2016年11月26日

エリク・ラメラ(Erik Manuel Lamela)〜ベイルの後継者〜

222.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はエリック ラメラ選手です。

アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身のサッカー選手。プレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。アルゼンチン代表。レフティ。

CAリーベル・プレート
12歳だった2004年にはスペインのFCバルセロナが獲得に乗り出したが、CAリーベル・プレートが両親を説き伏せ引き止めた経緯がある。
2009年6月、CAティグレ戦でデビューを果たした。2010年12月4日、コロン・デ・サンタフェ戦で初ゴールを記録した。
333.png

ASローマ

2010-11シーズンにリーベル・プレートがクラブ史上初となる2部降格となったこともあり、2011年8月6日にASローマへ移籍金1200万ユーロ(最大1700万ユーロ)、5年契約で移籍することが発表された[3][4]。負傷のためデビューが遅れたが、10月23日のUSチッタ・ディ・パレルモ戦で初先発初出場を果たすと、前半7分にこの試合唯一の得点となるセリエA初ゴールを挙げた。2012-13シーズンの第32節トリノFC戦で決勝ゴールを決め、その節のベストイレブンに選出された。
11.png
トッテナム・ホットスパーFC
2013年8月28日、ローマはラメラのトッテナム・ホットスパーFC移籍を発表。移籍金は3000万ユーロ(約51億円)に加え成績に応じたボーナス500万ユーロ、背番号11をレアル・マドリードへ移籍したガレス・ベイルから受け継いだ。 加入1年目の2013-14シーズンは怪我に苦しんだものの、翌2014-15シーズンからは徐々に本領を発揮。UEFAヨーロッパリーググループC第3節アステラス・トリポリス戦では見事なラボーナでゴールを決めた。プレミアリーグ第17節のバーンリーFC戦ではペナルティエリア右手前からカットインして見事なミドルシュートを叩き込み、チームを勝利に導いた。

【代表デビュー】
2011年5月25日のパラグアイとの親善試合でアルゼンチン代表デビューを果たした。
2011 FIFA U-20ワールドカップでは背番号10をつけて出場。グループリーグのメキシコ戦で決勝点を挙げると、決勝トーナメント1回戦のエジプト戦では2本のPKを決め、アルゼンチンのベスト8進出に貢献した。
2014年9月3日のドイツとの親善試合で、アンヘル・ディ・マリアのクロスをボレーシュートで決め代表初得点を挙げた。
コパ・アメリカ2015に臨む代表メンバーに選出された。

【動画】






総合評価
攻撃力【9】
守備力【5】
センス【8】


posted by よしき at 15:00| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。