2016年03月23日

ポール・ポグバ(Paul Labile Pogba)〜ユベントスの新帝王〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はポール・ポグバ選手です。

【経歴】
マンチェスター・ユナイテッドFC 2011-2012
ユヴェントスFC 2012-

フランス・セーヌ=エ=マルヌ県出身のサッカー選手。セリエAのユヴェントスFCに所属する。ポジションはMF。ギニア代表のフロランタン・ポグバとマティアス・ポグバは双子の兄である。

ギニア系の両親をルーツに持つ。2009年にマンチェスター・ユナイテッドFCの下部組織に入団し、2011年にトップチームに昇格した。9月19日、フットボールリーグカップのリーズ・ユナイテッドAFC戦でプロデビューを果たした。2012年1月31日のストーク・シティFC戦でプレミアリーグデビュー。

2012年8月3日、出場機会を求めてフリートランスファーでユヴェントスFCへ移籍。10月20日のSSCナポリ戦で移籍後初ゴールならびにプロ初ゴールを決めた。2012-13シーズンは27試合に出場し5ゴールを決めてユヴェントスの連覇に貢献し、一躍トップクラスの選手へと躍り出た。
2013-14シーズンはシーズン開幕直後のクラウディオ・マルキジオの負傷によってスタメンを確保。マルキジオの復帰後もレギュラーとして活躍し35試合に出場して7ゴールを挙げるなどチームの三連覇に貢献した。
2015-16シーズンから背番号を6から『10』に変更することを、クラブ公式Twitter上で発表した[1]。『10』番はミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、カルロス・テベスといった名選手が着用していた番号である。
imagesO1FQYVQW.jpg
【代表】
フランス代表として、UEFA U-17欧州選手権2010に出場した。
2013年3月22日に行われた2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のグルジア代表との試合でラファエル・ヴァラーヌと共にA代表デビューを果たし、先発フル出場した。
2013 FIFA U-20ワールドカップでは主将を務め、優勝に貢献。大会最優秀選手にも選ばれた。

【特徴・プレースタイル】
プレースタイルはCMFとDMFを得意としており、188cmという恵まれた体系とアフリカ系特有の身体能力、確かなテクニックを兼ね備えた”ヴィエラ二世”ともいわれるフランスの超逸材。
足元の技術も非常に高く、とてもやわらかいタッチをします。さらに長い手足を生かしたあのボールキープは圧巻です。相手と競り合いになると長い足を上手く使ってすぐにマイボールにしてしまう。更にMFとは思えないパワフルなシュートも持ち味で、ナポリ戦で決めたミドルシュートはおそらくユベンティーノたちの間で語り継がれる。

【動画〜最大の武器は強烈なミドルシュート〜】

総合評価
攻撃力【8】
守備力【4】
センス【8】


posted by よしき at 07:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。