2020年05月14日

ルーク・デ・ヨング(Luuk de Jong)〜オランダのイケメンFW〜※FIFA21 使用感

デヨング.png
こんにちわ

本日紹介する選手はルーク・デ・ヨング選手です。

スイス・ヴォー州・エーグル出身のプロサッカー選手。エールディヴィジ・PSVアイントホーフェン所属。オランダ代表。ポジションはフォワード(FW)。主なポジションはセンターフォワードだが、トップ下を任されることもある。

【経歴】
デ・フラーフスハップ 2008-2009
FCトゥウェンテ 2009-2012
ボルシア・メンヒェングラートバッハ 2012-2014
→ニューカッスル・ユナイテッドFC 2014 (loan)オランダの旗 PSVアイントホーフェン

シーム・デ・ヨングはルークの兄である。

両親ともにスイス国内リーグでプレーするプロのバレーボール選手であった。スイスのエーグルで生まれ、4歳のときにオランダに移住したため、スイスで生活した記憶がないという。

ヘルダーラント州・ドゥーティンヘムにあるアマチュアのDZC'68で兄のシームとともにプレーし、兄弟そろって地元のプロクラブであるデ・フラーフスハップにスカウトされた。シームはデ・フラーフスハップの下部組織在籍中にアヤックス・アムステルダムに引き抜かれ、ルークだけがデ・フラーフスハップに残った。ルークは2008年にトップチームに昇格し、NACブレダ戦で途中出場してエールディヴィジデビューした。SCヘーレンフェーン戦でも途中出場した後、新加入のベン・サハルとコンビを組んで先発出場するようになった。ヴィレムII戦 (1-0) で初めてサハルと2トップを組み、この試合でルークはサハルの決勝点をアシストした。ホームでのFCトゥウェンテ戦ではエールディヴィジ初得点を挙げて2-1とリードしたが、その直後にハンドの反則でFCトゥウェンテにPKを与え、ブレイズ・ヌクフォに同点PKを決められて引き分けに終わった。ヘラクレス・アルメロ戦 (1-0) ではオーバーヘッドシュートで決勝点を挙げた。ホームでのNECナイメヘン戦では足首を負傷して前半で退いた。チームが昇降格プレーオフを戦っている最中に怪我から復帰し、RKCヴァールヴァイクとのホームゲームでは決勝点を挙げたが、結局エールステディヴィジ(2部)降格に終わった。

FCルビン・カザン戦でのルーク・デ・ヨング
2009年4月6日、FCトゥウェンテと3年契約(1年の延長オプション付き)を結んだ。KNVBカップのSCジュール戦 (8-0) で、後半途中にダリオ・ヴイチェヴィッチとの交代で出場してデビューすると、この試合で2アシストを記録した。同大会のCapelle戦で移籍後初得点を含む2得点を挙げた。2009年11月5日、FCシェリフ・ティラスポリ戦でミロスラフ・ストッフとの交代で出場してUEFAヨーロッパリーグデビューを果たした。12月2日のフェネルバフチェSK戦 (0-1) でも途中出場している。KNVBカップのエルモンド・スポルト戦 (3-0) では2得点を決めて勝ち上がりに貢献した。2010年1月1日、FCユトレヒトとのアウェーゲームの90分にケネス・ペレスと交代してエールディヴィジデビューを果たした。ブレイズ・ヌクフォが負傷したため、UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦のヴェルダー・ブレーメン戦ではルークが先発出場の機会を与えられた。アウェーで行われた試合 (1-3) ではヘディングシュートでネットを揺らし、欧州カップ戦初得点を記録した。2010年2月28日、NECナイメヘン戦 (2-1) でエールディヴィジ初得点を挙げた。4月10日のSCヘーレンフェーン戦 (2-0) では、ロスタイムにリーグ戦2得点目を挙げた。2009-10シーズンはリーグ優勝して自身初タイトルを獲得した。ルークは2010年7月31日のヨハン・クライフ・スハールでも重要な役割を果たした。マルク・ヤンコの負傷のためにルークがアヤックス・アムステルダム戦 (1-0) に先発出場し、8分に決勝点を挙げてタイトル獲得に貢献した。

2012年7月、ボルシア・メンヒェングラートバッハに5年契約で移籍。

2014年1月、出場機会を求めてニューカッスル・ユナイテッドへ2013-14シーズン終了まで期限付き移籍した。
2014年7月、PSVアイントホーフェンへ2019年6月までの5年契約で完全移籍した。
世代別オランダ代表の経験があり、U-19オランダ代表では5試合出場5得点、U-21オランダ代表では2試合出場3得点を記録している。

2011年2月9日、オーストリアとの親善試合の後半にディルク・カイトとの交代で途中出場し、オランダA代表デビューした。同年9月6日、UEFA EURO 2012予選のフィンランド戦 (2-0) で代表初得点を挙げた。
【動画】

総合評価
攻撃力【8】
守備力【5】
センス【7】
ラベル:オランダ代表 PSV
posted by よしき at 13:00| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒム・アフェレイ(Ibrahim Afellay)〜バルサルーツのテクニシャン〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はアフェライ選手です。

オランダ出身のサッカー選手。ストーク・シティFC所属。オランダとモロッコの二重国籍を持ち、オランダ代表としてプレーする。ポジションは攻撃的ミッドフィールダーまたはウイング。PSVアイントホーフェン所属時には中盤の底を務める事もあった。スピードあふれるドリブルとミドルシュートが得意で、攻撃的な選手である。

【多彩なクラブ経歴】
PSVアイントホーフェン
ユトレヒトにあるUSVエリンクワイクというアマチュアクラブでサッカーを始め、2003年にPSVアイントホーフェンの下部組織に入団すると、2004年2月4日のKNVBカップ・NACブレダ戦でデビューした。10日後の2月14日、FCトゥウェンテ戦でエールディヴィジデビューし、2003-04シーズンはもう1試合に出場して公式戦3試合に出場した。2004-05シーズンは7試合に出場し、2005年5月15日のフェイエノールト戦では大きな衝撃を与える2得点を記録した。

2005-06シーズンはダマルカス・ビーズリーやミカ・ヴァイリネンの欠場にともなって先発出場メンバーに名を連ねるようになった。2005年9月13日、1-0で勝利したシャルケ04戦でUEFAチャンピオンズリーグ初出場を果たした。ヨハン・フォーゲルやマルク・ファン・ボメルが移籍したためにレギュラーに定着し、はじめての二桁試合数となるリーグ戦23試合に出場して2得点した。2006-07シーズンはヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞し、副賞として与えられる権利でモロッコに人工芝のピッチを設置した。
無題1.png
FCバルセロナ
2010年11月16日、2011年1月にリーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに移籍することが内定し、12月23日にバルセロナを訪れメディカルチェックをパス、移籍が完全に決定した。移籍金は約300万ユーロと報道されている。FCバルセロナとは2015年までの契約を結び、背番号は20に決定した[3]。2011年1月5日のコパ・デル・レイ・アスレティック・ビルバオ戦のロスタイムにFWダビド・ビジャとの途中交代で出場してデビューし、1月19日のコパ・デル・レイ、レアル・ベティス戦セカンドレグ (1-3) で初めて先発出場した。同大会のUDアルメリア戦で初得点を決めている。

FCシャルケ04
2012年8月31日に出場機会を求めてFCシャルケ04へ1年間の期限付移籍をした。

オリンピアコスFC

2014年8月10日、オリンピアコスFCへの1年間の期限付移籍をした。なお、このレンタル終了後に、バルセロナとの契約も満了した。




ストーク・シティFC
2015年7月27日、ストーク・シティFCへ2017年6月までの2年契約で完全移籍した。
【動画】



総合評価
攻撃力【6】
守備力【6】
センス【7】
posted by よしき at 05:00| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨニー・ハイティンハ(John Gijsbert Alan Heitinga)〜ジョン・ハイティンハあるいはヨン・ハイティンガ〜

imagesESYON4SQ.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はハイティンガ選手です。

年代別のオランダ代表を経験し、2001 FIFAワールドユース選手権ではU-20オランダ代表のキャプテンを務めた。
2004年2月18日のアメリカ代表戦でフル代表デビュー。EURO2004のメンバーにも選ばれ、3試合に出場した。マルコ・ファン・バステン監督の下で2006 FIFAワールドカップに出場しベスト16を経験。UEFA EURO 2008ではチーム事情に応じて複数のポジションでプレーしユーティリティ性を発揮した。
2010 FIFAワールドカップではスペイン代表との決勝までの全試合に出場したが、決勝戦では延長後半5分にアンドレス・イニエスタへのファウルで二枚目のイエローカードをもらい退場。その6分後にイニエスタに決勝ゴールを決められ、チームは準優勝に終わった。
hhhh.png
アヤックス
アヤックス・アムステルダムのユース出身。2001年夏、17歳の時にフェイエノールト戦でデビュー。一年目から15試合に出場するが、翌2002-03シーズンは二度に渡り選手生命に関わる大怪我を負った影響で1試合のみの出場にとどまった。

2003-04シーズンに復帰後はチームの不動のセンターバックとしてリーグ戦26試合に出場し3ゴールを挙げ、チームのリーグ優勝に貢献。ラファエル・ファン・デル・ファールトやヴェスレイ・スナイデル、ヘドヴィヘス・マドゥロらと共にチームの中心へと成長した。その一方で、ライバルクラブのPSVアイントホーフェンに名将フース・ヒディンクが就任したこともあり、アヤックスはリーグ優勝から遠ざかった。2007-08シーズン開幕前にスナイデルがレアル・マドリードに移籍、10月にはヤープ・スタムが引退、さらにマドゥロが冬にバレンシアCFに移籍。ハイティンハは残留して優勝を目指すがリーグ2位に終わり、ついに17年間所属したクラブを去る決意をする。
h.png
アトレティコ・マドリード
2008年8月1日、5年契約・移籍金1000万ユーロでスペインのアトレティコ・マドリードへ移籍。

エヴァートン
2009年8月30日、5年契約・移籍金約500万ポンドでイングランドのエヴァートンFCへ移籍。マンチェスター・シティFCに移籍したジョリオン・レスコットの代役として期待され、9月13日のフラムFC戦でプレミア・リーグ初出場。

フラム
2014年1月31日、出場機会を求めてフラムFCに半年契約で移籍した。
ヘルタ・ベルリン
2014年6月、ヘルタ・ベルリンへ移籍

アヤックス復帰
2015年6月25日、同日付でヘルタ・ベルリンとの契約を解除し、古巣のアヤックス・アムステルダムへ復帰した。契約期間は2016年6月までの1年契約(2017年まで1年間契約延長のオプション付)。




【注目の動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【6】
posted by よしき at 03:00| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

レロイ・フェル(Leroy Johan Fer)〜オランダのハイテクMF〜※FIFA20 使用感

r.png
こんにちわ

本日紹介する選手はレロイ・フェル選手です。

オランダ・ズーテルメール出身のサッカー選手。プレミアリーグ・クイーンズ・パーク・レンジャーズFC所属。ポジションはMF。

フェイエノールトのユースチームを経て、2007年にトップチームに昇格。2008-09シーズンにはレギュラーとして試合に出場した。

オランダ代表としてU-17、U-19オランダ代表に選出されている。2010年8月、A代表に初招集されデビューを果たした。
dd.png
2014 FIFAワールドカップのオランダ代表メンバーにも選出され、初出場となったグループリーグ第3戦のチリ戦で代表初得点となる決勝ゴールを挙げた。
オランダ代表は7日、ブラジル・ワールドカップ欧州予選でトルコ代表と対戦する。ユーロ2012グループリーグ敗退後、ベルト・ファン・マルワイク監督が辞任し、7月にルイ・ファン・ハール氏が2001年以来11年ぶりに監督復帰した。オランダ紙『フットボールインターナショナル』は、ファン・ハール監督の新チーム選考の一部を報じている。




 エヴァートン所属DFのヨニー・ハイティンガの代役として、メディアではトゥウェンテに所属するDFダグラス・フランコ・テイシェイラが候補として報じられていた。2011年にブラジルから帰化した同選手だが、結果的に構想から外れてしまった。
 ファン・ハール監督は「各ポジションで選手の分析表を用意し、選手たちを比較している。チームの連係、各々の選手が十分に役割を果たす必要がある」とコメント。そしてダグラスのチームメイトであるMFレロイ・フェルはその要件を満たした。それについては、「フェルはボールを放つだけの選手ではなく、彼はボールを集めることができる選手だ」と語った。
rrr.png
【注目の動画】


総合評価
攻撃力【6】
守備力【8】
センス【6】
posted by よしき at 22:00| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイヴィ・クラーセン(Davy Klaassen)〜アヤックスが生み出したオランダの超新星〜※FIFA20 使用感

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はデイヴィ・クラーセン選手です。

オランダ出身のサッカー選手。エールディヴィジ・アヤックス所属。ポジションはミッドフィールダー。

【クラブ】
1999年に地元ヒルフェルサムにあるアマチュアクラブのHVV Zebrasでキャリアをスタートさせ、2003年にHSV Wasmeerに所属、その翌年にスカウトに見出されアヤックスのユースアカデミーに移籍。

アヤックスの各ユースで頭角を現していき、2010年1月にトップチーム昇格したクリスティアン・エリクセンの跡継ぎとしてB1(U17)からA1(U19)へ昇格。

2011年11月22日のUEFAチャンピオンズリーグ、オリンピック・リヨン戦にて、ロレンゾ・エベシリオに代わって交替出場しトップチームデビューを果たす。 その5日後のNEC戦でも交替出場しエールディヴィジデビュー、出場後わずか42秒でゴールを決めた。

2012-2013シーズンは10月に負った鼠蹊部の怪我に悩まされ、公式戦出場はたったの2試合に終わる。
d.png
2013-2014シーズンのスタートは、オランダ2部エールステ・ディヴィジに参戦したヨング・アヤックスに帯同し、開幕戦の8月5日のテルスター戦に出場する。9月20日のFCアイントホーフェン戦でエールステ・ディヴィジ初得点を記録。
その後トップチームに昇格し、レギュラーに定着。2013年12月7日のエールディヴィジ、NACブレダ戦で自身初となるハットトリックを記録。さらに年が明けた2014年2月27日には、レッドブル・ザルツブルク戦でも得点を決め、UEFAヨーロッパリーグ初得点を記録。4月3日に自身の契約を2018年まで延長することでクラブと合意に至った。
このシーズンの活躍が認められ、アヤックス最優秀若手選手賞及びオランダ最優秀若手選手賞に輝く。
imagesF1FUWMNN.jpg

代表
オランダU16代表、U17、U19と各ユース代表で招集されており、2013年10月にU-21代表に初招集。
さらにクラブでの活躍が認められ、2014年3月5日の親善試合のフランス戦に初招集。72分にヴェスレイ・スナイデルに替わって途中出場し、代表初キャップを刻んだ。1年ぶりの代表復帰となった2015年3月31日のスペインとの親善試合で代表初得点を挙げた。
【注目の動画】





総合評価
攻撃力【8】
守備力【5】
センス【9】
posted by よしき at 18:00| オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする