2016年02月08日

ランドン・ドノバン(Landon Timothy Donovan)〜アメリカ代表歴代最多得点・アシスト記録保持者〜

images.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はランドン・ドノバン選手です。

アメリカ代表歴代最多得点記録、歴代最多アシスト記録保持者であるアメリカの英雄で国民からは「アメリカンヒーロー」と敬われている。 50mを5秒80で走る俊足の持ち主。父親はカナダ出身でアイスホッケーのセミプロ選手であった。

アメリカ合衆国・カリフォルニア州出身の元プロサッカー選手(MF・FW)。アメリカ代表歴代最多得点記録、歴代最多アシスト記録保持者である。
【動画】

国際大会での活躍がスカウトの目に止まり、1999年にドイツのバイエル・レバークーゼンと6年契約を結ぶ。しかし、ドイツの環境になじめず、ホームシックを理由にアメリカに帰国。2001年にMLSのサンノゼ・アースクエイクスにレンタル移籍すると、本来の持ち味を生かし主力として活躍し、2001年のチームのMLS制覇に貢献した。このシーズンのオールスターゲームでは僅か18分でハットトリックを達成し、さらにもう1ゴールで計4ゴールを決めMVPに選出された。2003年と2004年には2年連続でUSサッカーアスリートオブザイヤーを受賞した。

2005年1月、レバークーゼンに復帰し、ブンデスリーガデビューを果たすも、7試合に出場したのみで米国復帰を選択。シーズン開幕直前にロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍が成立した。

2009年1月からMLSの開幕までという条件でバイエルン・ミュンヘンへレンタル移籍し、リーグ戦5試合に出場。2010年1月にはプレミアリーグのエヴァートンへ期限付き移籍をした。ここでは13試合に出場して2得点を記録、1月にはクラブの月間最優秀選手に選ばれるなど活躍した。エヴァートンはレンタルの継続を望んだが、シーズン開幕を前にしたLAギャラクシーは拒否した。2012年1月にもエヴァートンへレンタル移籍した。
2014年8月7日、2014年内での現役引退を発表した。

【代表】
1999年のFIFA U-17世界選手権ニュージーランド大会でMVPを獲得するなど、世代別代表でプレー。2000年のシドニー五輪ではチームの中心として活躍するも、4位となりメダルを逃す。
2000年10月25日のメキシコとの親善試合でアメリカA代表デビューし、この試合で代表初ゴールを記録。2002年の日韓W杯では全5試合に出場、2得点を挙げてチームのベスト8入りに貢献した。この活躍で弱冠20歳でアメリカ最優秀選手にも選ばれている。

2006年にはアメリカ代表として26個目のアシストを決め、コビ・ジョーンズの記録を塗り替えた。また、2002年、2005年、2007年のゴールドカップ優勝、2009年のコンフェデレーションズカップ準優勝に大きく貢献する。

2010年南アフリカW杯でもチームの中心選手として活躍し、グループステージのスロベニア戦では2点差から詰め寄るゴール。グループステージ最終戦のアルジェリア戦では試合終了間際のロスタイムに劇的な先制ゴールを決め、グループステージ敗退の危機からグループリーグ1位突破に導き、実況アナウンサーは「アメリカンヒーロー」と叫んだ。その後は決勝トーナメント1回戦のガーナ戦でも同点のPKを決め大会通算3得点目を挙げたが、チームは延長戦の末に敗北した。

アメリカ代表として長年主力として活躍し発表前の合宿にも招集されていたが2014年ブラジルW杯ではユルゲン・クリンスマン監督により本大会メンバーから落選した。その後不満のコメントを公表した。



総合評価
攻撃力【5】
守備力【6】
センス【8】
posted by よしき at 17:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: