2020年05月15日

モルガン・シュネデルラン(Morgan Schneiderlin )〜〜


こんにちわ

本日紹介する選手はシュネデルラン選手です。

プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドFC所属。フランス代表のミッドフィールダー。

クラブ経歴
ストラスブール

アルザス地域圏のツェルヴィラーで生まれたシュネデルランは友だちと地元のクラブであるSRツェルヴィラーのグラウンドでサッカーをしていたが、5歳の時に家族によって地域の主要クラブの一つであるRCストラスブールのスカウティングセッションに連れられ、その結果、ストラスブールの下部組織に加入することになった。クラブに加入してから10年後の2005年に初めてプロ契約を結び、Bチームでデビューを果たした。2006年にトップチームデビューも果たしたが、2007-08シーズンにチームの降格が決定すると、クラブを離れることになった

サウサンプトン
プレミアリーグに所属していたサウサンプトンのライバルであるポーツマスからもオファーを受けていたが、2008年6月27日に120万ポンドから最大で150万ポンドまで上がる移籍金でサウサンプトンへ移籍が決定し、シュネデルランは4年間の契約を結んだ。

2008年8月9日に行われ、1-2で敗れたカーディフ・シティ戦でサウサンプトンでのデビューを飾り[8]、2010年4月13日に行われ、5-1で勝利したブリストル・ローヴァーズ戦で初ゴールを記録した[9]。2011年8月19日にはクラブと新たな契約を結び、2014年の夏までクラブに留まることになった。2011年9月8日に行われたバーンリー戦では途中出場からサウサンプトンでの2ゴール目を記録し、3-0で勝利したノッティンガム・フォレスト戦では35ヤードの距離からゴールを挙げた。

プレミアリーグ昇格後は開幕戦のマンチェスター・シティ戦でフル出場を果たし、2012年9月2日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦ではプレミアリーグ初ゴールを記録し、チームは2-1とリードをしたが、ロビン・ファン・ペルシのハットトリックの活躍もあり、最終的に2-3で敗れた[10]。11月10日に行われ、1-1で引き分けたスウォンジー・シティ戦ではリッキー・ランバートがヘディングで落としたボールを胸トラップによりゲルハート・トレメルをかわし、2ゴール目を記録した。
無題.png
2013年1月16日にスタンフォード・ブリッジで行われ、2-2で引き分けたチェルシー戦でシュネデルランはキャプテンを務め、2月2日に行われ、2-2で引き分けたウィガン・アスレティック戦でプレミアリーグにおける3ゴール目を記録した。
2013年2月25日には2017年の夏まで契約を延長した。シーズン終了後にはプレミアリーグの選手の中で最も多くのタックル数とインターセプト数、運動量を記録し、イングランドでプレイする守備的な中盤の選手としてベストの一人として認識されるようになり、クラブのファンと選手の投票による最優秀選手にそれぞれ選出された。

2014年8月30日に行われ、3-1で勝利したウェストハム・ユナイテッド戦では2ゴールを挙げ、昨シーズンのゴール数に並ぶと、9月13日に行われたニューカッスル・ユナイテッドで3ゴール目を記録し、チームも4-0で勝利を挙げた。12月28日に行われ、1-1で引き分けたチェルシー戦では残り2分で退場処分となり、2015年4月25日に行われたトッテナム・ホットスパー戦で膝を負傷し、残りのシーズンを欠場することになった。

マンチェスター・ユナイテッド
2015年7月13日、2,400万ポンドから最大2,700万ポンドまで上がる移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍が決定し、シュネデルランは1年の延長オプションが付いた4年間の契約を結んだ。
【動画】

総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】
posted by よしき at 14:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

アントニー・マーシャル(Anthony Martial)〜天才ドリブラー少年〜※FIFA21 使用感〜

Martial_v_England_2015.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はアントニー・マーシャル選手です。

フランス出身のサッカー選手。「マルシャル」とも表記される。プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCに所属している。ポジションはフォワード。

2013年にオリンピック・リヨンからASモナコに600万ユーロの移籍金で加入し、2015年に10代の選手としては史上最高額となる移籍金3,600万ポンドで移籍が決定した。U-16からU-21のユースレベルの代表を経験し、2015年にA代表に初めて招集された。
マーシャルはイル=ド=フランス地域圏エソンヌ県のマシーに生まれ、2001年にCOレ・ジュリスのユースに加入した。14歳だった2009年にオリンピック・リヨンのスカウトに見初められ、同年にリヨンのユースに移った。U-17の2年目のシーズンに21試合に出場し、32ゴールを挙げるとU-17のフランス代表に招集され、UEFA U-17欧州選手権2012に出場した。

2012年12月6日にスタッド・ジェルランで行われ、2-0で勝利したヨーロッパリーグのハポエル・イロニ・キリヤット・シュモナ戦にその試合でゴールを決めたヤシン・ベンジアと交代で試合の残り10分間に出場し、トップチームデビューを果たした。リーグ1デビューは2013年2月3日に行われ、1-3で敗れたアウェイのACアジャクシオ戦であり、ラシオ・ゲザルと79分に交代で出場した。そのシーズンのリーグ戦ではその他2試合に途中交代で出場した。
無題a.png
2013年6月30日、500万ユーロにボーナスを加えた移籍金でASモナコはマーシャルと3年間の契約を結んだことを発表した。11月24日に行われたリーグ戦のFCナント戦でラダメル・ファルカオと63分に交代で出場すると、69分にハメス・ロドリゲスにアシストした至近距離からのシュートはゴールキーパーに弾かれたが、ムニル・オバディがこぼれ球に反応し、その試合唯一となるゴールが生まれた。6日後にスタッド・ルイ・ドゥで行われたスタッド・レンヌ戦に初めてスターティングメンバーとして出場すると初ゴールを挙げ、2-0の勝利に貢献した。12月に行われたヴァランシエンヌ戦で足首を捻挫し、数試合を欠場したが、2014年1月27日には2018年6月まで契約を延長した。

2014-15シーズンは2014年10月5日に行われたパリ・サンジェルマン戦にルーカス・オカンポスと交代で出場すると、試合時間残り数分で1-1となる同点ゴールを挙げ[11]、2015年3月13日に行われたバスティア戦では2ゴールを記録するなど36試合に出場し、9ゴールを挙げた。6月26日には2019年まで契約を延長した。
imagesQPOKD0MH.jpg
2015年8月4日に行われたチャンピオンズリーグ予選3回戦のBSCヤングボーイズ戦でヨーロッパの大会における初ゴールを記録し、チームも2試合合計7-1でプレイオフ進出を決めた。

マンチェスター・ユナイテッドでプレイするマルシャル(2015年)
2015年9月1日、マーシャルは3,600万ポンドから最大で5,800万ポンドに上る移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍が決定し、1年間の延長オプションが付いた4年間の契約を結んだ。背番号はアンディ・コールやルイ・サハ、ディミタール・ベルバトフ、ラダメル・ファルカオが着用した9番に決まった。この移籍金はユナイテッドがルーク・ショーを獲得する際に支払った移籍金とPSGがマルキーニョスを獲得する際に支払った移籍金2,700万ポンドを更新し、10代の選手に支払われた移籍金としては史上最高額となった。この移籍金についてはフランス国内に驚きを持って受け取られた。監督のルイ・ファン・ハールはマーシャルについて、現在よりも将来のために獲得したと選手だと述べ、移籍金については「馬鹿げた」金額だと話した。

2015年9月12日に行われたリヴァプールとのダービー・マッチにおいて65分にフアン・マタと交代で出場し、プレミアリーグデビューを飾ると、86分にチームの3ゴール目となるゴールを決め、デビュー戦で初ゴールを記録した。

【プレースタイル】
COレ・ジュリス時代のコーチは2015年に行われたBBCのインタビューで、マルシャルは6歳でゴールに向かってまっすぐ走ることができたと話し、「これまでに400人の若い選手がここでプレイしてきたが、そのような才能を持った選手は5、6年に1人くらいの割合でしかやって来ない。私たちはマルシャルがそのような高い潜在能力のある選手であることがわかったので、彼を後押ししました。」と、述べた[26]。また、別のコーチは6歳の時点で8歳の選手に匹敵する能力を持っていたので、上の年齢のグループでプレイさせることにし、マルシャルは12、3歳の頃にはプロのサッカー選手になることに注力していた。

マルシャルはスピードとテクニックがあり、ウイングとストライカーのポジションを務めることができるため、ティエリ・アンリに似ていると言われている[17]。デビュー戦でゴールを挙げたマルシャルをアンリは賞賛したが、マルシャル自身は、「アンリと似ているとは思わない。私がよりフィジカルやテクニックに依存するのに対して、彼はもっとスピードがあった。しかしながら、偉大な選手と比較されることはいつだって悪いことではない。」と、述べた。

