2017年10月16日

ロレンツォ・クリセティグ(Lorenzo Crisetig)〜イタリア全土が注目するイケメンアタッカー〜※動画あり

ダウンロード (1).jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はロレンツォ・クリセティグ選手です。

イタリア・チヴィダーレ・デル・フリウーリ出身のサッカー選手。ボローニャFC所属。ポジションはMF。

★経歴
地元のクラブでサッカーを始め、14歳の時にインテルの下部組織と契約を結ぶ。2009年にプリマヴェーラに昇格。2010年1月にジョゼ・モウリーニョ監督から公式戦のメンバーとして招集されて以降、出場機会こそなかったもののトップチームに帯同する機会が増えた。
2011-12シーズンはトップチームでプレシーズンを過ごし、練習試合に出場する機会も得た。2011年9月27日に行われたチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦で後半アディショナルタイムから途中出場しプロデビューを飾った。

2012年1月にパルマFCに共同保有権が譲渡されたが、インテルに残留。3月にはプリマヴェーラの一員としてNextGenシリーズで優勝。6月22日にパルマとの共同保有権が更新され、7月にスペツィア・カルチョへのレンタル移籍が決まった。

2015年7月16日、ボローニャFCへ買い取り義務付きのレンタル移籍を果たした。

【代表】
U-16からU-21まで年代別の代表を飛び級で経験している。2010年8月11日には史上最年少(17歳)でU-21イタリア代表の試合に出場した。一時期はU-21とU-19を掛け持ちする形でプレーしていた。


【青少年時代のキャリア】
Cividale del Friuliで生まれたCrisetigは、地元クラブのAudace San Leonardoとの仕事を始めました。[2]次の季節に彼はUdine市にあるDonatelloに向かいました。 14歳の時、彼はインテル・ジャパンによって署名されました。 CrisetigはGiovanissimi Nazionaliのチームの下でプレーしました2007-08 [3]そしてAllievi Nazionaliの下で17チームの2008-09シーズン。彼はイタリアのU-17チームが2009年に最も若い選手の一人として選出されました。チームは主に1992年生まれです。

2009年8月、彼はフレンドリーな試合で最初のチームのためにプレーしたすぐに彼は最初のイタリアU-21チームを獲得した。そのシーズンには、プリマベーラ20歳以下のチームに昇格した。彼はまた、ホセ・モウリーニョがフレンドリーで国際的な休憩の中で選んだ。2010年1月、彼は最初の競争力のあるコールアップを受けたが、プレーしなかった。モウリーニョも試合後に数回コールをした2010年5月、彼はAllievi Nazionaliチームにも戻り、準々決勝に進んだ。[14]彼はまた、5月19日、インターナショナルU19(1990年生まれのプリマベラの選手が演技しなかった)とのバイエルンミュンヘンU19に対する実験的UEFA U18チャレンジを獲得した

次のシーズンには、2010年のUEFAスーパーカップでクラブ青少年のプロダクト(リストB)の1つに選ばれました(ただし、コールアップは受け付けていません)。8月11日に、彼はイタリアのU-21デビューを当時の最年少選手とした。ラファエル・ベニテス監督率いる彼はまた、最初のチームに電話をかけた。ベニテスの後継者、レオナルドもクリスティーグを選んだが、デビューに失敗した。 CrisetigはPrimaveraと2011 Torneo di Viareggioを獲得した


【注目の動画】






総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】


ジャンプアップ^ 2012年8月14日にトルコU21の2013年版が廃止されたので、2012年から13年シーズンのトルコの20歳未満のサッカーチーム(1992年と1993年のチーム)は直ちにU21チームとなり、試合の年齢制限が生まれました1992年には両サイドで行われたが、イタリアはU20試合であると考えたが、トルコはU21試合と見なした。
posted by よしき at 19:55| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: