2017年10月15日

ダニーロ・カタルディ(Danilo Cataldi)〜ピルロ2世〜※動画あり※FIFA20 使用感

images.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はダニーロ・カタルディ選手です。


【華麗なる経歴】
2006年に地元・ローマのSSラツィオと契約。2013年にセリエBのFCクロトーネへレンタル移籍し、35試合4得点を記録した。

2014年にラツィオにレンタルバックで復帰。2015年1月18日のナポリ戦でセリエAデビューを果たし、翌年2016年1月24日のキエーヴォ戦でセリエA初ゴールを記録。その数日後にラツィオとの契約を2020年まで延長した。

2017年1月13日、ジェノアCFCへ出場機会を求めてレンタル移籍。

2017年7月19日、ベネヴェント・カルチョへレンタル移籍することが発表された。

★エピソード
2015年4月6日にフィアット・500でローマ市内を走行している途中に、他2台の乗用車の交通事故に巻き込まれた。幸い怪我はなかった。


ダウンロード (1).jfif

【注目の動画】





総合評価
攻撃力【5】
守備力【5】
センス【2】

ラツィオ、クロトーネローン
nell'Ottaviaを上げ、2011年にBiancocelestiの未成年者で描画した後、2006年にラツィオから購入された最初の国立学生や自分自身時に主要な外国のチームの注目を集め、イタリアの後、春の副チャンピオン、の一部です。2012-2013シーズンに彼は、カテゴリのタイトルを獲得したコーチアルバート・ボリーニ率いる春を保持しています。 6月9日の決勝では、2013年にはまた、全体の最高の選手として賞「ピエルマリオ・モロジーニ」を受賞し、ラツィオはアタランタを超えると3-0の最初の2つの目標を実現し、ファイナル。」7月9日に、2013年には、彼はその後、ヴェネトで再生されるすべての親善に参加して、アウロンツォ・ディ・カドーレの撤退に参加する最初のチームのためにチームに入った2017年まで、ラツィオとの契約を更新します。
2013年8月7日、彼はセリエBのクロトーネに貸与されている彼は3日後、イタリアカップの第2ラウンドでラティーナとの2-0で勝利を収め、プロとしてデビューした。 8月24日、セリエBで初めての試合をし、シエナに対して5-2で勝利し、アントニオ・ガラルドを69分に引き継いだ。 2014年2月8日、彼は20メートルから右側とのショットで、66」でペスカーラを超える最終3-0の勝利を獲得、プロとしての彼の最初のゴールを決めた。[10] 2014年3月15日には、レッジーナ65分に対してダービーで先制、その後、クロトーネの賛成でスコア4-1で終了しますゲーム。シーズンの終わりに、38回の出場と4回のゴールを数えた後、彼はラツィオに戻ります。
posted by よしき at 20:37| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: