2017年10月21日

バカリ・コネ(Bakari Koné)〜アフリカの小巨人〜

無題.png
こんにちは

本日の紹介選手はバカリ・コネ選手です。


コートジボワール出身、同国代表のサッカー選手。アラビアン・ガルフ・リーグ・アジュマーン・クラブ所属。ポジションはFW。実弟にサッカー選手のアルナ・コネ、カラモコ・コネがいる。


1994年に当時のコートジボワールのアビジャンでスカウトを受け、ASECミモザのユースチームに入団。5年間を過ごし、1999年にトップチームデビューを飾る。2002年からはカタールのアル・イテハド(当時。現在の名称はアル・ガラファ)に移籍し、レギュラーとして1シーズンプレー。その後、2003-04シーズンからはフランスリーグ・ドゥのロリアンに移籍。これ以降は活躍の場をヨーロッパに移すこととなる。

ロリアンでは1シーズン目からレギュラーを獲得しいきなり10得点を挙げると、2シーズン目となった2004-05シーズンは25試合に出場し24ゴールを挙げる大活躍で、リーグ・アン昇格に大きく貢献。バカリ自身もリーグ・ドゥ得点王、リーグ・ドゥ最優秀選手を獲得する。この活躍からリール、ストラスブール、オセールなどから注目され、結局2005-06シーズンからはニースへ移籍。シーズン開幕戦のトロワ戦でいきなりリーグ・アンデビューを飾ると、移籍2試合目のトゥールーズ戦でリーグ・アン初ゴールを記録。レギュラーを勝ち取り、2007-08シーズンにはリーグ・アン移籍後初めての2ケタ得点で、リーグ6位の14ゴールを挙げる。リーグ・アンでも成功を収めたことから、攻撃陣強化を望む強豪・オリンピック・マルセイユが獲得に乗り出し、移籍金1000万ユーロで移籍。マルセイユでの最初のシーズンとなった2008-09シーズンもレギュラーを獲得。リーグ・アンに加えてチャンピオンズリーグやUEFAカップにも初出場ながら全試合に出場し、チャンピオンズリーグ・グループステージのPSV戦ではチャンピオンズリーグ初ゴールを決めた。これらの活躍や後述の代表での活躍もあり、2009年3月にヤヤ・トゥーレやディディエ・ドログバを抑えてコートジボワール年間最優秀選手を受賞した。
images.jpg
代表では、2004年9月5日のワールドカップ予選・スーダン戦でコートジボワール代表デビューし、代表初ゴールも記録。以降は代表に定着し、2005年12月12日のルーマニアとの親善試合では弟・アルナとの兄弟アベックゴールも記録。アフリカネイションズカップ2006のメンバーにも選ばれると、準決勝のカメルーン戦では貴重な同点ゴールを挙げると、チームはPK戦の末に勝利。決勝進出に大きく貢献したが、決勝のエジプト戦では負傷してしまい、チームも準優勝に終わる。ワールドカップ・ドイツ大会のメンバーにも選ばれるが、コートジボワールはアルゼンチン、オランダ、セルビア・モンテネグロと同組の「死の組」に入ってしまう。しかしバカリは3試合すべてに出場し、オランダ戦ではミドルシュートを決めワールドカップ初得点を記録するなどコートジボワールの善戦に貢献した。続くアフリカネイションズカップ2008でもチームの中心として4試合に出場するが、5-1と大勝したギニア戦での1ゴールに終わり、チームも4位に終わる。

総合評価
【6】
【6】
【5】


posted by よしき at 00:00| Comment(0) | コートジボワール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

ヤヤ・トゥーレ(Gnégnéri Yaya Touré)〜アフリカの化け物〜

ああああああimages33Z2D15O.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はヤヤ・トゥーレ選手です。

コートジボワール出身のサッカー選手。マンチェスター・シティFC所属。コートジボワール代表である。ポジションはミッドフィールダー。

1996年、長年の師であるパトリック・ファン・ライエンダム氏の推薦でASECミモザのユースアカデミーに入団した。2000年にトップチームデビューし、2001年にベルギー・ジュピラーリーグのKSKベベレンに移籍して2シーズン半を過ごした。その後はウクライナのメタルルグ・ドネツクで1シーズン半プレーし、2005年にギリシャ・スーパーリーグのオリンピアコスFCに移籍した。オリンピアコスFCと契約する前には兄のコロが在籍するイングランドのアーセナルFCのトライアルを受けていたが、労働許可証の問題からアーセナルFC加入は実現しなかった。2006 FIFAワールドカップ・アフリカ予選には兄コロとともに出場し、カメルーンを抑えて本大会出場権を獲得した。本大会出場メンバーにも選出されて十分な存在感を見せつけたが、「死の組」と言われたC組に入った事もあってグループリーグ突破はならなかった。

