2020年05月10日

バカリ・コネ(Bakari Koné)〜アフリカの小巨人〜※FIFA20 使用感

無題.png
こんにちは

本日の紹介選手はバカリ・コネ選手です。


コートジボワール出身、同国代表のサッカー選手。アラビアン・ガルフ・リーグ・アジュマーン・クラブ所属。ポジションはFW。実弟にサッカー選手のアルナ・コネ、カラモコ・コネがいる。


1994年に当時のコートジボワールのアビジャンでスカウトを受け、ASECミモザのユースチームに入団。5年間を過ごし、1999年にトップチームデビューを飾る。2002年からはカタールのアル・イテハド(当時。現在の名称はアル・ガラファ)に移籍し、レギュラーとして1シーズンプレー。その後、2003-04シーズンからはフランスリーグ・ドゥのロリアンに移籍。これ以降は活躍の場をヨーロッパに移すこととなる。

ロリアンでは1シーズン目からレギュラーを獲得しいきなり10得点を挙げると、2シーズン目となった2004-05シーズンは25試合に出場し24ゴールを挙げる大活躍で、リーグ・アン昇格に大きく貢献。バカリ自身もリーグ・ドゥ得点王、リーグ・ドゥ最優秀選手を獲得する。この活躍からリール、ストラスブール、オセールなどから注目され、結局2005-06シーズンからはニースへ移籍。シーズン開幕戦のトロワ戦でいきなりリーグ・アンデビューを飾ると、移籍2試合目のトゥールーズ戦でリーグ・アン初ゴールを記録。レギュラーを勝ち取り、2007-08シーズンにはリーグ・アン移籍後初めての2ケタ得点で、リーグ6位の14ゴールを挙げる。リーグ・アンでも成功を収めたことから、攻撃陣強化を望む強豪・オリンピック・マルセイユが獲得に乗り出し、移籍金1000万ユーロで移籍。マルセイユでの最初のシーズンとなった2008-09シーズンもレギュラーを獲得。リーグ・アンに加えてチャンピオンズリーグやUEFAカップにも初出場ながら全試合に出場し、チャンピオンズリーグ・グループステージのPSV戦ではチャンピオンズリーグ初ゴールを決めた。これらの活躍や後述の代表での活躍もあり、2009年3月にヤヤ・トゥーレやディディエ・ドログバを抑えてコートジボワール年間最優秀選手を受賞した。
images.jpg
代表では、2004年9月5日のワールドカップ予選・スーダン戦でコートジボワール代表デビューし、代表初ゴールも記録。以降は代表に定着し、2005年12月12日のルーマニアとの親善試合では弟・アルナとの兄弟アベックゴールも記録。アフリカネイションズカップ2006のメンバーにも選ばれると、準決勝のカメルーン戦では貴重な同点ゴールを挙げると、チームはPK戦の末に勝利。決勝進出に大きく貢献したが、決勝のエジプト戦では負傷してしまい、チームも準優勝に終わる。ワールドカップ・ドイツ大会のメンバーにも選ばれるが、コートジボワールはアルゼンチン、オランダ、セルビア・モンテネグロと同組の「死の組」に入ってしまう。しかしバカリは3試合すべてに出場し、オランダ戦ではミドルシュートを決めワールドカップ初得点を記録するなどコートジボワールの善戦に貢献した。続くアフリカネイションズカップ2008でもチームの中心として4試合に出場するが、5-1と大勝したギニア戦での1ゴールに終わり、チームも4位に終わる。

総合評価
【6】
【6】
【5】
posted by よしき at 19:00| Comment(0) | コートジボワール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: