2017年02月05日

グレン・ジョンソン(Glen McLeod Johnson)〜ダーツの腕前も随一〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はグレン・ジョンソン選手です。

ブレンダン・ロジャーズは『世界最高SBの一人』と激賞している。左右どちらのサイドでも高い攻撃意欲を見せ、力強い攻撃参加でチームに推進力を加える。 サイドから内に切り込んで放つシュートも得意としている。右利きだが、左足でも強烈なシュートが撃てる。
ダーツの腕前もチーム随一。

【クラブ】
数々の名選手を輩出したウェストハム・アカデミー出身の選手である。ウェストハム・ユナイテッドFCやミルウォールFCで活躍し、満を持して2003年にチェルシーFCに移籍した。「レギュラーは確実」「ガリー・ネヴィルを超える」などと言われ注目を集めたが、安定感がなくクロス精度もイマイチと評価を大きく落とした。結局はパウロ・フェレイラにレギュラーを奪われ、チームでも居場所を無くしていった。




2006年のワールドカップメンバーからも落選し、チェルシーを失意のまま去ることとなった。

2006年8月5日、ポーツマスFCへのレンタル移籍が発表される。さらに2007年8月31日には同チームへの完全移籍が決定した。 ポーツマスでは、FWタイプのジョン・ウタカやベンジャニ・ムワルワリ、中央でのプレーが得意なアンドレス・ダレッサンドロやローレン・エタメ・マイヤーが自身の前(右サイドハーフ)を務めることが多く、ジョンソンが相手陣内深くまで攻撃参加する機会が多いこともあり、持ち味の攻撃力を存分に発揮するようになる。また、イングランド代表にも復帰する。

【悪童】
2007年1月17日、ケント州の日曜大工店B&Qで、ミルウォール所属のFWベン・メイとともに便座と蛇口を万引きし逮捕された。それぞれに80ポンド(約1万9000円)の罰金が科された。

2008年11月22日、ハル・シティ戦において、TV番組Match of the dayの年間最優秀ゴールに選ばれた素晴らしいゴールを決める。 左サイドからのクロスボールが相手DFにクリアされ、ワンバウンドした後、胸トラップからそのままボレーで放たれたシュートは、ゴール前の密集を飛び越え、ゴール左上に突き刺さる。強烈なドライブ回転により急激に落ちるこのシュートに相手GKは見送るしかなかった。

ポーツマスでは才能を遺憾なく発揮し、FAカップ優勝や、UEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)出場に大きく貢献した。

2009年6月26日、ポーツマスFCからリヴァプールFCに移籍。移籍金は約1750万ポンド。 前年までレギュラーとして活躍していたアルバロ・アルベロアのレアル・マドリード移籍により、移籍後すぐにレギュラーに固定されると、期待通りの活躍を見せ、アルベロアの移籍による穴を見事に埋めた。
images758EZ4AE.jpg
2015年5月14日、 ジョンソンは2014-15シーズンが最後になるとツイッターで表明した。
2015年6月10日、リヴァプールと契約満了することを発表した。

フリー状態だったが、2015年7月12日、ストーク・シティFCに入団することを発表した。契約期間は2年間で、1年の延長オプションが付いている。

【代表】
2010年南アフリカ開催のFIFA ワールドカップイングランド代表メンバーに招集されると、グループリーグ全3試合にフル出場し、決勝トーナメントの1回戦ドイツ戦にもスタメンで出場した(87分にショーン・ライト=フィリップスと交代)。

【グレン・ジョンソンによる奇跡のパス!! 】




総合評価
攻撃力【7】
守備力【5】
センス【6】


posted by よしき at 02:00| Comment(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。