2010年7月2日、移籍金約2,400万ポンドでイングランドのマンチェスター・シティFCと5年契約を結んだ。週給は22万ポンドに設定され、アフリカ出身の選手としてはプレミアリーグ最高年俸となった。なお、マンチェスター・シティには2009年より兄のコロも在籍している。バルセロナで着けていた背番号24はパトリック・ヴィエラが既に着けていたため、24を反対にした背番号42を割り当てられた。7月28日、メキシコのクラブ・アメリカとのプレシーズンマッチでデビューし、1-1(PK4-1)で勝利した。8月7日のバレンシアCF戦でホームの観客に顔を見せ、その試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。8月14日にホワイト・ハート・レーンで行われたトッテナム・ホットスパーFC戦(0-0)でリーグ戦デビューし、1週間後のリヴァプールFC戦(3-0)ではギャレス・バリー、ナイジェル・デ・ヨングとともに中盤を形成し、好印象を与えた。9月19日のウィガン・アスレティックFC戦で70分にFWカルロス・テベスのアシストから初得点を挙げた。12月11日のウェストハム・ユナイテッドFC戦では前半に左足のミドルシュートで先制点を決め、後半にはドリブル突破からシュートを放ち、ゴールポストとロバート・グリーンに当たってゴールネットを揺らした。2011年1月15日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦ではFWエディン・ジェコのアシストから得点し、4-3で競り勝った。4月16日のマンチェスター・ユナイテッドFCとのFAカップ準決勝では両チーム唯一の得点となる決勝点を挙げ、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。ストーク・シティFCとの決勝でも同じく1-0での決勝ゴールを挙げ、マンチェスター・シティの35年ぶりのタイトル獲得に貢献した。このシーズンはロベルト・マンチーニの下でトップ下として起用され、バルサ時代より攻撃的なプレーが多くなった。チームではカルロス・テベスに次ぐ合計10得点を記録。リーグ戦では35試合に先発出場し8得点を決め、シティの初のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。




2011年12月22日にはシティでの活躍が評価され、アフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。 2012年12月21日にはシティを44年ぶりのリーグ優勝に導いたことや、アフリカネイションズカップでコートジボワール代表を準優勝に導いたことが評価され、2年連続のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。2014年6月、アメリカの経済誌フォーブスは世界のアスリートの年収を公表した。ヤヤ・トゥーレの年収は2170万ドル(約22億円)であり、世界のアスリートの中で59位。アフリカ出身のアスリートとしては1位であり、サッカー選手の中では9位である。
13-14シーズンはキャリアハイを大きく上回るパフォーマンスを披露し、プレミアリーグとカップ戦2冠に大きく貢献した。得点数はチーム最多でリーグ全体でも3位となる20ゴールを記録。これはMFとしては稀に見る記録である。
夏には自分の誕生日を祝ってもらえなかったとして移籍を志願。しかし、これは年俸つり上げのためだったという見方も多く、結局残留した。
2015年1月9日、アフリカ年間最優秀選手を4年連続で受賞した。これは、サミュエル・エトオ(カメルーン)と並んで歴代トップタイとなっている。
【動画】

総合評価
攻撃力【8】
守備力【8】
センス【8】


posted by よしき at 13:00| Comment(0) | コートジボワール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

セルジュ・オーリエ(Serge Aurier)〜日本戦においては2アシストを記録しチームを勝利へ導く〜

a.png
こんにちわ

本日紹介する選手はセルジュ・オーリエ選手です。

コートジボワール・オーラガヒオ出身のサッカー選手。ポジションはDF。リーグ・アンのパリ・サンジェルマンFCに所属。

クラブ
フランスのRCランスでキャリアをスタートさせ、2009年1月13日、クープ・ドゥ・ラ・リーグのFCロリアン戦でプロデビューを果たした。2012年、トゥールーズFCに移籍した。1月28日、SMカーン戦で移籍後初出場した。

2014年7月23日、パリ・サンジェルマンFCにレンタル移籍した。2015年4月29日、パリ・サンジェルマンFCに完全移籍したと発表された。
2016年2月、自身のFacebookにてファンからの質問に答えている際に、ローラン・ブラン監督に対して「ブランはホモ野郎さ」と発言し、チームメイトのアンヘル・ディ・マリアに対しては「操り人形だ」と侮辱した。これがパリ・サンジェルマンFCから問題視され、2月16日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦チェルシーFC戦のメンバーから外される事が発表された。さらに、その後に18万ユーロ(約2280万円)の罰金と無期限試合出場停止処分を科された事が発表された。
aaaa.jpg
代表
コートジボワール代表として2013年6月8日、ガンビア代表戦でA代表デビューを果たした。
2014 FIFAワールドカップに臨むコートジボワール代表に選出され、右SBとしてグループステージ3戦全てに先発出場する。日本戦においては2アシストを記録しチームを勝利へ導くが、コロンビア、ギリシャには敗れ、チームはグループステージ敗退となった。

【注目の動画】


総合評価
攻撃力【8】
守備力【5】
センス【7】
posted by よしき at 19:30| Comment(0) | コートジボワール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

ディディエ・ドログバ(Didier Yves Drogba Tébily)〜〜

imagesJSIVODCR.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はディディエ・ドログバ選手です。

コートジボワール・アビジャン出身のサッカー選手。メジャーリーグサッカー・モントリオール・インパクト所属。元コートジボワール代表。ポジションはフォワード。愛称はティト。
2度のアフリカ年間最優秀選手、2度のプレミアリーグ得点王など数々の栄誉を手にしたストライカー。コートジボワール代表の元主将であり、最多得点記録の保持者でもある。

裕福な銀行員の家庭に生まれる。将来は医者か何かに、と父親がエリート教育を望んだため、5歳で生まれ故郷のコートジボワールを離れフランスへ。サッカー選手であった叔父の元で育てられた影響で、学問だけでなくサッカーでも頭角を現す。18歳までパリ郊外の地元チームに所属、19歳でル・マンUCとプロ契約し選手生活が始まる。 しかし黒人であることから、チームメイトから「なんで黒人がフットボールなんてやってんだ?」と差別が根強かったサッカー文化に絶望した事もあるという。
ル・マンでは怪我もあり満足な活躍ができず、2001-02シーズン途中からギャンガンに移籍、2002-03シーズンに17得点を挙げると注目され、マルセイユに5年契約で移籍。素早い順応を見せ、リーグで18得点を挙げ、2003-04シーズンのリーグ・アン最優秀選手に選出された。UEFAカップでも獅子奮迅の活躍、準優勝の原動力になり得点王も獲得した。チャンピオンズリーグで対戦した当時FCポルトのモウリーニョ監督の目に留まり同監督とともにイングランド・プレミアリーグのチェルシーへ、同クラブ史上最高額の移籍金47億円で移籍した。




背番号を15番から11番に変更した2006-07シーズン、アンドリー・シェフチェンコの加入により出番が少なくなると思われていたが、2トップで使われる形が多くなることもありチェルシー加入3シーズン目で本領発揮、開幕から素晴らしい活躍を見せアフリカ年間最優秀選手に選ばれる。最終的に公式戦59試合出場33得点を挙げる。20得点を挙げてプレミアリーグ得点王に輝いた。
2008-09シーズンに就任したルイス・フェリペ・スコラーリ監督の下では、怪我などにより控えに回る事が多く不発に終わったが、2009年2月に就任したフース・ヒディンク監督の下では、これまでにはなかったニコラ・アネルカとの2トップを組み、2008-09UEFAチャンピオンズリーグのユヴェントス戦では第1戦、第2戦ともにゴールを決めるなど、怪我からの復調を印象付ける活躍をみせ、改めてエースとしての存在感を見せつけた。2009年5月6日にスタンフォード・ブリッジにおいて開催されたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグ、対FCバルセロナ戦において主審を務めたトム・ヘニンク・エブレベの判定に対して試合後に激しい批判を行い、後に行動が不適切であったとして謝罪した。また、以前から慕っていた元チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョを追ってインテル・ミラノに移籍するという噂がメディアの間で度々出ていたが本人がこれを否定、更にはチェルシーとの契約延長が決まった。
2009-10シーズンのアンチェロッティ監督の下では前シーズン得点王のニコラ・アネルカと2トップを組み、ゴールを量産。自身は「相手にとって最も怖いFWコンビになる」とコメントしている。2009年10月10日のマラウイ戦ではコートジボワールの2大会連続W杯出場を決める同点ゴールを挙げた。そして2010年5月9日、勝てば自力でのチェルシーの優勝が決まる最終節のウィガン戦でハットトリックを達成するなどチームを勝利に導き、リーグ通算29点を挙げ得点王も獲得した。さらにチームは総得点103点という記録を叩き出し、プレミアリーグのシーズン最多得点記録を大幅に更新している。
UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝では1点ビハインドから同点ゴールをヘディングで決め、PK戦でも最後のキッカーとして成功させチームを優勝に導いた。この試合ではUEFA選出のマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれている。
2011-12シーズンをもってチェルシー退団を発表。同クラブ初となるUEFAチャンピオンズリーグの優勝を決めたPKが、チェルシーでのラストタッチとなった。
2012年6月20日に自身のホームページで、中国スーパーリーグの上海申花に移籍する事を発表した。
しかし、給料未払いなどの問題から移籍が噂されるようになり、ユヴェントスやミラン移籍の噂が注目された。2013年1月にトルコ・スュペル・リグのガラタサライに移籍した。
2013-2014年シーズンで契約満了によりガラタサライを退団し、2014年7月25日、古巣のチェルシーに復帰することが決定した。背番号は15番を使用する事になっていたが、その後チェルシーで最も成功したシーズン時につけていた背番号である11番に変更された。2015年5月24日にチェルシー退団を発表した。
フリー状態となっていたが、2015年7月27日にMLS(メジャーリーグサッカー)のモントリオール・インパクトへの加入を発表した。
【動画】

