2017年10月15日

ドメニコ・ベラルディ(Domenico Berardi)〜ストライカー不足イタリアの希望の光〜※ミランキラー※FIFA20 使用感

images.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はドメニコ・ベラルディ選手です。


【クラブ】

2009年夏、友人とフットサルをしていたところをスカウトされ、サッスオーロの下部組織に入団。2012年8月27日のチェゼーナ戦にて公式戦デビューを飾り、その5日後のクロトーネ戦で初ゴールを記録する。2012-13シーズンはデビューシーズンながら37試合に出場11得点を記録し、サッスオーロのセリエA昇格に貢献した。2013年9月2日、ユヴェントスにルカ・マッローネの共同保有権とトレードの形で共同保有で移籍。2013-14シーズンは引き続きサッスオーロでプレーし、29試合に出場16得点を記録した。

【代表】
2014年4月にイタリア代表に初招集されたものの、出場機会は訪れなかった。
images (1).jfif
【プレースタイル】
ベラルディはわずか3年前、コゼンツァの青少年アカデミーからサッスーロにスナップされていた。そして、ネロヴェルディはそれ以来ずっと振り返っていない。若手は18歳の誕生日から1ヵ月も経たないうちにプロデビューを果たし、驚異的な初シーズンでセリエAをセリエBのタイトルに挑んで11得点を挙げた。
ユベントスはすべての選手からの賞賛を受けて、攻撃側を引き分けた。去年の9月、彼らは約450万ユーロの共同所有権を獲得したと確信しました。彼は今シーズンにサッソーロに戻ってきた。ここで彼は北側の攻撃を続けている。

【注目の動画】





総合評価
攻撃力【8】
守備力【2】
センス【8】

※エピソード
2014年1月13日のミラン戦での4得点や、2015年5月17日のミラン戦でハットトリックを達成するなど、ミランを相手に活躍する事が多く、メディアからは「ミランキラー」と評される。



【なぜあなたは彼を知る必要があるのですか?】
若手は現在、セリエAの19得点から12得点で4番目に高いスコアラーである。彼の奇抜な出演にもかかわらず、19歳の19歳の6フィートは、激しいペースで激しい打撃を受け、ナポリのゴンザロ・イグアインのゴール数に一致するのを助けた。さらに注目すべき点は、これがSassuoloのセカンドシーズンであり、セリエAで初めてであるということです。
フロントラインに沿ってどこでもプレーできる激しいフォワードは、セカンドシーズン症候群に苦しんでいるわけではない。ベラルディが最初の選手になって栄誉を奪ったACミランと、セリエAで83年ぶりの成功を収めた最初のティーンエイジャーに聞いてみてください。

☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆ 



累計600万人が利用しているポイントサイト!



★タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★

貯めたポイントはAmazonギフトやiTunesギフト、

Webmoney、現金等に交換できちゃう♪



なんと、モッピーを通じて

\月間50万円以上/ 獲得している方も♪





▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト





登録が完了したら、メールが届くよ!

メール内記載のURLにアクセスしてみよう♪



あなたにオススメの広告が表示されるよ!

表示されただけでなんと、10ポイントGET♪



他にもアプリダウンロードや無料会員登録をするだけで

どんどんポイントが貯まっちゃいます!!



さらにあなたのタイプに合わせてお小遣いを貯めよう♪



▼▼▼ 遊びながらで貯めたい方必見 ▼▼▼



\完全無料/毎日見るだけ♪遊ぶだけ♪

PCでもスマートフォンでも参加OK!

タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実!



▼▼▼ ショッピングで貯めたい方必見 ▼▼▼



\ショッピングページがリニューアルOPEN/



ネットショッピングするだけでポイント貯まる♪

最大50%OFF!人気のショップも充実!

今だけ限定キャンペーンも実施中★



▼▼▼ ゲーム課金で貯めたい方必見 ▼▼▼



モッピー経由でアプリを起動して

普段通り課金するだけで課金額の3%を還元!

お気に入りのゲームで楽しみながらポイントを貯めよう!



▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト





★★ 貯めたポイントを交換しよう ★★



モッピーは1P=1円であらゆる交換先に対応!



貯めたポイントは

現金や電子マネー、ギフト券に交換できちゃうよ♪



【現金】

全ての金融機関を取り扱っています!



【電子マネー】

nanacoポイント、楽天Edy、WebMoney、WAONポイント



【ギフト券】

iTunesギフトコード、Amazonギフト券、Vプリカなどなど




▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト

posted by よしき at 11:56| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダヴィデ・ザッパコスタ(Davide Zappacosta)〜カラバフFK戦でデビューを飾り、初ゴールも記録〜※FIFA20 使用感

ダウンロード (1).jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はダヴィデ・ザッパコスタ選手です。

イタリア・ソーラ出身のサッカー選手。チェルシーFC所属。ポジションはDF(RSB)。

ACイーゾラ・リーリの下部組織出身で2010年にプロデビュー。2011年にイタリア3部のUSアヴェッリーノ1912へ加入し、2012-13シーズンにはリーグ優勝およびセリエB昇格に貢献。翌2013-14シーズンにはセリエBで32試合に出場した。

2014年6月4日、アタランタBCへ移籍。8月31日のエラス・ヴェローナ戦でセリエAデビューを飾った。
2015年7月10日、マッテオ・ダルミアンの後釜として、チームメイトのダニエレ・バセッリと共にトリノFCへ移籍。移籍金は両者併せて1200万ユーロ。

2017年8月31日、チェルシーFCと4年契約にサインした。9月12日のCL初戦のカラバフFK戦でデビューを飾り、初ゴールも記録した。

【代表】
U-21イタリア代表に選出され、UEFA U-21欧州選手権2015では右サイドバックとして全3試合に出場した。
2016年11月12日に行われた2018W杯・ヨーロッパ予選のリヒテンシュタイン戦でイタリア代表デビューを果たした。

【注目の動画】





総合評価
攻撃力【4】
守備力【5】
センス【7】
posted by よしき at 10:22| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

マルコ・ヴェッラッティ(Marco Verratti)〜パリの古典的レジスタ〜※FIFA20 使用感

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はヴェッラッティ選手です。

イタリア・アブルッツォ州ペスカーラ出身のサッカー選手。ポジションはMF。パリ・サンジェルマンFC所属。

【クラブ】
地元のクラブであるペスカーラ・カルチョの下部組織出身。2008年、16歳のときにプロ・デビュー。2011–12シーズンにズデネク・ゼーマン監督によってトップ下からボランチにコンバートされたことで才能が本格的に開花。同様の経験を持つアンドレア・ピルロの後継者と呼ばれるようになる。
2012年夏にはユヴェントスを始めとする国内クラブが獲得に乗り出したが、7月18日にフランスのパリ・サンジェルマンFCと5年契約を結ぶ。移籍金はセリエAでのプレー経験がない10代の選手としては破格の1200万ユーロ。

【代表】
2012年にチロ・フェラーラ監督率いるU-21イタリア代表でプレー。同年夏のEURO2012イタリア代表候補に選出されたが、本大会出場メンバーからは外れた。
2012年8月15日、イングランドとの親善試合にてA代表デビューを果たした。2013年2月6日のオランダとの親善試合で、後半ロスタイムに代表初得点となる同点ゴールを挙げた。

【スタイル】
中盤の下がり目のポジションからロングパスによってゲームメイクする古典的レジスタ。守備意識は高い反面、ゴールを狙うことはさほど得意ではないと評される。

【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【8】
posted by よしき at 00:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

アンドレア・ピルロ(Andrea Pirlo)〜フリーキックやペナルティーキックの名手〜※FIFA20 使用感

11111.png
こんにちわ

本日紹介する選手はピルロ選手です。

イタリア・ブレシア県フレーロ出身のサッカー選手。メジャーリーグサッカー・ニューヨーク・シティFC所属。ポジションはミッドフィールダー。フリーキックやペナルティーキックの名手でもある。

【クラブ経歴】
ブレシア
1995年に地元のブレシアでセリエAデビュー。翌年、クラブはセリエBに降格してしまうが、1年で昇格。この時にイタリアの至宝ロベルト・バッジョと出会い、「自らの後継者」として指名された。

インテル
セリエBでのプレーが目に留まり、1998年7月1日に自身の憧れのチームでもあったインテルに移籍した。
しかし、トップ下と言うマークの集中するポジションを担う選手としては、彼のフィジカルの脆弱さは致命的であった。選手層の厚いインテルではまともな出場機会も与えられぬまま1999年にはレッジーナ、2001年には古巣のブレシアにレンタルに出される。ブレシアではカルロ・マッツォーネ監督の下、バッジョがいることもあり中盤の底でのプレーを経験する。これが後に彼のサッカー人生を大きく変えることになる。

ミラン
2001年7月1日、インテルのライバルであるACミランに完全移籍する。しかし、トップ下にはマヌエル・ルイ・コスタがいたためファティ・テリム監督の構想外であり、出場機会はほとんどなかった。2001-02シーズン途中にカルロ・アンチェロッティが新監督に就任。アンチェロッティもトップ下にはルイ・コスタを起用し続け、試合出場を願うピルロは、通常のトップ下のポジションではなくアンカーとしての起用を直訴する。ピルロのブレシアでの経験を知っていたアンチェロッティはこれを承諾。守備主体のポジションに攻撃の要の選手を起用することは当時まだ珍しかったが、以降流行するポゼッション戦術を先取りしたコンバートとなった。トップ下ほどフィジカルの当たりが激しくない中盤の底で、クラレンス・セードルフ、ジェンナーロ・ガットゥーゾといった強力なハードワーカーや、マッシモ・アンブロジーニのような守備能力に秀でたディフェンシブミッドフィルダーといったチームメイトにも恵まれ、ピルロは攻撃の指揮を司る存在として、長短織り交ぜた正確無比なパスを供給し続けレジスタ(regista)としてのポジションを確立。今までの不振が嘘のようなパフォーマンスを披露するようになる。UEFAチャンピオンズリーグ優勝にも貢献した。そして2007年のバロンドール投票でカカ、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシに次ぐ4位の票数を獲得した。
2009年、恩師であるアンチェロッティがチェルシーFCの監督に就任したことにより、チェルシーへの移籍が噂されていたが残留した。その後は故障が相次ぎ、本来の出来には程遠い状態が続いた。
333.jpg
ユヴェントス
2011年5月18日、6月30日で満了となる契約を延長せずに10年間在籍したミランを退団する事を発表[2]。5月24日、移籍金なしの3年契約でユヴェントスFCへ移籍した。
2222.jpg
ライバルからの移籍であることや前年の不振から獲得には疑問の声が上がったが、ミラン時代を思わせるような正確無比なパスで一躍不可欠な存在となった。加入前は2年連続7位だったが、チームはアントニオ・コンテ新監督の下で快進撃を続け2002-03シーズン以来(※2005-06シーズンのタイトルはカルチョポリにより剥奪)のスクデット獲得・ならびに1991-92シーズンのミラン以来20季ぶり2チーム目となる無敗優勝に貢献した。また、この活躍によって、UEFA.comのシーズンレビューで年間最優秀選手に輝いた[4]。 2014-15シーズン、ミラン時代に不仲が噂されたマッシミリアーノ・アッレグリが監督に就任するものの、双方とも不仲を否定。W杯の疲労からか欠場や途中出場が多かったものの、随所で輝きを放ちユヴェントスの二冠とチャンピオンズリーグ準優勝に貢献した。

ニューヨーク・シティ
2015年7月6日、MLSのニューヨーク・シティFCに移籍が決定した。
【動画】

総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】
posted by よしき at 18:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

アレッサンドロ・ルカレッリ(Alessandro Lucarelli)〜パルマに残り続けるレジェンド〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はアレッサンドロ・ルカレッリ選手です。

イタリア・リヴォルノ出身のサッカー選手。セリエDのパルマ所属。ポジションはDF。

兄は元イタリア代表のクリスティアーノ・ルカレッリ。

1996年にピアチェンツァでプロデビュー。ピアチェンツァでは6年間を過ごし、下部リーグのパレルモ、フィオレンティーナなどでのプレーも経験。2004-05シーズンにはリヴォルノのセリエA残留に貢献。2005年からはレッジーナで守備陣の中核として活躍した。

2007-08シーズンはジェノアCFCのセリエA残留に貢献し、翌シーズンはパルマFCにて兄と共にセリエA昇格に貢献。パルマではキャプテンとしてチームを牽引した。

2015年3月にパルマは財政破綻しセリエDへの降格が決定したが、長らくキャプテンを務めていたルカレッリはクラブに残留することを決意。現在はイタリア4部に相当するセリエDでプレーしている。


【注目の動画】

総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【6】
ラベル:df
posted by よしき at 18:00| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする