2016年11月26日

ニコラス・ガイタン(Osvaldo Nicolás Fabián Gaitán)〜ベンフィカのピカソ〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はニコラス・ガイタン選手です。

ベンフィカの天才!

アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身のサッカー選手。SLベンフィカ所属。アルゼンチン代表である。ポジションはMF。

ボカ・ジュニアーズ
ボカ・ジュニアーズの下部組織出身であり、2008年6月1日のアルセナルFC戦(3-1)でトップチームデビューした。8月31日のCAウラカン戦(アウェー、3-0)ではプロ初得点を含む2得点を挙げた。9月23日、コパ・スダメリカーナのLDUキト戦では国際大会で初となる得点を挙げた。LDUキト戦の2日後のニューウェルズ・オールドボーイズ戦(4-2)では再びスコアボードに名前を刻んだ。10月26日のロサリオ・セントラル戦ではロスタイムに決勝点を挙げてチームを勝利に導いた。2009-10シーズンはフォワードなど本職でないポジションにも挑戦し、9節のCAティグレ戦では2得点、11節のCAチャカリタ・ジュニアーズでは1得点、15節のヒムナシア・ラ・プラタ戦(4-0)でも1得点を挙げた。
imagesR3L7TKZV.jpg
SLベンフィカ
2010年5月3日、ポルトガルのSLベンフィカへの移籍が確実となった。6月3日に入団記者会見が行われ、かつてシモン・サブローザやアンヘル・ディ・マリアが背負った背番号20を受け取った。SLベンフィカはディ・マリアをレアル・マドリードに放出しており、その代役を探していた。移籍金は840万ユーロであり、オスカル・カルドソを獲得した際の1160万ユーロに次いでSLベンフィカ史上2番目に高額な移籍金であった。SLベンフィカでは左翼を任され、アカデミカ・コインブラ戦(2-1)でデビューを果たした。ナヴァル戦(4-0)で移籍後初得点を含む2得点を記録した。2010-11シーズンは26試合に出場して7得点し、ジョルジェ・ジェズス監督のチームで軸となる選手のひとりであった。2011年6月30日、同シーズンの最優秀若手選手賞を受賞した。

代表
2009年9月30日、ガーナとの親善試合(2-0)に途中出場してアルゼンチン代表デビューした。2010年1月26日のコスタリカ戦(3-2)で初めて先発出場した。2014年10月14日の香港との親善試合で代表初得点を含む2ゴールを挙げた。

【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【4】
センス【8】


posted by よしき at 00:00| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

ディエゴ・ミリート(Diego Alberto Milito)〜決定力抜群のスタローン〜

あ無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はディエゴ・ミリート選手です。
images3.jpg
アルゼンチン・ブエノスアイレス州ベルナル出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。元サッカー選手ガブリエル・ミリートは弟。愛称の「エル・プリンシペ(王子)」は、80年代から90年代に活躍した元ウルグアイ代表で、リーベル・プレートに在籍したスター、エンツォ・フランチェスコリに容姿がそっくりであることに因んでいる。

アルゼンチンのビッグ・クラブのラシン・クラブの歴史において、最大のアイドルの1人とされている。
1979年に彼が生を受けた時、父親はディエゴ・アルマンド・マラドーナにあやかってディエゴ・アルマンドと名づけようとしたが、妻や親族に反対されたため、ディエゴ・アルベルトという名になった。
家族中がCAインデペンディエンテのサポーターだったが、弟のガブリエルに対するライバル心からラシン・クラブを応援するようになり、9歳でラシン・クラブの少年部に入団した[3]。14歳で9軍(下部組織の一番下のカテゴリー)に入団し、1998年に4軍(1軍のすぐ下のカテゴリー)でリーグ優勝したことから1軍に昇格し、1999年12月11日にトップチームデビューを果たした。2001年のアペルトゥーラでは、35年ぶりのリーグ制覇に貢献した。
images1.jpg
常にFWとして安定した結果を残し高い評価を得ながらも、優勝を狙えるクラブでプレーをしないまま30歳を迎えたが、シーズン終了後ティアゴ・モッタとともにインテルへ移籍した。 2009-10シーズンはモウリーニョ監督から絶大な信頼を受け、ほぼ全試合にスターティングメンバーとして出場。サミュエル・エトオ、ゴラン・パンデフと3トップを組み、インテルのエースストライカーとして活躍。また圧倒的な勝負強さを誇り、チェルシーやACミラン、FCバルセロナ等のビッグクラブ相手にゴールを決めた。コッパ・イタリア決勝戦のASローマ戦でも決勝ゴールを挙げたミリートは、セリエA優勝がかかった2010年5月16日のシエナ戦でも決勝点を挙げ、「間違いなくキャリアでもっとも重要なゴールだ」と語った。このシーズンはチームトップ、リーグ2位の22得点を挙げた。
無題.png
2009-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝では、バイエルン・ミュンヘンから2ゴールを挙げ、チームを優勝に導き、UEFA年間最優秀選手賞を受賞した。2011年1月、オスカル・デル・カルチョの最優秀選手賞と最優秀外国人選手賞をW受賞した。