総合評価
攻撃力【10】
守備力【6】
センス【8】
posted by よしき at 17:00| Comment(0) | コートジボワール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

サロモン・カルー(Salomon Armand Magloire Kalou)〜万能型FW・原口の相棒〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はサロモン・カルー選手です。

コートジボワール・オウメ出身のプロサッカー選手。コートジボワール代表。ブンデスリーガ、ヘルタ・ベルリン所属。ポジションはフォワード(CF、WG)。兄のボナベントゥル・カルーは元コートジボワール代表のサッカー選手である。

【帰化騒動】
カルーはコートジボワールの出身だが、オランダ代表でのプレーを望んでおり、帰化の申請をしていた。A代表のマルコ・ファン・バステン監督もカルーを絶賛し、「カルーはオランダ代表としてプレーするべきだ」と発言していて何度もカルーのプレイを視察に来ていた。カルー自身もコートジボワール代表のオファーを断り続け(A代表の出場歴がある選手は他の国のA代表としては出場できない。ただし、年齢制限のある代表しか出場歴がない場合は、他のA代表としての出場は可能)あとは移民局からの判断を待つだけとなる。

しかし移民に寛容な政策をとってきたオランダだが、EU統合後は移民に対して厳しい処置を取るようになってきていた。そんな中で、サッカーにはあまり興味のない女性大臣のリタ・フェルドンクが、カルーの帰化を簡単に認めなかった。通常なら帰化には最低でも5年の月日が必要だが、カルーは2年しかオランダでのプレイ経験しかない。ファン・バステン監督も公式に反論し「申請が通れば、必ず代表に招集する」とまで言い、一時は再検討となったが、結局帰化は認められず、2006 FIFAワールドカップの出場はならなかった。

プロ入り前
元フランス代表のジャン=マルク・ギユーがコートジボワールに設立したアカデミーの出身。

フェイエノールト
コートジボワール代表でもある兄のボナベントゥル・カルーの勧めでASECミモザから2003年に当時兄の所属していたフェイエノールトに移籍するが、結局兄とは入れ替わる形での入団となってしまう。フェイエノールトではディルク・カイトとエールディヴィジ屈指の2トップを形成した。その後すぐにフェイエノールトと提携関係にあるエクセルシオール・ロッテルダムへのレンタル移籍を経て、2004-05シーズンにレギュラーポジションを獲得。その年は31試合に出場して20得点をたたき出し、一躍その名をオランダ中に轟かせオランダの年間若手最優秀選手に贈られるヨハン・クライフ賞を受賞。

エクセルシオール・ロッテルダム

フェイエノールトと提携関係にあるエクセルシオール・ロッテルダムへのレンタル移籍

チェルシー

翌2005-06シーズンも34試合に出場し15得点と安定した活躍を見せる。2006-07シーズンはチェルシーFCに移籍。移籍1年目のシーズンでリーグ戦27試合出場6得点を記録した。
2008-09シーズンのアフリカ年間若手最優秀選手賞に選ばれた。(年間最優秀選手賞はトーゴのエマニュエル・アデバヨール)
2010年は出場機会数こそは減るものの、4月25日のストーク・シティFC戦でチェルシーでは自身初となるハットトリックを達成するなど能力の高さを証明している。

LOSCリール・メトロポール
2011-12シーズン終了後、チェルシーを退団、その後LOSCリール・メトロポールに4年契約で移籍した。

ヘルタ・ベルリン
2014年8月31日、ドイツ・ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンと2017年6月までの3年契約を結んだと発表した。

【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【4】
センス【6】
posted by よしき at 22:43| Comment(0) | コートジボワール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。