2018年07月20日

アレクサンドル・ソング(Alexandre Dimitri Song Billong)〜今はウエストハムにいます〜※動画あり

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はアレクサンドル・ソング選手です。


カメルーン・ドゥアラ出身のサッカー選手。プレミアリーグ・ウェストハム・ユナイテッドFC所属。カメルーン代表。ポジションはミッドフィールダー。

サッカーカメルーン代表、リゴベール・ソングの甥ということもあり早くから注目を集めていた。
アーセナルのアーセン・ベンゲル監督からは「将来はクラブの偉大なセンターバックになる」と評されている。
かつてソングの獲得については「アーセン・ベンゲルの最大の失敗」と言われたことがある。しかしながら2009-2010シーズンでは攻守両面において成長、主力の一員となり、プレミアでも一線級の選手となりつつある。かつては長所が非常に解り辛い選手であったソングの才能を17歳の時点で見抜いたことで、ベンゲルの手腕が改めて評価された。
日本食が好物である。
アーセナルでは背番号17を背負っていたが、これは兄弟が17人いることから。
a.jpg
クラブ
SCバスティアでプロとしてのキャリアをスタート。2005年にアーセナルFCのトライアウトを受験し、これに合格した。2007年1月からシーズン終了まで、チャールトンへレンタル移籍。07-08シーズンからはアーセナルへ戻った。
08-09シーズンは退団したマチュー・フラミニの後釜として期待されるも、序盤戦ではミスを連発。安定感を欠くプレーで経験不足を露呈した。しかしながらシーズン終盤へかけて急激にパフォーマンスが向上し、次のシーズンへの飛躍が期待されるようになった。

09-10シーズン、アーセナルが伝統の4-4-2のフォーメーションを4-3-3へ変更。その中でソングは中盤の底という重要なポジションを任されることとなった。シーズン前は懐疑的な声も多かったが、ソングは新しいシステムに見事順応。才能を開花させ不動のスタメンとなり、見事にその評価を覆している。
11-12シーズン、不動のレギュラーとして活躍。優れたボディバランスとボール奪取能力、さらには成長したパスの能力でエヴァートン戦、リヴァプール戦でのファンペルシーのビューティフルゴールを演出するなどセスクの穴を埋める活躍を見せた。




2012年8月、FCバルセロナに移籍。移籍金は1900万ポンド。契約は5年間。2013-14シーズンから背番号を25番からアーセナルで着用していた17番に変更。
2014年8月30日、出場機会を求めてウェストハム・ユナイテッドFCにレンタル移籍した。2014-15シーズン終了後に一度はFCバルセロナに復帰するも、2015年9月1日に再びウェストハム・ユナイテッドFCにレンタル移籍することを発表した。
s.jpg
代表
アフリカネイションズカップ2008ではカメルーン代表初招集ながら、初戦のエジプト戦の後半から出場し、以降スタメンに定着。チームを準優勝へ導き大会ベストイレブンに選出された。
2014 FIFAワールドカップでは対クロアチア戦で、40分にマリオ・マンジュキッチに対しわざと肘打ちしたため、レッドカードを提示され一発退場となった。チームは0-4で敗れ、グループリーグ敗退の一因となった。
2015年1月6日、代表引退を発表した。


【注目の動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【6】


posted by よしき at 12:00| Comment(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。