2017年10月14日

サディオ・マネ(Sadio Mané)〜ゼネガルの英雄〜

ダウンロード (2).jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はSadio Mané選手です。

【経歴】
プロ入り初期[編集]
2011年にフランスのFCメスでプロデビューを果たした。2012年8月31日、オーストリア・ブンデスリーガに属するレッドブル・ザルツブルクのスポーツディレクター(当時)ラルフ・ラングニックに見出され同クラブに移籍した[1][2]。ロガー・シュミット監督(当時)の下、試合を重ねるたびにチームの攻撃の核に成長。2013-14年シーズンのスタンダール・リエージュ(2-1、3-1)やアヤックス(3-0、3-1)を破ってのUEFAヨーロッパリーグ10連勝や2014年のオーストリア・ブンデスリーガとオーストリア・カップでのダブル優勝に貢献する [3]。
サウサンプトン[編集]
2014年9月1日、イングランドのサウサンプトンFCに4年契約で移籍した[4][5]。移籍金はクラブ史上最高額(当時)となる1500万ユーロであった。9月23日、フットボールリーグカップのアーセナルFC戦でデビューを果たした[6]。2015年5月16日に行われたアストン・ヴィラFC戦で、前半13分から16分の間で3点を決め、2分56秒間でハットトリックを達成。プレミアリーグ最速ハットトリック記録を更新した[7]。
リヴァプール[編集]
サウサンプトンでの活躍から、マンチェスター・ユナイテッドなども獲得に動いたが、2016年6月アフリカ人での史上最高額となる3400万ポンドでリヴァプールFCに移籍。ユルゲン・クロップ監督は2012年よりマネに注目していたと発言した[8]2月11日のスパーズ戦で2ゴールを決め勝利に貢献。[9]。2017年4月にはシーズン13ゴールの活躍が認められて、クラブ年間最優秀選手に選出。プレミアリーグの年間ベスト11にも初選出された。[10]
ヴァーディと同様にノン・リーグのクラブからプレミアリーグ、イングランド代表にまで上り詰めたイアン・ライトは2015年10月にヴァーディはUEFA EURO 2016において、1990 FIFAワールドカップにおけるサルヴァトーレ・スキラッチのような存在になり得ると話した。ライトはバーンリー時代のチームメイトであるミッキー・メロンがフリートウッド・タウンの監督を務めていた際にヴァーディと契約を結んだ時に初めて知り、監督からは運動量が豊富でファーストタッチが上手く、前線からの守備を怠らず、型にはまらず本能でプレイする選手だと伝えられた。

プレイスタイルとしましては、絶えず走り続け、前線からのディフェンスに貢献する選手であり、スピードとパワーを備え、空中戦にも強く左右両足でゴールを狙うことができる。ガリー・ネヴィルはヴァーディについて、「チームの調子やリズムを整え、チームメイトにサボる言い訳を与えない。」と、ヴァーディがチームにどれだけ影響を与えているかということについて言及した。

【大ブレイク】





総合評価
攻撃力【9】
守備力【6】
センス【4】


posted by よしき at 23:46| Comment(0) | セネガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。