2018年07月09日

杉岡大暉(Daiki Sugioka)〜ポリバレントな天才老顔レフティ〜※動画あり

こんにちわ

本日紹介する選手は杉岡大暉選手です。
images.jpg

東京都足立区出身。湘南ベルマーレ所属。ポジションはディフェンダーです。

対人能力の高さに果敢に前へ向かう姿勢など攻守に武器を備える。

湘南では左ウイングバック、CBの一角、さらにボランチでも起用されるなどポリバレントが光る。サイドバックでのプレーも問題ない。

左利きという点も魅力で、強烈なミドルシュートも大きな武器。
タッチラインを背にしても自然にプレーできる。湘南では主力であり、実戦経験はすでに豊富。4年後に向け順調に進化していきたい。





ホーム開幕戦で群馬を相手に3-1で勝利を収めた湘南に先制点をもたらしたのは、市立船橋高からやってきた杉岡大暉だ。高校サッカー界では注目度ナンバーワンの「DF」である杉岡だが、そのゴールはセットプレーではなく、流れの中から生まれたものだった。

 10分、左サイドの高いエリアからボックス内にくさびのパスを入れる。一度は相手DFに弾かれたものの、これを自ら拾ってゴール前に侵入してなめらかなドリブルで3人を交わし、角度のないところから左足を振り抜いてサイドネットに突き刺した。
「あのエリアでこぼれてきたので、スピードに乗っていたのもあって仕掛けようと。その中でよく点を取れたと思います」

 本人も狙い通りの一発だったわけだが、本人曰く練習の時点で”予感”があったようだ。

「けっこうゴール前で練習から入り込める場面があったし、チャンスがあるというのは練習の時から感じていたので、いい形で取れて良かったです。フォーメーション的にもどんどん行って良いポジション。ドリブルは得意な部分だし、パワーを持っていたらどんどん仕掛けていこうという意識があったので、それが出せた」

 3バックの左右が積極的に前進して敵陣に入っていくのが湘南スタイルであり、こういう場面が想定できるのは分かる。ただ、実際の試合で体現するのは簡単ではない。さすが、高校ナンバーワンDFと言うべきか。湘南にとって彼の獲得は、大当たりと言って良いだろう。

 そんな彼の獲得が決まった時の、湘南・小原スカウトの言葉が忘れられない。
「うちにもついに、市船から選手が来てくれるようになったよ」

 選手権とプレミアリーグは逃したものの、インターハイを制し2016年度の注目校であった市立船橋という名門で主将を務めた選手がやってきたのだからその喜びも納得だ。しかも、FC東京、名古屋、千葉という3チームとの争奪戦を制したのである。

 市立船橋と似た3バックの形を持つことと、出場機会を得られる可能性が高いということ。獲得に成功した要因として、この2つが大きいと小原スカウトは語った。そして、期待をかけられた中で杉岡は開幕スタメンを奪取し、2試合目にしてゴールを記録したのである。

 対人守備の強さはもちろん、敵陣に入り込んだ時に見せる攻撃センスの高さは高校時代から折り紙つきであったが、こうも早く結果を示されると、やはりその将来には大きな期待が膨らんでくる。

【注目の動画】


1.jpg

総合評価
攻撃力【7】
守備力【5】
センス【6】


posted by よしき at 23:18| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。