2017年10月14日

ハテム・ベン・アルファ(Hatem Ben Arfa)〜元祖天才〜ウイイレ若手の定番

images.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はハテム・ベン・アルファ選手です。

フランス出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属。フランス語での正しい発音は「アテム・ベナルファ」である。

【クラブ経歴】
パリ郊外のクラマールで生まれ、クレールフォンテーヌ国立研究所に飛び級で入学。各世代の代表を経験し、2007年にA代表にも招集されたフランスの若き天才FW。ASサンテティエンヌ、スタッド・レンヌからもオファーがあったが、オリンピック・リヨンと15歳の時にプロ契約を結んだ。当時リヨンを指揮していたのは元カメルーン代表監督のポール・ル・グエンであり、2004年8月6日のOGCニース戦でデビューを飾った。
持てる才能を持て余してきた感が強かったが[要出典]、2007-08シーズンには、これまでリヨンの主力であったフローラン・マルダの退団にともない開幕当初から左ウィングで起用されるや否や活躍を見せ、チームに不可欠な存在に成長した。しかしながら、怪我人の復帰もあり終盤にはベンチ生活を余儀なくされることが多かった。また、監督のアラン・ペランがシドニー・ゴブを好んで起用したことなどから、2008年6月、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドなど、国外のビッグクラブからのオファーもあったが、フランス国内のオリンピック・マルセイユに移籍した。2009-10シーズンから監督の座に就いたディディエ・デシャンから正当な評価が得られないと起用法を巡って対立し、移籍を志願。しかしマルセイユ移籍後のパフォーマンスが低調であったこと、性格的な問題がクローズアップされていたことなどから、マルセイユ移籍当時のようにビッグ・クラブからは声が掛からなかった。シーズン後半からは監督との関係も改善し、レギュラーに返り咲いたものの移籍の希望は変わらず、翌2010-11シーズンの開幕後にニューカッスル・ユナイテッドFCへレンタル移籍することが決まった。

移籍先のニューカッスルでは活躍を見せたが、2010年10月3日のマンチェスター・シティFC戦でナイジェル・デ・ヨングの悪質なタックルを受けて骨折し、全治6か月の離脱を余儀なくされたが、2011年1月5日、首脳陣から将来性を買われて、ニューカッスルに完全移籍することになった。2015年6月までの長期契約を結んだ。2011年9月のリーグ戦で約1年ぶりにピッチに復帰した。

2014年9月1日、ハル・シティAFCにレンタル移籍した。しかし、スティーブ・ブルースの信頼を得られず、2015年1月にレンタル元のニューカッスルとも契約を解除し、母国のOGCニースと契約したが、ハル・シティ移籍前の、ニューカッスルU-21での試合出場歴をFIFAが公式戦であると判断し、「1シーズンで1人の選手がプレーできるチームは2つまで」というルールに違反することとなり、2014-15年シーズン中の加入は認められなかった[3][4]。2015年6月10日に改めてニースと正式契約を結んだ。
2016年7月1日、パリ・サンジェルマンFCへの移籍が発表された。背番号は21番。自身の獲得を決めたローラン・ブラン監督がシーズン開幕を前に解任されてしまい、代わりに就任したウナイ・エメリ監督からは冷遇され、エースであったエディンソン・カバーニの存在もあり、出場機会は少なかった。

【天才エピソード】
ユース世代の頃に過大な評価を受けていた影響からか、自身のプレーに過剰な自信を抱いており、リヨン時代にはセバスティアン・スキラシと練習中に喧嘩騒ぎを起こし、会長のジャン=ミシェル・オラスとも確執があった。マルセイユでもUEFAチャンピオンズリーグのリヴァプールFC戦でモデスト・エムバミと喧嘩騒ぎをするなど精神面にも大きく課題を残す。しかし2010年、ディレクト・スポール紙のインタビューに対し、「マルセイユからの移籍を希望した時に自分の思うようなビッグ・クラブから声が掛からなかったことから、自分の立場を理解した」とコメントするなど、進境が見られる。イングランドでは時折天才的なプレーを見せたが、ニューカッスル所属時の終盤はリザーブチームに降格させられるなどし、「まるで地獄の日々だった」と振り返ってい。




【注目の動画】

OGCの息子との対話はニース、フランスのパリでは2016年にパリで行われたが、フランスではフランスとフランスの芸術祭が行われていたが、21世紀にはフランスの芸術の舞台となった。 。パリ・サンジェルマン・ロス・デュ・トロフィー・オブ・チャンピオンズ・コンクール・ソン・クラブ・フォーミュラ・オブ・オリンピック・リヨンズ・アンド・マーキー・ソン・プレミア、アブ・ソル・ヌーボー・クラブ・デ・デミー・アレキサンダー・レ・マッチ・クォート息子の最高司令官、クラブデラキャピタル。 PSGとPSGの間で締結されたPSGは、PSGとPSGとの間で締結されたものである。ユニ・エメリー・ルーヴァー・トゥルー・ユー・エスパス・アゼズ・デフェンシフ・デシッド・デ・パシ・ル・コルヴァー・ポー・ル・プレミア・マッチ・デ・リーグ・チャンピオンズ・アーセナル・パリス・ロス・デーは、それは、スタッドレンヌとの戦いに似ています。
総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【2】

【代表】
サミル・ナスリ、ジェレミー・メネス、カリム・ベンゼマ達と出場したU-17フランス代表では主力として欧州選手権に優勝した。両親がチュニジア出身(父のカメル・ベン・アルファは元代表選手)であるため、ドイツW杯のチュニジア代表にも招集されたが、時期尚早ということで断っている。フランス代表には2007年10月13日に行われたフェロー諸島戦でデビューし、初ゴールも挙げた。
2010年8月に行われたノルウェー代表との国際Aマッチでは新たに就任したローラン・ブラン監督に招集され久々の代表復帰となった。当時のフランス代表は2010 FIFAワールドカップ開催時の練習ボイコット問題から選手の大半が入れ替わっており、試合はフランスが浮き足立った試合運びでノルウェーに先制点を許したが、ベナルファは右ウィングとして途中出場するとペナルティエリア外から左足でミドルシュートを放ちゴールを奪った。

ニューカッスルで調子を落としていたこともあり、UEFA EURO 2012以降は代表から遠ざかっていたが、国内復帰後は好調を維持し、2015年11月の親善試合で3年ぶりに代表復帰した。


posted by よしき at 23:29| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。