【動画】

総合評価
攻撃力【9】
守備力【5】
センス【8】
posted by よしき at 23:00| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ホアキン・コレア(Carlos Joaquín Correa)〜憧れはベロン〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はホアキン・コレア選手です。

【基本情報】
国  籍:アルゼンチン
生年月日:1994年8月13日(20歳)
身  長:188cm
体  重:75kg
ポ ジ ション:OMF/CMF
所  属:UCサンプドリア
経  歴:CAリーベル・プレート・ユース
     ホルヘ・ソラーリ
     エストゥディアンテスU-20
     エストゥディアンテス
     UCサンプドリア
代表経歴:未招集




【特徴】
仕掛けのスピードが抜群な創造性溢れるMF。スター性も抜群だ。長身を生かした懐の深いボールキープがジダンを連想させるややクラシカルなタイプだが、スピード感に溢れ欧州にもすぐに順応出来るだろう。PSGが熱視線を送る。元アルゼンチン代表でエストゥディアンデスを南米一に導いたベロンが憧れのプレーヤーだ。

【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【3】
センス【8】
posted by よしき at 12:00| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

マヌエル・ランシニ(ランシーニ(Manuel Lanzini)〜チェルシー戦でスーパーゴール〜※動画あり

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はマヌエル・ランシニ選手です。

アルゼンチン・ブエノスアイレス州イトゥサインゴ出身のサッカー選手。ウェストハム・ユナイテッドFC所属。ポジションはミッドフィールダー。

CAリーベル・プレートのユースチームでキャリアをスタートさせ、2010年8月8日、CAティグレ戦でプロデビューを果たした。2011年、ブラジルのフルミネンセFCにレンタル移籍した。

【所属クラブ】
アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート 2010-2014
→ブラジルの旗 フルミネンセFC 2011-2012 (loan)アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ・クラブ 2014-
→イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッドFC 2015- (loan)


【注目の動画】

総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【6】
ラベル:ウエストハム
posted by よしき at 00:00| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

レオナルド・ウジョア(José Leonardo Ulloa)〜躍進レスター第3のFW〜

aa.png
こんにちわ

本日紹介する選手はレオナルド・ウジョア選手です。

アルゼンチン・リオネグロ州出身のサッカー選手。レスター・シティFC所属。ポジションはFW。185cmの長身を活かした空中戦やシュートパターンの豊富さが持ち味である。

【経歴】

2002年にプリメーラB・ナシオナル(2部)のC.A.Iからデビューした。2005年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のCAサン・ロレンソに移籍し、クラウスーラ2007でリーグ優勝を果たした。アルセナルFCとオリンポ・デ・バイア・ブランカを経て、2008年夏にスペイン・セグンダ・ディビシオン(2部)のCDカステリョンに移籍した。CDカステリョンではC.A.I時代のチームメイトであるホセ・カルロス・タバレスと再会し、2008-09シーズンにはチーム内得点王・リーグ6位となる16得点を挙げた。2009-10シーズンにも同じくらいの得点を決めたが、クラブは最下位でセグンダ・ディビシオンB(3部相当)降格が決定した。

2010年6月下旬、プリメーラ・ディビシオン(1部)のUDアルメリアと5年契約を結んだ[2]。移籍金は100万ユーロ(約1億円)。9月13日、レアル・ソシエダ戦ではロスタイムに単独突破から同点弾を決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。10月にはコパ・デル・レイラウンド32で再びレアル・ソシエダと対戦し、残り20分で2得点して逆転勝利に貢献した。12月22日、同大会のRCDマジョルカ戦ファーストレグ(4-3)では3得点1アシストの活躍を見せた。
qqq.png
2011年1月16日のレアル・マドリード戦(1-1)では引き分けに持ち込む得点を決め、翌節のCAオサスナ戦(3-2)では2得点を決めてホーム初勝利に貢献した。しかし、2月以降は無得点に終わり、初のプリメーラ・ディビシオン(1部)挑戦となった2010-11シーズンは7得点でシーズンを終えた。クラブは最下位でセグンダ・ディビシオン降格となり、2011年夏には移籍が噂されたが残留した。2011-12シーズンは得点ランキング首位を独走し、最終的に28得点を挙げて得点王に輝いたが、クラブはシーズン中の監督交代やフロントの混乱などもあり、昇格プレーオフ出場権獲得を逃した。

【動画】


総合評価
攻撃力【8】
守備力【2】
センス【7】
posted by よしき at 22:00| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。