2020年05月12日

レアンドリーニョ(Leandrinho)〜ネイマールの後継者 筆頭株〜※FIFA20 使用感

こんにちわ
ダウンロード.jpg
本日紹介する選手は【レアンドリーニョ】選手です。

【使用感】


・全盛期のルイス・ファビアーノを彷彿とさせるプレースタイル

・足元に納める技術もあり、ポストプレーがとにかく上手い。

・成長すれば裏への抜け出し・フォルス9にも対応できる万能FW

・おすすめは4-3-3のワントップもしくは左ウィング。


【経歴】
2015-2016 ポンチ・プレッタ
2017-   ナポリ
2018-2019 アトレチコ・ミネイロ

2015年の南米U-17選手権の優勝メンバーでもあり、得点王

個人的にはプレミアリーグでのプレイが見てみたい。特にチェルシー、マンチェスターシティなど・・・

総合評価
獲得おすすめ度【9】
将来性【8】
攻撃力【8】
守備力【3】
センス【7】
ラベル:期待の若手
posted by よしき at 14:37| ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレビーニョ(Klebinho)〜ヴェルディから羽ばたけるか〜※FIFA20 使用感

こんにちわ
images.jpg
本日紹介する選手は【クレビーニョ】選手です。

【使用感】


・全盛期カフーを彷彿とさせるプレースタイル。サイドバックとしては使用感としてはモーゼスに似ているかな。

・パワフルなドリブル、積極的な仕掛けが持ち味

・フッキのように日本での圧倒的な活躍でA代表に返り咲きを狙う。


【経歴】
2017- CRフラメンゴ
2019- 東京ヴェルディ (loan)

本名はクレーベル・アウグスト・カエターノ・レイチ・フィーリョ。長い。

身長は164cmと小柄ではあるが俊敏性は半端ない。

キャリアモード獲得初期はワンツーでのオーバーラップを多用しました。

総合評価
獲得おすすめ度【4】
将来性【5】
攻撃力【6】
守備力【7】
センス【8】
ラベル:期待の若手
posted by よしき at 14:20| ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドド(Dodô)〜マイコンの後継者候補の筆頭株〜※FIFA20 使用感

こんにちわ
ダウンロード (2).jpg
本日紹介する選手は【ドド】選手です。

マイコンの代表引退後、ブラジルにはパッとした右サイドバックが表れていない印象ですが・・・
彼ならやってくれると思います。

【使用感】


・全盛期マイコンを彷彿とさせるプレースタイル

・積極的なオーバーラップからの高速クロスが魅力的。

・時折見せる正確なコントロールショットも意外性あり。


【経歴】
2016-2017 コリチーバ
2018-   シャフタール・ドネツク
2018-2019 ヴィトーリアSC (loan)

本名はドミウソン・コルデイロ・ドス・サントス


総合評価
獲得おすすめ度【】
将来性【】
攻撃力【】
守備力【】
センス【】
ラベル:期待の若手
posted by よしき at 14:10| ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リャンコ(Lyanco)〜ルシオ2世天才肌DF〜※FIFA20 使用感

こんにちわ
ダウンロード (1).jpg
本日紹介する選手は【リャンコ】選手です。

【使用感】


・全盛期ルシオを彷彿とさせるプレースタイル

・両足のキック精度が高くエレガントなプレースタイルの持ち主

・セルビア系の血をひくだけに屈強なフィジカルも魅力


【経歴】
2015-2017 サンパウロ
2017-   トリノ
2019   ボローニャ

トリノ在籍時には、シニシャ・ミハイロヴィチ監督に気に入られ、
即座にチームに合流・トレーニングを重ねスタメンに抜擢。

総合評価
獲得おすすめ度【6】
将来性【7】
攻撃力【4】
守備力【7】
センス【6】
ラベル:期待の若手
posted by よしき at 14:03| ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

パウリーニョ(Paulinho)〜評価急上昇中!本人はランパードを目標にしている〜※動画あり※FIFA20 使用感

images7YRQTIYT.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はパウリーニョ(Paulinho)選手です。

ブラジル・サンパウロ州サンパウロ出身のサッカー選手。中国サッカー・スーパーリーグ・広州恒大所属。ブラジル代表。ポジションはミッドフィールダー。




主に守備的ミッドフィルダーとしてプレーし、フィジカルと決定力を兼ね備えている。決定的なスルーパスの出し手としても、パスを受けてのゴールゲッターとしての能力も高い。多くのポジションをこなす事が出来るオールラウンダーで、トッテナムの元指揮官アンドレ・ビラス・ボアスはパウリーニョに、同じプレミアリーグのチェルシーで活躍したフランク・ランパードを感じると評価しており、本人もランパードを目標にしていると語っている。

2004年からポルトゲーザ・デスポルトスのユースチームに所属し、2006年にリトアニアのFCヴィリニュスでプロデビューを果たした。2007年にポーランドのŁKSウッチに移籍した。2008年にブラジルのアウダックス・サンパウロECに移籍。アウダックスではレギュラーとして2度のタイトル獲得に貢献し、2009年にCAブラガンチーノへ移籍。2010年にはコリンチャンスに移籍した。

コリンチャンスでは移籍直後からレギュラーに定着。2011年は35試合に出場し8得点を挙げ、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝に貢献。自身もボーラ・ジ・プラッタやプレミオ・クラッキ・ド・ブラジレイロンにおいてベストイレブンに選出された。2012年夏にはイタリア・セリエAのインテルから巨額のオファーがあったものの、コパ・リベルタドーレスを優先して残留し、コリンチャンスのコパ・リベルタドーレス初優勝に貢献した。2012年8月25日にはコリンチャンスが新たにパウリーニョの所有権を55%取得し、2015年まで契約を延長すると共に違約金を1500万ユーロに設定した。 その4か月後に行われた、クラブワールドカップで、当時アフリカ王者のアル・アハリ、欧州王者のチェルシーをそれぞれ倒し、世界一にも貢献した。

インテルやレアル・マドリード、ASローマが獲得に動いていたが、2013年7月6日、トッテナム・ホットスパーFCへ1700万ポンドで完全移籍した。 2013-14シーズン、リーグ戦ではフィールドプレーヤーではチーム2位となる30試合出場、チーム3位タイの6得点を挙げた。2014-15シーズンはリーグ戦15試合出場で無得点。先発出場は3試合のみと機会を減らした。

2015年6月29日、中国サッカー・スーパーリーグの広州恒大へ完全移籍した。移籍金1400万ユーロ(約19億円)の4年契約を締結し、2015シーズンは超級リーグで背番号「48」、AFCチャンピオンズリーグ2015とFIFAクラブワールドカップ2015で「8」を着用した。

2015年8月25日に行われたAFCチャンピオンズリーグ2015準々決勝 第1戦の柏レイソル戦で約35メートルの位置からFKを直接叩き込み、ワールドクラスのスーパーゴールを決めた。
【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】
posted by よしき at 00:00| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする