイソルの他、FCシャフタール・ドネツク、ボローニャFC、ユヴェントスFCが獲得に乗り出したが、ボタフォゴとの移籍金交渉でいずれのクラブも合意に至らなかった。

2012年12月24日、広州恒大と年俸200万ユーロの4年契約で合意。移籍金は570万ユーロ。AFCチャンピオンズリーグ2013のグループリーグは外国人の登録制限により登録外になっていたが、2013年シーズン途中にルーカス・バリオスの退団により、AFCチャンピオンズリーグ2013には準々決勝のレフウィヤSC戦から登録されて出場となった。その後広州恒大は準決勝で柏レイソル、決勝でFCソウルを下して広州恒大のAFCチャンピオンズリーグ初優勝を果たした。またエウケソンは決勝のFCソウル戦は第1戦はヘディング、第2戦はムリキからのパスから抜け出して右足で決めて優勝に貢献した。2013年シーズンの超級リーグでは24得点を記録して得点王になった。チームは超級リーグ3連覇を達成。

2014年の超級リーグでも28得点を記録し、2年連続得点王になった。2014年の超級リーグでの個人成績により、中国サッカー協会年間最優秀選手賞を受賞した。チームは超級リーグ4連覇を達成。AFCチャンピオンズリーグ2014は準々決勝でウェスタン・シドニー・ワンダラーズに敗れて連覇を逃した。

2015年3月1日、広州恒大との契約延長を発表した。2019年2月28日までの4年間の契約となる。




2015年シーズンは得点数は昨年よりも減ったものの、チームは超級リーグ5連覇を達成し、2年ぶり2度目となるAFCチャンピオンズリーグ2015を優勝した。決勝第2戦のアル・アハリ戦では決勝ゴールを決めて優勝に貢献した。ACL2013とACL2015の決勝戦で2度の決勝ゴールを決めてみせた。

2016年1月21日、上海上港へ完全移籍することが発表された。移籍金は1700万ユーロ(約21億円)から2000万ユーロ(約25億円)、年俸は600万ユーロ(約7億円)と報道された。

2011年、アルゼンチン代表との親善試合において、国内組のみで構成されたブラジル代表に初招集された。だがその後は代表から招集されていない。

【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【5】
センス【6】


posted by よしき at 21:00| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。