2020年05月13日

クラウディオ・マルキジオ(Claudio Marchisio)〜ユーベ生え抜きの国宝ファッションスター〜

imagesK6OYSHUK.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はマルキ−ジオ選手です。

イタリア、トリノ県キエーリ生まれのサッカー選手。セリエA、ユヴェントス所属。ポジションはMF。苗字は「マルキージオ」とも表記される。

【プレースタイル】
ユヴェントスユース出身の生え抜き選手であり、アレッサンドロ・デル・ピエロに続くバンディエラとして期待されている[2]。センターハーフ、サイドハーフ、トップ下など中盤のほとんどの位置でプレーすることができるMF。ただ本人はセントラルハーフを自身の本職であるとしており[3]、また自身の持ち味がスペースへの飛び出しであると考えている。
しばしばマルコ・タルデッリと比較される。


【ユベントス一筋:下部組織出身】
1993年にユヴェントスの下部組織に入団。06-07シーズンの途中にファーストチームへ昇格するとポジションを掴み、ユヴェントスのセリエA昇格に貢献した。07-08シーズンはエンポリへ期限付き移籍し26試合に出場したが、奮闘むなしくセリエB降格となった。

08-09シーズンからはユヴェントスに復帰。当時のラニエリ監督の下でポジション争いに勝ち、ジョヴィンコやデチェッリェらと共にクラブの将来を担う選手として期待されている。また、彼らと共に2008年、北京オリンピックのイタリア五輪代表にも選出された。

2009年12月5日のインテルとのイタリアダービーでは、1-1のスコアからの58分、シッソコが放ったミドルシュートをGKのジュリオ・セザルが右腕一本で弾き、このこぼれ球をエリア内に詰めていたマルキジオが巧みなボール捌きでシュートブロックに来たサムエルをドリブルでかわし、続いて飛び込んで来たジュリオ・セザルの左肩越しへチップ気味に浮かしたシュートを決め、これが決勝点になった。
2010年3月11日、ELベスト16のホーム第一戦のフラム戦において、初めてキャプテンを任された。これはキャプテンのデルピエロがサブメンバー、副キャプテンのブッフォンとキエッリーニが共に怪我で欠場、62分にキャプテンマークを付けていたトレゼゲが交代でピッチを退いた等の条件が重なった意味合いも大きいが、これはベテランの中心選手以外で同じ若手であるキエッリーニと共にプレイやメンタリティーに於いてマルキジオがチームの中心選手へと変貌を遂げている証拠でもある。

【代表】
2009年8月12日にスイスとの親善試合にて同じユヴェントスの下部組織出身であるクリッシトと共にA代表デビューを果たした。2010 FIFAワールドカップの代表メンバーにも選出された。
2011年10月7日のUEFA EURO 2012予選のセルビア戦で代表初得点を挙げた。

【動画】



総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】
posted by よしき at 23:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: