2017年10月16日

マッテオ・ビアンケッティ(Matteo Bianchetti)〜放浪のカンナバーロ二世〜※動画あり※FIFA20 使用感

ダウンロード.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はマッテオ・ビアンケッティ選手です。

※華麗なる経歴
【クラブ】
地元のクラブであるカルチョ・コモの下部組織を経て、2007年にインテルナツィオナーレ・ミラノの下部組織に入団。2012年にはプリマヴェーラの一員としてNextGenシリーズで優勝を果たした。2012年、トップチームの監督に昇格したアンドレア・ストラマッチョーニと共にトップチームへ昇格し、ベンチ入りする機会も増えたがデビューの機会は訪れなかった。

2013年1月23日、セリエBのエラス・ヴェローナFCへ共同保有権OP付きのレンタルで移籍。2015年6月25日、共同保有権をエラス・ヴェローナが買い取り完全移籍を果たした。2016年4月17日のフロジノーネ戦でリーグ戦初ゴールを記録した。

【代表】
U-21イタリア代表としてUEFA U-21欧州選手権に2大会連続で出場した。



【注目の動画】





総合評価
攻撃力【6】
守備力【7】
センス【9】


ルイジ・ディ・ビアジオ、ディナンタ・カピタノ・デッラ・ナツィオナーレ、21歳未満の方々、スロヴァキア・イタリア(1-4)。 Nel 2015には、イタリアの21世紀半ば以来の歴史があります。それはあなたの宗教的な宗教的な宗教的な部分である。
posted by よしき at 19:47| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

ダニーロ・カタルディ(Danilo Cataldi)〜ピルロ2世〜※動画あり※FIFA20 使用感

images.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はダニーロ・カタルディ選手です。


【華麗なる経歴】
2006年に地元・ローマのSSラツィオと契約。2013年にセリエBのFCクロトーネへレンタル移籍し、35試合4得点を記録した。

2014年にラツィオにレンタルバックで復帰。2015年1月18日のナポリ戦でセリエAデビューを果たし、翌年2016年1月24日のキエーヴォ戦でセリエA初ゴールを記録。その数日後にラツィオとの契約を2020年まで延長した。

2017年1月13日、ジェノアCFCへ出場機会を求めてレンタル移籍。

2017年7月19日、ベネヴェント・カルチョへレンタル移籍することが発表された。

★エピソード
2015年4月6日にフィアット・500でローマ市内を走行している途中に、他2台の乗用車の交通事故に巻き込まれた。幸い怪我はなかった。


ダウンロード (1).jfif

【注目の動画】





総合評価
攻撃力【5】
守備力【5】
センス【2】

ラツィオ、クロトーネローン
nell'Ottaviaを上げ、2011年にBiancocelestiの未成年者で描画した後、2006年にラツィオから購入された最初の国立学生や自分自身時に主要な外国のチームの注目を集め、イタリアの後、春の副チャンピオン、の一部です。2012-2013シーズンに彼は、カテゴリのタイトルを獲得したコーチアルバート・ボリーニ率いる春を保持しています。 6月9日の決勝では、2013年にはまた、全体の最高の選手として賞「ピエルマリオ・モロジーニ」を受賞し、ラツィオはアタランタを超えると3-0の最初の2つの目標を実現し、ファイナル。」7月9日に、2013年には、彼はその後、ヴェネトで再生されるすべての親善に参加して、アウロンツォ・ディ・カドーレの撤退に参加する最初のチームのためにチームに入った2017年まで、ラツィオとの契約を更新します。
2013年8月7日、彼はセリエBのクロトーネに貸与されている彼は3日後、イタリアカップの第2ラウンドでラティーナとの2-0で勝利を収め、プロとしてデビューした。 8月24日、セリエBで初めての試合をし、シエナに対して5-2で勝利し、アントニオ・ガラルドを69分に引き継いだ。 2014年2月8日、彼は20メートルから右側とのショットで、66」でペスカーラを超える最終3-0の勝利を獲得、プロとしての彼の最初のゴールを決めた。[10] 2014年3月15日には、レッジーナ65分に対してダービーで先制、その後、クロトーネの賛成でスコア4-1で終了しますゲーム。シーズンの終わりに、38回の出場と4回のゴールを数えた後、彼はラツィオに戻ります。
posted by よしき at 20:37| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダニエレ・ルガーニ(Daniele Rugani)〜イタリアDF最後の砦〜※FIFA20 使用感

ダウンロード.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はダニエレ・ルガーニ選手です。

イタリアのサッカークラブチームであるユヴェントスFCに所属するサッカー選手である。ポジションはセンターバック。

【経歴】
※キャリアスタート
1994年7月29日、イタリア・トスカーナ州ルッカに生まれる。2000年、6歳でトスカーナ州に本拠地を置くエンポリFCのユースアカデミーでサッカーを始める。以降、2012年8月に強豪クラブとして知られるユヴェントスFCに期限付き移籍するまでアカデミーに12シーズン在籍しつづけた。ユヴェントス移籍後はチームのプリマヴェーラ (U-20) に登録され、2012-13シーズンには先発メンバーとして定着した。

ユヴェントス時代
ユヴェントスでの第1シーズンで成功を収めると、ユヴェントスはすぐに2013年7月31日にプロ契約を交わした。その後2013-14シーズンに先立ち、当時セリエBにいたエンポリに1シーズンの期限付き移籍となった。

エンポリでの修行時代
20歳を迎えた2014年には40試合・2ゴールを記録、セリエAへの昇格を目指すエンポリでディフェンスのスター選手となった。チームは2位に終わったものの、優勝したUSチッタ・ディ・パレルモとともにセリエAへの昇格が決定した。2014年6月18日、エンポリとユヴェントスとの間で期限付き移籍に関する契約が更改され、ユヴェントスからの期限付き移籍として2014-15シーズンはセリエAに昇格したエンポリに残留することが決まった[4]。

2014-15シーズンはセリエAで全試合フル出場、警告や退場が一度もないという記録を残しエンポリの残留に貢献した。 また活躍が認められてセリエA2014/15シーズンのセリエAベストイレブンにも選出された。

ユヴェントス復帰
2015年1月、2015-16シーズンからはユヴェントスへ復帰[9]。2016年4月25日のリーグ戦第35節(フィオレンティーナ戦)、自身の通算53試合目となったこの試合で自身初となるイエローカードを受けた。前年はセリエAで全試合にフル出場しながらも警告や退場宣告を一度も受けなかったことで注目されていただけに、この警告は驚きをもって受け止められた。

★代表歴
2010年以来、複数の年齢別イタリア代表に選出されている。2014年11月9日にはUEFA EURO 2016予選のクロアチア戦とアルバニアとの親善試合に先立ち、アントニオ・コンテによってシニアのナショナルチームに招集された。本大会では予備登録メンバーには選ばれたが、本大会のメンバーからは漏れた。

2016年9月のフランス代表との親善試合でフル代表デビューを果たした。

★プレースタイル
背の高い、戦術的に多才な、そして物理的に強力なセンターバックで、防空でも攻撃的でも、大空で良い状態です。彼は著しいペースや移動性の欠如にもかかわらず、彼の予期、知能、マーキング能力について特に知られている。彼は正しいプレイヤーであるとも考えられている、しばしば挑戦することを避け、自分のポジショニングを通して相手を制限することを好む。彼は所有権を持っているため、ボールをバックラインからプレーすることができる。彼の世代の最も有望な若いイタリア人選手の1人であり、 2015年に、彼はドン・バロンによって1994年以降に生まれた世界でも最高の選手の1人に選ばれました。


【注目の動画】






総合評価
攻撃力【4】
守備力【7】
センス【7】

International career
Rugani has represented Italy at various youth levels since 2010. His first cap for the under-21 team came on 5 March 2014 in a European qualifier against Northern Ireland, in which he scored the first goal for the azzurini in a 2–0 victory.
On 9 November 2014, he was called up by Antonio Conte to the senior Italy squad ahead of a UEFA Euro 2016 qualifying match against Croatia and a friendly against Albania.
With the Italy U-21 he took part at the 2015 UEFA European Under-21 Championship under manager Luigi Di Biagio
On 31 May 2016, Rugani was named one of three reserves for Antonio Conte's senior side for Euro 2016.
Rugani made his senior international debut on 1 September 2016, with newly appointed coach Gian Piero Ventura, coming on as a substitute in a 3–1 friendly defeat to France.
In June 2017, he was included in the Italy under-21 squad for the 2017 UEFA European Under-21 Championship by manager Di Biagio.
posted by よしき at 20:29| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレッシオ・ロマニョーリ(Alessio Romagnoli)〜ネスタ2世 正統後継者〜※FIFA20 使用感

ダウンロード (1).jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はアレッシオ・ロマニョーリ選手です。

イタリア、ラツィオ州ローマ県アンツィオ出身のサッカー選手。セリエA・ACミラン所属。ポジションはDF(CB)。

【プレースタイル】
優れたテクニックと配分を持つ、エレガントで多才な、構成的で才能のある左足のセンターバック、ロマーニョは彼の自信を持っていて、後ろからボールを​​出す能力があることが知られている。より多くの攻撃のポジションに入るか、対戦相手により高いレベルでプレッシャーをかけ、彼はまた左サイドのフルバックとして機能することができる。Romagnoliは空中で効果的であり、彼の挑戦を時間をとる能力で知られている。[35]彼の世代の最も有望な若いイタリアの守備陣の一人と見なされ、早熟な展示、技術、位置感覚、意思決定、ロマーニョが彼のサッカーのアイドルとして記述している伝説のイタリアのディフェンダー、アレッサンドロ・ネスタと彼を比較することができた 2015年、ロマーニョは1994年にドン・バロンによって生まれた世界のトップ100の若いサッカー選手の一人に選ばれました。

【クラブ】
地元のクラブであるASローマのユースで育ち、ズデネク・ゼーマンに見込まれ17歳にして2012-13シーズンからトップチームに合流した。
2012年12月11日のコッパ・イタリア、アタランタBC戦に先発出場しトップチームデビュー[1]。同年12月22日のACミラン戦では終了間際に途中出場し、セリエA初出場を記録した[2]。セリエAでは初の先発出場となった2013年3月3日のジェノアCFC戦ではフランチェスコ・トッティのコーナーキックから、決勝点となるセリエA初得点を挙げた。
2014年9月1日、UCサンプドリアへレンタル移籍。
2015年8月11日、5年契約でACミランへ移籍。背番号はかつてアレッサンドロ・ネスタが着けていた13に決まった
代表
U-16、U-17、U-19、U-21のイタリア代表に選出され、レギュラーとして出場している。2016年10月6日の2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選スペイン戦に先発出場し、A代表デビューを果たす。それからはコンスタントに出場機会を得ている。


【注目の動画】


総合評価
攻撃力【3】
守備力【7】
センス【9】
posted by よしき at 12:18| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステファノ・ストゥラーロ(Stefano Sturaro)〜ガットゥーゾ2世〜※FIFA20 使用感

ダウンロード.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はステファノ・ストゥラーロ選手です。

イタリア、インペリア県サンレーモ生まれのサッカー選手。セリエA、ユヴェントス所属。ポジションはMF。

【経歴】
サンレーモに生を受けたストゥラーロは、2012年にセリエAのジェノアでサッカー選手としてのキャリアをスタートした。しかしジェノアでは試合への出場はなく、その後レンタル移籍で加入したセリエBのモデナでプロデビューを果たした。そして2013-14シーズンにジェノアへ復帰し、セリエAデビューを果たした。
2014年7月1日にユヴェントスが移籍金550万ユーロ(最大でボーナス350万ユーロ)の5年契約でストゥラーロの獲得を発表。 また、ユヴェントスからのレンタルと言う形でジェノアへの残留が決定した。2014-15シーズンの前半戦はジェノアでレギュラーに定着し、チームへ貢献を果たした。

2014-15シーズンのユヴェントスは怪我人の続出により、MFの人数が不足していた。そのため冬の移籍市場でストゥラーロを復帰させることを決定、2月1日のジェノア対フィオレンティーナがストゥラーロのジェノアでのラストマッチとなった。


【プレースタイル】
豊富な運動量を有するストゥラーロは、ACミランに所属していた元イタリア代表のガットゥーゾにたとえられる。本人もまた「彼が築いてきたキャリアの半分でも辿ることができれば、素晴らしいことだろう。」 と、ガットゥーゾを目標とする発言をしている。

【注目の動画】





総合評価
攻撃力【5】
守備力【6】
センス【7】

速くて頑張り、戦術的に多彩な選手Sturaroは、中盤のどこでもプレーすることができますが、通常はバック・ラインの前に、ボックス・ツー・ボックス、中央、または守備的なミッドフィールダーとして配備されます。彼の堅実な技法と、それに続く所有権を獲得した後の演技を開始する能力を備えている彼の物理的な属性と空中能力のために、彼は中央でも、でも、どちらかの側面でも、防御側としてプレーすることができます。また、右側の攻撃として使用されています最近の季節にはフルバックやウイングバック、彼は時々ウィンジャーとしてフィールドに入れられている。

世界の最も有望なサッカー選手のひとりであり、彼の仕事率、スタミナ、穏やかさ、強靭さ、強さ、そしてゲームを読む能力のために、彼のプレースタイルは、同胞と2006年ワールドカップ優勝者ジェンナロ・ガットゥーゾとの比較を描いているしかし、ガットゥーソとは違って、Sturaroは攻撃的な貢献をしていることで知られています。また、攻撃を行い、良いポジションに進む能力もあり、ユベントスのミッドフィルダーArturo Vidalと比較されています。右足でも、Sturaroは左足でボールを正確に分配して打つことができる。
posted by よしき at 12:06| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする