2016年04月23日

阿部 勇樹(あべ ゆうき)〜レッズのキャプテン。かつてはレスターに所属〜

a.png
こんにちわ

本日紹介する選手は阿部 勇樹選手です。

千葉県市川市出身のプロサッカー選手。ミッドフィールダー、ディフェンダーと、主に守備的なポジションであればどこでもこなせるユーティリティープレイヤー。元日本代表。

評論家の後藤健生は阿部について、ディフェンダーとして、所属クラブでも日本代表でも起用され結果を残している事を認めつつ、「彼はやはり本来はMF」 だという見方を示している。

2001年5月、右脛骨疲労骨折による髄内釘固定術を受け、8月復帰。本人談「ボクの右足にはチタンが入っている」。
テレビ朝日の『やべっちFC』に出演した際、「YABEっち」の「Y」を取ると「ABEっち」になるとアピール、これから「あべっちと呼んでください」と笑いを誘った。
精度の高いFKを蹴ることができることから、和製ベッカムと呼ばれたり、「アベッカム」ともじられることもあった。しかし、オシム就任後は、セットプレーでの競り合いに強さもあったことから、代わりに水野晃樹が蹴ることが多くなった。浦和移籍後もポンテが、日本代表でも中村俊輔、遠藤保仁等が蹴ることが多く、FK、CKを蹴る機会はほとんど見られなくなった。
3人兄姉の末っ子。実姉は八雲学園中学校・高等学校バスケットボール部の現職アシスタントコーチ。2009年に同校がウィンターカップに初出場を果たした際には激励に訪れ、選手一人一人のシューズにサインした。
2004年7月7日入籍。2007年7月19日、第一子となる長男が誕生。

r無題.png
レスター・シティ
2010年W杯終了後、オランダ・エールディビジのフェイエノールト、VVVフェンローから高い関心を示されており、阿部の関係者もオランダリーグへの移籍が近づいているとコメントするなどオランダ移籍が有力視されていたが、移籍期限の直前にイングランド2部・フットボールリーグ・チャンピオンシップのレスター・シティFCが3年契約での正式オファーを出し、基本合意。最大の障害だった就労ビザの問題も解決し、2010年8月31日に移籍が正式に決定した。レスターシティでの初得点は、2011年5月7日 チャンピオンシップ最終節イプスウィッチ・タウンFC戦(ウォーカーズ・スタジアム)
2012年1月22日、日本に残していた家族を最優先したいとの理由でチームと双方合意の上で契約を解除した。
s.png
浦和レッズ復帰
2012年1月24日に浦和に復帰。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督からチームキャプテンに指名された。
2012年はボランチとして全試合出場。退場となったJ1第4節川崎フロンターレ戦を除いてフル出場を果たした。チームも3位となり、AFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。なお、阿部はJリーグ優秀選手賞も受賞した。
2013年J1第33節が11月30日に行われ、J1通算400試合出場を達成した。400試合出場は史上13人目。

【注目の動画】







総合評価
攻撃力【8】
守備力【6】
センス【7】
posted by よしき at 09:38| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: