2016年11月26日

ニコラス・ガイタン(Osvaldo Nicolás Fabián Gaitán)〜ベンフィカのピカソ〜※FIFA20 使用感

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はニコラス・ガイタン選手です。

ベンフィカの天才!

アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身のサッカー選手。SLベンフィカ所属。アルゼンチン代表である。ポジションはMF。

ボカ・ジュニアーズ
ボカ・ジュニアーズの下部組織出身であり、2008年6月1日のアルセナルFC戦(3-1)でトップチームデビューした。8月31日のCAウラカン戦(アウェー、3-0)ではプロ初得点を含む2得点を挙げた。9月23日、コパ・スダメリカーナのLDUキト戦では国際大会で初となる得点を挙げた。LDUキト戦の2日後のニューウェルズ・オールドボーイズ戦(4-2)では再びスコアボードに名前を刻んだ。10月26日のロサリオ・セントラル戦ではロスタイムに決勝点を挙げてチームを勝利に導いた。2009-10シーズンはフォワードなど本職でないポジションにも挑戦し、9節のCAティグレ戦では2得点、11節のCAチャカリタ・ジュニアーズでは1得点、15節のヒムナシア・ラ・プラタ戦(4-0)でも1得点を挙げた。
imagesR3L7TKZV.jpg
SLベンフィカ
2010年5月3日、ポルトガルのSLベンフィカへの移籍が確実となった。6月3日に入団記者会見が行われ、かつてシモン・サブローザやアンヘル・ディ・マリアが背負った背番号20を受け取った。SLベンフィカはディ・マリアをレアル・マドリードに放出しており、その代役を探していた。移籍金は840万ユーロであり、オスカル・カルドソを獲得した際の1160万ユーロに次いでSLベンフィカ史上2番目に高額な移籍金であった。SLベンフィカでは左翼を任され、アカデミカ・コインブラ戦(2-1)でデビューを果たした。ナヴァル戦(4-0)で移籍後初得点を含む2得点を記録した。2010-11シーズンは26試合に出場して7得点し、ジョルジェ・ジェズス監督のチームで軸となる選手のひとりであった。2011年6月30日、同シーズンの最優秀若手選手賞を受賞した。

代表
2009年9月30日、ガーナとの親善試合(2-0)に途中出場してアルゼンチン代表デビューした。2010年1月26日のコスタリカ戦(3-2)で初めて先発出場した。2014年10月14日の香港との親善試合で代表初得点を含む2ゴールを挙げた。

【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【4】
センス【8】
posted by よしき at 00:00| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: