2016年03月25日

アドリアーノ(Adriano Leite Ribeiro)〜元祖レフティモンスター〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はアドリアーノ選手です。

ブラジルリオデジャネイロ市出身で元同国代表のサッカー選手。ポジションはフォワード。ニックネームはインペラトーレ(葡: Imperador、皇帝)。アドリアーノという男性名の由来となったローマ皇帝ハドリアヌス(羅: Hadrianus、葡: Imperador Adoriano)と彼の名前をかけた物である。

【経歴】
CRフラメンゴに在籍中の2001年に同年のワールドユースなどでの活躍がスカウトの目に留まり、セリエAのインテルへ入団。

最初のシーズン開幕後、すぐにレンタルされる予定だったが、プレシーズンマッチでレアル・マドリードと対戦した際に決めたFKを見た当時のエクトル・ラウル・クーペル監督が、しばらく手許に置いておきたいと申し出、レンタル移籍は半年見送られた。その時のFKはアドリアーノ本人もベストゴールの1つに挙げている。

その後、ACFフィオレンティーナへレンタル移籍し、1年でインテルへ戻るが、今度はパルマFCへ移籍した。
パルマでは、アドリアン・ムトゥ、中田英寿と共に前線を形成し、得点を量産。その活躍が認められ、再びインテルへ移籍し、獅子奮迅のパフォーマンスを見せてエースに成長。特に、父の死を乗り越えた後の活躍は素晴らしく、ゴール後に両手で天を指すようになった。2004年南米選手権と2005年FIFAコンフェデレーションズカップでは共に得点王とMVPに選ばれるなどの大活躍で同国を優勝に導きブラジル代表におけるポジションを確固たるものとした。

2006年W杯では2得点を挙げたが、不完全燃焼に終わり評価を下げた。2006-07シーズンは長きにわたって無得点を続け、クラブから休養を命じられた上、私生活のトラブルや怪我、監督との不和もあり、優勝戦線の先頭を走るクラブのお荷物扱いされた。翌年も2月に脹脛を負傷、3月にはディスコでの乱闘が報じられるなどする中、放出の噂が絶えなかった。本人は当時の不調や生活の乱れを、父の死や恋人との破局から酒に溺れたためとしている。
images.jpg
クラブはオフに新たなFWを補強、またUEFAチャンピオンズリーグの登録メンバー(25人)から外されるなど厳しい状況で2007-08シーズンを迎えたが、10月のレッジーナ戦で交代を命じられ不満を露にすると、その後の練習を無断欠席して物議を醸した。表向きはことあるごとに擁護してきたマンチーニ監督からも移籍を薦められるなど四面楚歌の中、11月に鬱病治療のためブラジルに帰国したが、翌月サンパウロFCへの半年間の期限付移籍が発表された。なお、イタリアでは2006年、2007年と2年連続で年間最悪選手「金のバケツ賞」を受賞、2008年にも3位にランクされた。
2008年1月から母国でプレー。相手DFへの頭突きによる出場停止処分や、規律を乱す行動から40%の減俸となるなどトラブルも続いたが、28試合で17得点をあげるなど概ね好調を保ち、夏にインテルに復帰した。当初は新監督モウリーニョのもと活躍を見せて復調を印象付けたが、11月以降は遅刻や夜遊びといった規律違反から再びスタメンを外れがちとなり、12月中旬に負傷者リスト入りしてそのまま帰国。CRフラメンゴへの移籍が決定寸前と報じられたが実現せず、2009年が明けるとチームに合流、リーグ戦やカップ戦で得点を記録するなど活躍を見せた。しかし4月には代表戦でブラジル入りしたままイタリアに戻らず、一時失踪して消息を絶ち、誘拐説や死亡説まで流れる騒動となった。間もなく姿を現し会見、このままブラジルに残り、サッカー選手としての活動をしばらく中断することを表明した。サッカーをする喜びを失ったこと、イタリアでの生活が辛かったことを理由に挙げている。
1images.jpg
騒動後はインテルとの契約を解除して無所属となっていたが、5月に自身が初めてプロ契約をしたブラジルのCRフラメンゴに入団。母国ではやはり好調で、47試合に出場して35得点を記録し、チームの17年ぶりのブラジル全国選手権制覇に貢献、再び欧州復帰が取りざたされていたところ、2010年6月9日にASローマへの移籍が発表された。しかし2010-11シーズンは怪我や減量の失敗などに見舞われ出場もままならず、2010年末には3年ぶり3度目となる「金のバケツ賞」に選出された。2011年2月には肩の負傷でブラジルに戻ると、現地での飲酒や運転免許剥奪が報じられたあげくイタリア帰国を無断で延期するなどまたしてもトラブル続きで、3月8日にローマから契約解消が発表された。

2011年3月28日にカンピオナート・ブラジレイロのコリンチャンスとの契約が発表された[1]。しかし4月19日には練習中にアキレス腱を断裂、10月に復帰したがシーズン4試合の出場にとどまった。12月に1年間の契約延長が決まり、コーチと共に減量に取り組んでいたが、練習態度などを問題視され、2012年3月13日にコリンチャンスから契約解除を発表された。
images33VGBC3S.jpg
2012年8月22日にCRフラメンゴに復帰したが、11月6日に契約を解除された。翌2013年3月にはSCインテルナシオナルとの入団に近づいたが、メディカルチェックで不合格となり契約に至らなかった。
2014年2月11日、アトレチコ・パラナエンセと契約したが、監督とのトラブルや練習の無断欠席、試合翌日にナイトクラブに姿を見せるといった規律違反を犯し、2ヶ月で契約解除に至った。
2014年12月26日、リーグ・ドゥのル・アーヴルACに加入した[5]。だが契約寸前まで行っていたが、ル・アーヴルAC側の問題により破談となった。
2016年1月29日、NPSL(アメリカ4部)のマイアミ・ユナイテッドFCと契約を結んだと発表された。

※ザッケローニが最高のFWに挙げたアドリアーノの現在が悲惨だった
→ピッチ外でのトラブルが尽きず、それが原因でクラブから契約を解除されることもあった。私生活ではトラブルが続き、アルコール依存症に苦しめられた。

【レフティモンスター】



総合評価
攻撃力【8】
守備力【4】
センス【8】


posted by よしき at 07:00| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。