2017年10月21日

パウリーニョ(Paulinho)〜評価急上昇中!本人はランパードを目標にしている〜※動画あり

images7YRQTIYT.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はパウリーニョ(Paulinho)選手です。

ブラジル・サンパウロ州サンパウロ出身のサッカー選手。中国サッカー・スーパーリーグ・広州恒大所属。ブラジル代表。ポジションはミッドフィールダー。




主に守備的ミッドフィルダーとしてプレーし、フィジカルと決定力を兼ね備えている。決定的なスルーパスの出し手としても、パスを受けてのゴールゲッターとしての能力も高い。多くのポジションをこなす事が出来るオールラウンダーで、トッテナムの元指揮官アンドレ・ビラス・ボアスはパウリーニョに、同じプレミアリーグのチェルシーで活躍したフランク・ランパードを感じると評価しており、本人もランパードを目標にしていると語っている。

2004年からポルトゲーザ・デスポルトスのユースチームに所属し、2006年にリトアニアのFCヴィリニュスでプロデビューを果たした。2007年にポーランドのŁKSウッチに移籍した。2008年にブラジルのアウダックス・サンパウロECに移籍。アウダックスではレギュラーとして2度のタイトル獲得に貢献し、2009年にCAブラガンチーノへ移籍。2010年にはコリンチャンスに移籍した。

コリンチャンスでは移籍直後からレギュラーに定着。2011年は35試合に出場し8得点を挙げ、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝に貢献。自身もボーラ・ジ・プラッタやプレミオ・クラッキ・ド・ブラジレイロンにおいてベストイレブンに選出された。2012年夏にはイタリア・セリエAのインテルから巨額のオファーがあったものの、コパ・リベルタドーレスを優先して残留し、コリンチャンスのコパ・リベルタドーレス初優勝に貢献した。2012年8月25日にはコリンチャンスが新たにパウリーニョの所有権を55%取得し、2015年まで契約を延長すると共に違約金を1500万ユーロに設定した。 その4か月後に行われた、クラブワールドカップで、当時アフリカ王者のアル・アハリ、欧州王者のチェルシーをそれぞれ倒し、世界一にも貢献した。

インテルやレアル・マドリード、ASローマが獲得に動いていたが、2013年7月6日、トッテナム・ホットスパーFCへ1700万ポンドで完全移籍した。 2013-14シーズン、リーグ戦ではフィールドプレーヤーではチーム2位となる30試合出場、チーム3位タイの6得点を挙げた。2014-15シーズンはリーグ戦15試合出場で無得点。先発出場は3試合のみと機会を減らした。

2015年6月29日、中国サッカー・スーパーリーグの広州恒大へ完全移籍した。移籍金1400万ユーロ(約19億円)の4年契約を締結し、2015シーズンは超級リーグで背番号「48」、AFCチャンピオンズリーグ2015とFIFAクラブワールドカップ2015で「8」を着用した。

2015年8月25日に行われたAFCチャンピオンズリーグ2015準々決勝 第1戦の柏レイソル戦で約35メートルの位置からFKを直接叩き込み、ワールドクラスのスーパーゴールを決めた。
【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】


posted by よしき at 00:00| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

エウケソン(Elkeson de Oliveira Cardoso)〜上海上港の点取り屋〜

images.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はエウケソン選手です。

ECヴィトーリアのアカデミー出身

トップ昇格後、2011年よりボタフォゴFRに移籍し主力として活躍。2012年夏には柏レイソルの他、FCシャフタール・ドネツク、ボローニャFC、ユヴェントスFCが獲得に乗り出したが、ボタフォゴとの移籍金交渉でいずれのクラブも合意に至らなかった。

2012年12月24日、広州恒大と年俸200万ユーロの4年契約で合意。移籍金は570万ユーロ。AFCチャンピオンズリーグ2013のグループリーグは外国人の登録制限により登録外になっていたが、2013年シーズン途中にルーカス・バリオスの退団により、AFCチャンピオンズリーグ2013には準々決勝のレフウィヤSC戦から登録されて出場となった。その後広州恒大は準決勝で柏レイソル、決勝でFCソウルを下して広州恒大のAFCチャンピオンズリーグ初優勝を果たした。またエウケソンは決勝のFCソウル戦は第1戦はヘディング、第2戦はムリキからのパスから抜け出して右足で決めて優勝に貢献した。2013年シーズンの超級リーグでは24得点を記録して得点王になった。チームは超級リーグ3連覇を達成。

2014年の超級リーグでも28得点を記録し、2年連続得点王になった。2014年の超級リーグでの個人成績により、中国サッカー協会年間最優秀選手賞を受賞した。チームは超級リーグ4連覇を達成。AFCチャンピオンズリーグ2014は準々決勝でウェスタン・シドニー・ワンダラーズに敗れて連覇を逃した。

2015年3月1日、広州恒大との契約延長を発表した。2019年2月28日までの4年間の契約となる。




2015年シーズンは得点数は昨年よりも減ったものの、チームは超級リーグ5連覇を達成し、2年ぶり2度目となるAFCチャンピオンズリーグ2015を優勝した。決勝第2戦のアル・アハリ戦では決勝ゴールを決めて優勝に貢献した。ACL2013とACL2015の決勝戦で2度の決勝ゴールを決めてみせた。

2016年1月21日、上海上港へ完全移籍することが発表された。移籍金は1700万ユーロ(約21億円)から2000万ユーロ(約25億円)、年俸は600万ユーロ(約7億円)と報道された。

2011年、アルゼンチン代表との親善試合において、国内組のみで構成されたブラジル代表に初招集された。だがその後は代表から招集されていない。

【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【5】
センス【6】
posted by よしき at 21:00| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

ケネディ(Robert Kenedy Nunes do Nascimento)〜ネイマール2世筆頭候補〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はケネディ選手です。

【プロフィール】
国籍: ブラジル
生年月日: 08.02.1996
身長: 182cm
体重: 77kg

両サイド、センターポジションなどプレーエリアの広いアタッカー。特に右サイドからの切り込みには注目だ。またサイドバックとして守備に入ることもある。
チェルシーデビューは2015年8月のプレミアリーグ、クリスタルパレス戦。
初のスタメン出場はキャピタルワンカップのウォルソル戦で、4-1の勝利に貢献している。
2015/16シーズンを控えたプレシーズンでは、フルミネンセから許可を得てバルセロナとの親善試合にも出場。そこでの活躍が認められ、ファーストチーム入りを果たした。
ブラジルU20代表及びU22代表にも選ばれている。
※公式サイトより


【動画】



総合評価
攻撃力【6】
守備力【6】
センス【7】
posted by よしき at 09:00| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

Fernando Luiz Rosa(フェルナンド・ルイス・ローザ)〜大政絢に激似!?〜

images.jpg1.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はフェルナンド・ルイス・ローザ選手です。

ブラジル・パラナ州ロンドリーナ出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・マンチェスター・シティFC所属。ブラジル代表。ポジションはミッドフィールダー。

【クラブ】
2002年よりアトレチコ・パラナエンセでキャリアをスタートさせた。2004年にはワシントンなどと共に活躍した。
2005年、ウクライナのFCシャフタール・ドネツクに5年契約で移籍した。7月30日、FCクリヴバス・クリヴィー・リフ(英語版)戦でウクライナ・プレミア・リーグデビューを果たした。シーズンの終わりまでに23試合に出場しリーグタイトル獲得に貢献した。

UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09ではFCバーゼル戦でゴールを決め、FCバルセロナ戦でも決めた。
2013年6月6日、マンチェスター・シティFCに移籍が決定。契約は4年間で、移籍金は3000万ポンド。

代表
U-20ブラジル代表として、2003年のFIFAワールドユース選手権では決勝戦で決勝ゴールを決め、チームを優勝に導いた。
A代表としては2011年にデビューを飾った。2014年3月5日の南アフリカとの親善試合で代表初得点を挙げた。
download.jpg




【フェルナンドとの違い】
フェルナンジーニョもフェルナンドも同じボランチの選手ですがフェルナンジーニョはバランサーというか、2ボランチの片方の動きに合わせて守備に回ったり攻撃しに上がっていったりする選手です。クラブでのトゥーレがほぼ攻撃専門のようになっているので基本守備に追われていますが攻撃参加時はミドルもあるしボックス内でのシュートもうまく、たまにいいパスも通すような選手で個人的にプレミアでもTOP3くらいには入るボランチだと思っています。
ポルトの試合は数回しか見たことがないんですが、フェルナンドは基本的には守備専門のような選手で3ボランチのアンカーで使えば他の2人が上がっているようなときでも1人で守備をこなしちゃうような選手です。
要は、簡単にいえばフェルナンジーニョは攻守ともにハイレベルで、フェルナンドは攻撃はフェルナンジーニョほどではないけど守備に関してはかなりのレベルみたいな感じです。




【注目の動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【6】
センス【7】
ラベル:ブラジル代表
posted by よしき at 22:01| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

ロベルト・フィルミーノ(Roberto Firmino Barbosa de Oliveira)〜若き天才〜

imagesQA71SN0B.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はロベルト・フィルミーノ選手です。

ブラジル・マセイオ出身のサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。ブラジル代表。ポジションはミッドフィールダー。

2010年12月、ブラジルのフィゲイレンセFCからTSG1899ホッフェンハイムに2015年6月までの契約で移籍した。2015年6月24日、リヴァプールFCと2020年6月までの5年契約で完全移籍した。移籍金は明かされていないが、ドイツ紙『ビルト』によると4100万ユーロ(約57億円)と報道された。
フィルミーノは昨季のホッフェンハイムで公式戦36試合に出場し10得点を決めていたが、今季のリバプールでは公式戦9試合に出場してゴールもアシストもなく、新天地では苦戦を強いられている。
今年4月に行なわれたDFBポカールの準々決勝でホッフェンハイムはドルトムントと対戦しており、その試合でフィルミーノが1得点を決めている。そのような経緯もあって、クロップ監督の印象に強く残っているのかもしれない。
【動画】





総合評価
攻撃力【8】
守備力【4】
センス【7】
posted by よしき at 06:00| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。