2017年02月06日

ハビエル・エスピノサ(Javier Espinosa González)〜壮絶なカンテラ生き残り〜


こんにちわ
ダウンロード (1).jpg
本日紹介する選手はハビエル・エスピノサ選手です。

2005年からFCバルセロナのユースチームでキャリアをスタートさせ、2010年にFCバルセロナBに昇格した。2014年にビジャレアルCFに移籍した。2015年1月にUDアルメリアに、8月にはエルチェCFにレンタル移籍した。

【経歴】
スペイン FCバルセロナB 2010-2014
スペイン ビジャレアルCF 2014-2016
スペイン UDアルメリア 2015 (loan)
スペイン エルチェCF 2015-2016 (loan)
スペイン レバンテUD 2016-




【注目の動画】


総合評価
攻撃力【6】
守備力【6】
センス【7】


posted by よしき at 22:23| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボージャン・クルキッチ(Bojan Krkić Pérez)〜カタルーニャの親善大使〜

ああああimagesLQBIO5JA.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はボージャン・クルキッチ選手です。

スペイン・カタルーニャ州リェイダ県リニョーラ出身のサッカー選手。ポジションはFW。ボージャンの他にボヤンとも表記されるが、出身地のカタルーニャ地方では、ボージャンという発音が最も近い。

同名の父、ボージャン・クルキッチは1980年代にレッドスター・ベオグラードでプレーしたセルビア人の元サッカー選手で、現在はFCバルセロナのスカウトを務める。母はスペイン人(カタルーニャ人)の看護師。そのためカタルーニャ代表としてもプレーする。

幼少のころに名門バルセロナに入団し、カンテラの各カテゴリの得点記録を軒並み塗り替え、バルセロナの若手有望株と期待された。特に2006年に昇格したセカンドチームであるバルセロナBではセンターフォワードのレギュラーポジションに定着し、22試合で10ゴールとジョバニ・ドス・サントスらとともにオフェンスの中心を担う活躍をみせるなど、カンテラ通算7年間(1999年〜2006年)で900点以上をあげた。

この活躍が評価され、2007-08シーズンからはわずか16歳にしてドス・サントスと共にトップチームへの昇格し、直後のプレシーズンマッチ第2戦のハーツ戦にて得点に絡む活躍を見せている。

リーガ・エスパニョーラにデビューしたのは2007年9月16日のリーガ第3節CAオサスナ戦であり、17歳と18日という若さでのデビューとなった。また、その3日後の9月19日に行われたオリンピック・リヨン戦でUEFAチャンピオンズリーグのデビューを果たした。

そして、それから1ヵ月後の10月20日、リーガ第8節ビジャレアルCF戦で得点を挙げてクラブ最年少得点記録を更新した。この初ゴールのアシストは、それまでの記録保持者であるメッシであった。この2007-08シーズンではリーガデビューからコンスタントに試合に出場し、リーガ10ゴールを挙げるなどトップチームに定着するに至った。これは同じく17歳でデビューしたラウル・ゴンサレスの9ゴールを抜きリーガ・エスパニョーラの新人記録となった。
なお、デビュー時点では、スペインの労働法により18歳未満とはプロ契約を結べなかった為、バルセロナとプロ契約をしていなかった。このため、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、チェルシーといったイングランドのクラブがボージャンを獲得しようとしたが、本人はバルセロナを離れるつもりはないと明言し、最終的には18歳になった直後にバルセロナとプロ契約を結んだ。

2008-09シーズンから背番号を移籍したジャンルカ・ザンブロッタが付けていた11に変更した。

スペイン代表としては2008年2月のフランスの親善試合で初めて招集され、代表の最年少出場記録を塗り替えることが期待されたものの、体調を崩したため出場することはなかった。その後、2008年9月10日のワールドカップ2010予選のアルメニア戦で代表デビューを果たした。

2010-11シーズンから背番号を移籍したズラタン・イブラヒモビッチが付けていた9に変更した。2010年12月にはFCバルセロナとの契約を2015年まで延長。契約解除金はそれまでの8000万ユーロから増額され、1億ユーロに設定された。2011年3月リーガエスパニョーラ第29節ヘタフェ戦で、クラブ史上最年少でリーガ100試合出場を遂げ、「本当に素晴らしい夜だった。僕にとっても、チームにとってもこのような試合は必要だったんだ。ピッチに立てて、それもゴールを決められてうれしいよ。100試合出場だって気付いたときは、鳥肌が立ったんだ。それもバルサでの100試合出場。これまでやってきた自分の仕事を、とても誇らしく思っている。これだけ早く100試合出場を達成できたのは、サポーターのおかげだ。いつもファンから愛されていると感じてきたし、そのことが僕に戦い続ける力を与えてくれているんだ」とコメントした。

出場機会を求めて、2011年7月にルイス・エンリケ率いるASローマに1200万ユーロで移籍。なお、この移籍契約には2012-13シーズン終了後にFCバルセロナが1300万ユーロで義務的買戻しを実行する条項が含まれている。 この買戻しはASローマによって阻止することは可能だが、その場合は移籍金の総額が4000万ユーロへと増額される。10月1日、アタランタBC戦においてダニエレ・デ・ロッシからのアシストで移籍後初ゴールを記録した。

2012年ASローマからACミランにレンタル移籍。1シーズンのこのレンタル移籍に関して、ローマとバルセロナの間の前述の契約内容に影響は無い旨、レンタル発表時にFCバルセロナは公式サイトで伝えている。

2013年7月、バルセロナへ復帰し、アヤックスに1年間のレンタルで加入した。
2014年7月22日、ストーク・シティFCに4年契約で移籍した。
【動画】

総合評価
攻撃力【8】
守備力【3】
センス【8】
posted by よしき at 08:00| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ジエゴ・コスタ(ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ)(Diego da Silva Costa)〜プレミア1の嫌われ者〜

images.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はジエゴ・コスタ選手です。

ブラジル・セルジッペ州ラガルト出身のサッカー選手。イングランドプレミアリーグ・チェルシーFC所属。スペイン代表。ポジションはフォワード。

登録名はDIEGO COSTA。ヂエゴ・コスタ、ディエゴ・コスタなどと表記されることもある。名選手ディエゴ・マラドーナにちなんでの名前だとは本人の弁。

【チェルシーFC】
2014年7月1日、イングランドのチェルシーFCに移籍することで合意に達した。違約金は4000万ユーロ(約56億円)とされている15日、5年契約での移籍が完了した。
7月27日のプレシーズンマッチで初出場を果たし、同じく新加入のセスク・ファブレガスのアシストから初得点を記録。
8月18日に行われたプレミアリーグ第1節バーンリーFC戦で公式戦初得点を記録すると、その後のリーグ戦2試合でも得点を挙げ、8月のリーグ月間最優秀選手に選出された。
9月13日に行われたリーグ第4節のスウォンジー・シティAFC戦においてハットトリックを達成した[29]。

【代表】
→ブラジル代表
2013年3月にブラジル代表に招集され、同月に行われたイタリア代表とロシア代表との親善試合に出場した。
→スペイン代表
2013年10月にスペインサッカー協会はジエゴ・コスタがスペイン代表を選択したと発表した。当時のブラジル代表監督のルイス・フェリペ・スコラーリはジエゴの決断を「裏切り」と批判した。
元ブラジル代表のペレは「選ぶ権利は彼にある。スペインでチャンスを得て、そこにとどまることを選んだ。過去にブラジルで正当な評価を受けなかったと思っていたなら、正しい判断だったのでは」と擁護している。
スペイン代表として同年11月の赤道ギニア代表と南アフリカ代表との親善試合に招集されたが負傷で辞退した。
2014年3月5日のイタリア代表との親善試合で再招集され、初出場を果たした。2014年10月12日のUEFA EURO 2016予選、ルクセンブルク戦で代表初得点を挙げた。

【動画】






総合評価
攻撃力【6】
守備力【6】
センス【7】
posted by よしき at 19:00| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

パコ・アルカセル(Francisco 'Paco' Alcacer García)〜スペインの新星・THE9番タイプ〜

パコ.png
こんにちわ

本日紹介する選手はパコ・アルカセル 選手です。

スペイン・トレント出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・バレンシアCF所属。ポジションはフォワード。

バレンシアCFの下部組織であるバレンシアCF・メスタージャ出身の選手。2010年にコパ・デル・レイのUDログロニェス戦でプロデビューを果たした。

2012年8月31日、移籍期限間際に、ヘタフェCFへの1年のローン移籍が発表された。ヘタフェではリーグ戦で21試合に出場し、3得点を挙げた。

2013-14シーズンはバレンシアに復帰し、リーグ戦で23試合に出場して6得点を挙げた。UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント準々決勝FCバーゼル戦、チームはファーストレグを0-3で落としておりベスト4進出はかなり厳しい状況だったがホームでのセカンドレグでアルカセルはハットトリックを達成し、大逆転でのベスト4進出に大きく貢献した。

スペイン代表としてUEFA U-17欧州選手権2010に出場しチームを準優勝に導き、自身も得点王となる6ゴールを挙げた。

2014年9月4日のフランスとの親善試合でA代表デビュー。続く9月8日のUEFA EURO 2016予選マケドニア戦で代表初得点を挙げた。

【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【6】
センス【7】
posted by よしき at 00:00| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

マルク・バルトラ(Marc Bartra Aregall)〜バルサ育ちの天才肌DF〜

キャプチャ.PNG
こんにちわ

本日紹介する選手はマルク・バルトラ選手です。

スペイン・タラゴナ県サン・ジャウマ出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。ポジションはディフェンダー。

【経歴】
2001年にRCDエスパニョールのユースチームでキャリアをスタートさせ、2002年にFCバルセロナのユースチームに移籍した。その後上のカテゴリーに昇格していき、2009年にFCバルセロナBに招集された。2010年2月24日、アトレティコ・マドリード戦においてジェフレン・スアレスとの交代途中出場でトップチームデビューを果たした。2011年5月21日、マラガCF戦でトップチーム初ゴールを記録した。
2013年11月16日赤道ギニア戦でスペインA代表デビューした。
2016年6月3日FCバルセロナからボルシア・ドルトムントに移籍。契約は2020年まで。背番号は5番。
images2.jpg
スペイン代表として各年代でプレーしており、2011 FIFA U-20ワールドカップにも出場した。

★バルトラのドルトムント移籍が決定。バルサからまた1人DFが去る

バルセロナは3日、下部組織出身のDFマルク・バルトラが今季限りで退団することを発表した。
 12歳でバルサに入団したバルトラは14年間過ごしたクラブを去り、ドルトムントへ移籍し2020年夏までの4年契約を結ぶことも併せて発表されている。
 主将マッツ・フンメルスがバイエルン・ミュンヘンへ移籍したドルトムントは、バルサに契約解除に必要な違約金800万ユーロ(約9億7000万円)を満額支払いバルトラを引き抜く。
スペイン代表としてEUROに出場するまで成長を遂げたバルトラは、2010年にトップチームデビューを果たすと、リーグ5回、チャンピオンズリーグ2回の優勝に貢献した。しかし今季はリーグ戦でわずか13試合にしか出場できず、ジェラール・ピケやハビエル・マスチェラーノの地位を脅かす存在にはなれなかった。
 バルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はツイッターで「マルク、人生の半分をバルサに捧げてくれてありがとう。新たなプロジェクトの下での幸運を祈っている」とクラブを去るバルトラに惜別のメッセージを送った。
 すでにダニエウ・アウベスの退団が決まっているバルサから、また1人DFがいなくなってしまう。マスチェラーノにも移籍の噂があり、安泰とは言えない。果たして来季のカンプ・ノウには誰が残っているだろうか…。




★新たな挑戦に意気込むバルトラ 「ドルトムントは僕にとって完璧」新たな挑戦に意気込むバルトラ 「ドルトムントは僕にとって完璧」
今夏バルセロナからの移籍を決断したスペイン代表DF。適応に自信のぞかせる

バルセロナのスペイン代表DFマルク・バルトラは、新シーズンからボルシア・ドルトムントに加わる。スペイン『スポルト』とのインタビューで、新たな挑戦に向けた意気込みを語った。

25歳のバルトラは2002年にバルセロナ下部組織に加入。しかし初めてトップチームで起用された2009−2010シーズン以来の7シーズンでリーグ戦通算59試合の出場にとどまり、今夏ついに人生の半分以上過ごしたクラブを去る決断を下した。
ブンデスリーガに向かうことになったバルトラだが、ドルトムントからのオファーが届いたときは興奮したという。『スポルト』に対するコメントを、ドイツ『シュポルト1』『ルールナハリヒテン』など複数メディアが伝えている。
「すべてがスムーズに決まった。オファーが届いたとき、すごく興奮したよ。僕にとって、非常にエキサイティングなことだ。ドイツに向かうのは大きな一歩かもしれないけど、歓迎するべき挑戦でもある」
新天地では、チームとともに成功を手にすることができると感じているようだ。
「ドルトムントは今シーズンも長い間優勝を争っていた。それも圧倒的に強力なバイエルン・ミュンヘンを相手にね。ポカールのファイナルにも出場したし、来季はチャンピオンズリーグにも臨む。このコンペティションでのドルトムントには注目するべきだよ。3年前のファイナリストだからね」
バルトラは、トーマス・トゥヘル監督がチームに植え付けているプレースタイルも気に入っているという。
「プレスをかけて、ボールを持ち、自分たちのプレーを貫くドルトムントのスタイルは、バルサやスペイン代表を思わせるね。そういった意味ではドルトムントは僕にとって完璧だよ」
バルセロナを離れる理由についても触れている。
「バルサでは良い時期も過ごしたが、難しい時期も経験している。クラブや監督のルイス・エンリケについては一切悪いことを言うことはない。でも今シーズンは僕にとって辛かったのも確かだ」
バルトラは2015−16シーズン、リーグ戦13試合に出場した。最近の2シーズンで、全公式戦における出場時間が3割以下となったため、800万ユーロに設定されていた契約解除条項が行使可能となったと見られる。
images.jpg

【動画】


総合評価
攻撃力【4】
守備力【6】
センス【5】
posted by よしき at 12:14| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。