2016年03月27日

孫 興慜(ソン・フンミン)〜フランツ・ベッケンバウアーが絶賛〜

s.png
こんにちわ

本日紹介する選手はソン・フンミン選手です。

大韓民国出身のサッカー選手。トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード。

フランツ・ベッケンバウアーはソンについて、「彼はスーパーな選手。私は彼のプレーが本当に好きだ。速くてダイナミックで、ただゴールを決めるだけでなく、本当に美しいゴールを決める。」と称賛している。
sss.png
経歴
父親は、サッカー韓国代表としての経験もあるソン・ウンジョン(韓国語版)である。孫興民は、小学校と中学校ではサッカー部に所属せず、父から直接指導を受けるという、韓国では珍しい経歴を持つ。父ソン・ウンジョンは、韓国では主流の結果重視の指導とは異なり、試合の勝敗にはあまりこだわらず、パスやドリブルなどの基本的な動きを、集中的に身につけさせる指導を行っていた。

2008年東北高校在学中夏にKFAが主導で行っている優秀選手海外留学プログラムの第6期生として金敏爀、キム・ジョンピルと共にハンブルガーSVU-17チームに加入。中心選手としてリーグ戦15試合に出場し、9得点を挙げた。さらに、活躍が評価され、翌年の5月9日には1つ上のカテゴリーであるU-19チームでリーグ戦に途中出場した。シーズン終了後に一旦帰国し、母校である東北高校に戻った。
2009年にナイジェリアで開催されたFIFA U-17ワールドカップではチームトップの3ゴールを記録し、韓国代表のベスト8に貢献した。2010年1月、ハンブルガーSVへ正式に移籍した。なお契約期間は4年。移籍後はトップチームではなく、U-21チームのメンバーとして出場し、国内カップ戦で活躍した。このシーズンはU-19のリーグ戦で11試合に出場し6得点を挙げ、4部リーグに所属するセカンドチームでは6試合1得点の成績を残した。
sssssss.jpg
2010-2011年のプレシーズンマッチでは9ゴールを記録したが開幕前のチェルシーとの試合で左足指を骨折し手術を受け開幕を待たずにチームを離脱した。

10月30日の1.FCケルン戦にて初出場、初スタメン、初ゴールを記録した。ブンデスリーガ公式サイトにて前半戦最も良いデビューを果たした選手に選出され、 またFIFA公式サイトの10代の有望選手を挙げる読者参加型ページにおいて、選択対象となる23人の中の1人として名を連ねた。2010年12月30日のシリアとの親善試合で代表デビュー。AFCアジアカップ2011、グループリーグ第3戦のインド戦では後半から出場し、代表初得点を挙げた。
2012-2013シーズンは先発に定着し、リーグ戦33試合出場で12得点を奪うなど飛躍の年となった。特に前年王者のドルトムントからはホーム・アウェイの2試合で計4得点を奪い鮮烈な印象を残した。2013年6月13日、チェルシーFCに移籍したアンドレ・シュールレの代役として バイエル・レバークーゼンへの移籍が決定。
2014 FIFAワールドカップでは韓国代表として3試合に出場し、アルジェリア戦で得点した。大韓サッカー協会は、2014年の仁川アジア大会に孫を出場させる意向であったが、レバークーゼンは孫の出場を許可しなかった。

2015年8月28日、5年契約でイングランドの トッテナム・ホットスパーへ移籍した。移籍金は3000万ユーロ。2015年9月3日の2018 FIFAワールドカップ予選のラオス戦で代表では初となるハットトリックを達成した。

【注目の動画】





総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【6】


ラベル:10番 トットナム
posted by よしき at 19:42| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。