2015年10月に行われたフランス代表対デンマーク代表戦後にシモン・ケアーは、マルシャルが19歳だということに驚き、『レキップ』紙のインタビューで、「自分がフランスのクラブに所属していた時は知らない選手だったが、19歳であることを考えれば本当に良い選手だ。彼は多くのことができ、スピードだけではなく高い技術力があるのでマークをするのは非常に大変だった。」と、話した。

【動画】

総合評価
攻撃力【7】
守備力【6】
センス【7】
posted by よしき at 22:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャン・クレール・トディボ(Jean-Clair Todibo)〜〜※FIFA20 使用感

ダウンロード.jpg

本日紹介する選手は【クレール・トディボ】選手です。

フランス出身。
シャルケ04所属。

ポジションはボランチ・デフェンダー。


【使用感】


・キンベンベを彷彿とさせるプレースタイル

・ボランチ・ディフェンスライン全般をこなせる器用さも売り。

・190cmの長身を生かしたディフェンスは多少粗さが目立つ。


【経歴】
2016-2018 トゥールーズFC B
2018-2019 トゥールーズFC
2019-   FCバルセロナ
2020-   シャルケ04

少年時代をパリ郊外のFCレ・リラでプレーを経験。

FCバルセロナ、レアル・マドリード、ユヴェントスFC、マンチェスター・ユナイテッドFCが争奪戦を繰り広げる。

FCバルセロナへの加入を発表。

シャルケ04へレンタル中。


総合評価
獲得おすすめ度【5】
将来性【7】
攻撃力【7】
守備力【8】
センス【9】
posted by よしき at 20:53| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンジャミン・スタンブリ(Benjamin Stambouli)〜微笑みの貴公子〜※FIFA20 使用感

こんにちわ

images.jpg

本日紹介する選手は【ベンジャミン・スタンブリ】選手です。

マルセイユ出身。シャルケ04所属の若手DF。アルジェリアの血も引いています。

モンペリエのアカデミー出身。2011-12シーズンにモンペリエがリーグアン優勝メンバー。

父親もサッカー経験者。

ルールダービーにかける思いも強い。


【使用感】


・ジェラールピケを彷彿とさせるプレースタイル。。

・両足で正確なフィードが蹴れる万能型DF。

・フライスルーパスへの対応・反応の悪さは否めない。


【経歴】
2010-2014 モンペリエHSC
2014-2015 トッテナム・ホットスパーFC
2015-2016 パリ・サンジェルマンFC
2016-   シャルケ04


総合評価
獲得おすすめ度【5】
将来性【4】
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】"
posted by よしき at 15:45| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

ディミトリ・ペイェ(ディミトリ・パイェ)(Florent Dimitri Payet)〜変態プレイ連発で今期大ブレイク〜※FIFA20 使用感



q.png
こんにちわ

本日紹介する選手はディミトリ・ペイェ選手です。

フランス領レユニオン・サン=ピエール出身のサッカー選手。プレミアリーグ・ウェストハム・ユナイテッドFC所属。フランス代表。ポジションはミッドフィールダー。

クラブ
2005年からFCナントに所属し、12月19日、FCジロンダン・ボルドー戦でデビューを果たした。2007年、ASサンテティエンヌに移籍した。2年目でブレイクを果たし、代表にも初選出された。 2011年6月28日、LOSCリール・メトロポールに4年契約で移籍した。一年目はエデン・アザールやジョー・コールらの活躍でベンチに座ることも少なくなかったが、2年目に主力が去ってから本領発揮。12ゴール12アシストの活躍でリーグの年間ベストイレブンにも選出された。
2013年6月、LOSCリール・メトロポールがヨーロッパリーグの出場権を逃したこともあり、オリンピック・マルセイユへ移籍することが決定した。
qqqq.jpg
代表
フランス代表として各年代の代表でプレーし、2010年10月9日、UEFA欧州選手権2012予選のルーマニア代表戦でA代表デビューを果たした。2015年6月7日のベルギーとの親善試合で代表初得点を挙げた。



【注目の動画】


総合評価
攻撃力【8】
守備力【5】
センス【7】
posted by よしき at 18:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする