2017年10月08日

ガリー・ケーヒル(Gary James Cahill)〜ボルトンでブレイク〜チェルシーの新キャプテン

images.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はガリー・ケーヒル選手です。

イングランド・ドロンフィールド出身のサッカー選手。ポジションはDF。チェルシーFC所属。「ギャリー・ケイヒル」などの表記もある。

アストン・ヴィラ
地元のAFCドロンフィードに所属していたが、15歳の時にアストン・ヴィラFCのアカデミーにスカウトされる。2004年からはバーンリーFCにローン移籍し、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。
アストン・ヴィラに戻り、マンチェスター・ユナイテッドFC戦でファーストチームデビュー。プレミアリーグ初ゴールは同じバーミンガムを本拠地とするバーミンガム・シティFC戦で、オーバーヘッドによる得点であった。アストン・ヴィラはこの試合に3-1で勝利した。 2007年9月、シェフィールド・ユナイテッドFCに3か月ローン移籍した。

ボルトン・ワンダラーズ
2008年、ボルトン・ワンダラーズFCに3年半の契約で移籍。レディングFC戦でデビュー。その後の活躍によりボルトンで一躍人気選手となり、サポーターによって「ベスト・ニューカマー」に選ばれた。

チェルシー
2012年1月にチェルシーFCに完全移籍。背番号は24番。2月5日のマンチェスター・ユナイテッドFC戦でデビューした。UEFAチャンピオンズリーグ準決勝2nd legでの負傷により同決勝での出場が危ぶまれていたが先発出場。バイエルン・ミュンヘンの猛攻を体を張ったタックルで何度も食い止めるなどチェルシーの同大会初制覇に貢献した。 2013年1月12日に妻ジェンマとの間にレオが生まれる。長女フレイアに次ぐ2人目の子供であった。

【代表】
祖父母からアイルランドの血を引いているが、イングランド代表を選択。2009年6月のカザフスタン代表との親善試合で、怪我で辞退したリオ・ファーディナンドの代役として初めてA代表に招集された。しかしその試合で出番はなく、出場したのは1年以上後の2010年9月のブルガリア戦にマイケル・ドーソンの代役として招集されたときであった(試合は4-0で勝利)。ボルトンの選手がイングランド代表として出場するのは2002年のマイケル・リケッツ以来で非常に珍しいことであった。
2011年9月2日のUEFA EURO 2012予選のブルガリア戦で代表初得点となる決勝ゴールを挙げた。




【動画】


総合評価
攻撃力【6】
守備力【8】
センス【6】
posted by よしき at 09:00| Comment(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: