2016年02月10日

フアン・ロマン・リケルメ(Juan Román Riquelme)〜THE ダイナソー〜

imagesJ9T5IWJ9.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はリケルメ選手です。

フアン・ロマン・リケルメ(Juan Román Riquelme, 1978年6月24日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州、ティグレ・パルティード、ドン・トルクアト出身の元サッカー選手。アルゼンチン代表だった。現役時代のポジションは攻撃的ミッドフィールダー。
1996年にボカ・ジュニアーズからデビュー。2002年にスペインに渡り、FCバルセロナとビジャレアルCFでプレーした後、2008年には古巣ボカ・ジュニアーズに復帰した。アルゼンチン代表としては、コパ・アメリカ1999、2006 FIFAワールドカップ、北京オリンピックなどに出場した。アルゼンチン年間最優秀選手賞を4回受賞しており、2001年には南米年間最優秀選手賞を受賞した。 リケルメ自身ほぼ自分のポジションから動かず、自らの出す極めて精度の高いパスで味方選手を動かすという現在のサッカー界ではほとんど絶滅してしまったプレースタイルの持ち主であり、その古めかしさからしばしば「恐竜」というあだ名で呼ばれている。




【人物】
1男2女の父親である。憧れの選手はディエゴ・マラドーナとジネディーヌ・ジダンであり、パブロ・アイマールと仲が良い。ラテン音楽であるクンビアを愛聴している。
ゴール後にはトッポ・ジージョポーズ(耳に手を当てる動作)のゴールパフォーマンスをする。このポーズの由来には「娘が好きだから」という説と「ファンの声が聞こえるか」という説がある[87]。ボカ在籍時にはマウリシオ・マクリ会長と対立しており、後者の説はファンは自分の味方であるとして会長を挑発しているというものである。
【動画】



総合評価
攻撃力【9】
守備力【5】
センス【8】


posted by よしき at 10:00| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。