2016年03月25日

クライフ氏が急死 数々の伝説写真 クライフ氏が急死 数々の伝説写真 クライフ氏が急死 数々の伝説写真 ヨハン・クライフ氏が急死【数々の伝説】

無題.png
オランダの巨星墜
つ。1960〜70年代にアヤックス、バルセロナなどで活躍した元オランダ代表の伝説的な名選手、ヨハン・クライフ氏が24日、スペイン・バルセロナでがんのため死去した。68歳だった。昨年10月に肺がんであることを公表していた。84年に引退した後はアヤックス、バルセロナなどで監督を務めて一時代を築き、選手、指導者としてサッカー界に影響を与えた。




posted by よしき at 17:17| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

ナタン・アケ(Nathan Benjamin Aké)〜16歳でチェルシーと契約〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はナタン・アケ選手です。

オランダ・南ホラント州デン・ハーグ出身のサッカー選手。プレミアリーグ・ワトフォードFC所属。U-21オランダ代表。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。

【経歴】
12歳まで地元のADOデン・ハーグで育った後にフェイエノールトのユースに。この年代最高のタレントの一人と見られていたが、フェイエノールトでのデビューを選ぶことなくイングランドで契約が可能になる16歳と同時にチェルシーFCへ移った。

2012年10月31日のリーグカップマンチェスター・ユナイテッドFC戦でベンチ入りすると、ロベルト・ディ・マッテオ監督によってナサニエル・チャロバーとの交代でトップチームデビューを果たす。2012年12月26日にはラファエル・ベニテス暫定監督のもとでノリッジ・シティFC戦91分にフアン・マタとの交代でプレミア・リーグにデビューした。2013年2月27日のFAカップミドルズブラFC戦で初スタメン。
images.jpg
2015年3月25日にレディングFCにレンタル移籍した。一度2014-15シーズン終了後にチェルシーへ戻ったが、2015年8月14日にワトフォードFCへ2015-16シーズン終了までレンタル移籍した。

【代表】
オランダ代表として2011年と2012年のUEFA U-17欧州選手権で優勝。2011年のチームでは控えだったが、2012年のチームではキャプテンマークを巻いた。

【動画】


総合評価
攻撃力【4】
守備力【7】
センス【8】
posted by よしき at 07:00| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レロイ・フェル(Leroy Johan Fer)〜オランダのハイテクMF〜

r.png
こんにちわ

本日紹介する選手はレロイ・フェル選手です。

オランダ・ズーテルメール出身のサッカー選手。プレミアリーグ・クイーンズ・パーク・レンジャーズFC所属。ポジションはMF。

フェイエノールトのユースチームを経て、2007年にトップチームに昇格。2008-09シーズンにはレギュラーとして試合に出場した。

オランダ代表としてU-17、U-19オランダ代表に選出されている。2010年8月、A代表に初招集されデビューを果たした。
dd.png
2014 FIFAワールドカップのオランダ代表メンバーにも選出され、初出場となったグループリーグ第3戦のチリ戦で代表初得点となる決勝ゴールを挙げた。
オランダ代表は7日、ブラジル・ワールドカップ欧州予選でトルコ代表と対戦する。ユーロ2012グループリーグ敗退後、ベルト・ファン・マルワイク監督が辞任し、7月にルイ・ファン・ハール氏が2001年以来11年ぶりに監督復帰した。オランダ紙『フットボールインターナショナル』は、ファン・ハール監督の新チーム選考の一部を報じている。




 エヴァートン所属DFのヨニー・ハイティンガの代役として、メディアではトゥウェンテに所属するDFダグラス・フランコ・テイシェイラが候補として報じられていた。2011年にブラジルから帰化した同選手だが、結果的に構想から外れてしまった。
 ファン・ハール監督は「各ポジションで選手の分析表を用意し、選手たちを比較している。チームの連係、各々の選手が十分に役割を果たす必要がある」とコメント。そしてダグラスのチームメイトであるMFレロイ・フェルはその要件を満たした。それについては、「フェルはボールを放つだけの選手ではなく、彼はボールを集めることができる選手だ」と語った。
rrr.png
【注目の動画】


総合評価
攻撃力【6】
守備力【8】
センス【6】
posted by よしき at 00:00| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

ファン・デル・ヴィール(Gregory Kurtley van der Wiel)〜右サイドから駆け上がる姿はミハエル・ライツィハーを彷彿〜

ff.png
こんにちわ

本日紹介する選手はファン・デル・ヴィール選手です。

オランダ・アムステルダム出身のサッカー選手。リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属。オランダ代表である。

ポジションはDF(センターバック、右サイドバック)。右サイドから駆け上がる姿はミハエル・ライツィハーを彷彿させる。スピードを生かしたプレイで前線に駆け上がり右サイドからボールを供給する。

クラブ
2007年3月11日、4-1で勝利したFCトゥウェンテ戦でデビューした。そのシーズンは4試合に出場した。2007-08シーズン、ヨハン・クライフ・シャール決勝のPSV戦に勝利し、自身初のタイトルを獲得した。2009年10月21日、アーセナルFCがファン・デル・ヴィールに興味を持っていると報じられた。
2012年9月3日、パリ・サンジェルマンFCに4年契約で移籍。移籍金は推定600万ユーロ(約5億9000万円)。
2012-2013シーズンはクリストフ・ジャレのポジションを奪うに至らず、ベンチを温める日も多かったが、2013-2014シーズンからは右サイドバックのレギュラーの座を確保した。
f.jpg
代表
2009年2月11日、チュニジア戦でヨニー・ハイティンハとの途中交代でオランダ代表デビューした。3月28日、南アフリカワールドカップ予選スコットランド戦に出場した。4月1日のマケドニア共和国戦でもフル出場した。10月、ボールを顔面に受けて脳震盪を起こしたため、オランダ代表のオーストラリア遠征への招集を辞退した。しかし、代表が遠征に旅だっている間にチームメイトとコンサートに出かけ、Twitterに記念写真を掲載したため、オランダ国民やベルト・ファン・マルワイク監督から非難を浴びた。
2010年5月27日、2010 FIFAワールドカップに出場するオランダ代表メンバー23人に選出された。

【注目の動画】


総合評価
攻撃力【8】
守備力【5】
センス【7】
ラベル:オランダ代表
posted by よしき at 00:00| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

ルーク・デ・ヨング(Luuk de Jong)〜オランダのイケメンFW〜

デヨング.png
こんにちわ

本日紹介する選手はルーク・デ・ヨング選手です。

スイス・ヴォー州・エーグル出身のプロサッカー選手。エールディヴィジ・PSVアイントホーフェン所属。オランダ代表。ポジションはフォワード(FW)。主なポジションはセンターフォワードだが、トップ下を任されることもある。

【経歴】
デ・フラーフスハップ 2008-2009
FCトゥウェンテ 2009-2012
ボルシア・メンヒェングラートバッハ 2012-2014
→ニューカッスル・ユナイテッドFC 2014 (loan)オランダの旗 PSVアイントホーフェン

シーム・デ・ヨングはルークの兄である。

両親ともにスイス国内リーグでプレーするプロのバレーボール選手であった。スイスのエーグルで生まれ、4歳のときにオランダに移住したため、スイスで生活した記憶がないという。

ヘルダーラント州・ドゥーティンヘムにあるアマチュアのDZC'68で兄のシームとともにプレーし、兄弟そろって地元のプロクラブであるデ・フラーフスハップにスカウトされた。シームはデ・フラーフスハップの下部組織在籍中にアヤックス・アムステルダムに引き抜かれ、ルークだけがデ・フラーフスハップに残った。ルークは2008年にトップチームに昇格し、NACブレダ戦で途中出場してエールディヴィジデビューした。SCヘーレンフェーン戦でも途中出場した後、新加入のベン・サハルとコンビを組んで先発出場するようになった。ヴィレムII戦 (1-0) で初めてサハルと2トップを組み、この試合でルークはサハルの決勝点をアシストした。ホームでのFCトゥウェンテ戦ではエールディヴィジ初得点を挙げて2-1とリードしたが、その直後にハンドの反則でFCトゥウェンテにPKを与え、ブレイズ・ヌクフォに同点PKを決められて引き分けに終わった。ヘラクレス・アルメロ戦 (1-0) ではオーバーヘッドシュートで決勝点を挙げた。ホームでのNECナイメヘン戦では足首を負傷して前半で退いた。チームが昇降格プレーオフを戦っている最中に怪我から復帰し、RKCヴァールヴァイクとのホームゲームでは決勝点を挙げたが、結局エールステディヴィジ(2部)降格に終わった。

FCルビン・カザン戦でのルーク・デ・ヨング
2009年4月6日、FCトゥウェンテと3年契約(1年の延長オプション付き)を結んだ。KNVBカップのSCジュール戦 (8-0) で、後半途中にダリオ・ヴイチェヴィッチとの交代で出場してデビューすると、この試合で2アシストを記録した。同大会のCapelle戦で移籍後初得点を含む2得点を挙げた。2009年11月5日、FCシェリフ・ティラスポリ戦でミロスラフ・ストッフとの交代で出場してUEFAヨーロッパリーグデビューを果たした。12月2日のフェネルバフチェSK戦 (0-1) でも途中出場している。KNVBカップのエルモンド・スポルト戦 (3-0) では2得点を決めて勝ち上がりに貢献した。2010年1月1日、FCユトレヒトとのアウェーゲームの90分にケネス・ペレスと交代してエールディヴィジデビューを果たした。ブレイズ・ヌクフォが負傷したため、UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦のヴェルダー・ブレーメン戦ではルークが先発出場の機会を与えられた。アウェーで行われた試合 (1-3) ではヘディングシュートでネットを揺らし、欧州カップ戦初得点を記録した。2010年2月28日、NECナイメヘン戦 (2-1) でエールディヴィジ初得点を挙げた。4月10日のSCヘーレンフェーン戦 (2-0) では、ロスタイムにリーグ戦2得点目を挙げた。2009-10シーズンはリーグ優勝して自身初タイトルを獲得した。ルークは2010年7月31日のヨハン・クライフ・スハールでも重要な役割を果たした。マルク・ヤンコの負傷のためにルークがアヤックス・アムステルダム戦 (1-0) に先発出場し、8分に決勝点を挙げてタイトル獲得に貢献した。

2012年7月、ボルシア・メンヒェングラートバッハに5年契約で移籍。

2014年1月、出場機会を求めてニューカッスル・ユナイテッドへ2013-14シーズン終了まで期限付き移籍した。
2014年7月、PSVアイントホーフェンへ2019年6月までの5年契約で完全移籍した。
世代別オランダ代表の経験があり、U-19オランダ代表では5試合出場5得点、U-21オランダ代表では2試合出場3得点を記録している。

2011年2月9日、オーストリアとの親善試合の後半にディルク・カイトとの交代で途中出場し、オランダA代表デビューした。同年9月6日、UEFA EURO 2012予選のフィンランド戦 (2-0) で代表初得点を挙げた。
【動画】

総合評価
攻撃力【8】
守備力【5】
センス【7】
ラベル:オランダ代表 PSV
posted by よしき at 14:00| Comment(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。