2017年10月21日

レナト・サンチェス(Renato Júnior Luz Sanches)〜年齢詐称疑惑が出るほどブレイク!?〜ポルトガルの超新星

images.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はレナト・サンチェス選手です。

ポルトガル・リスボン出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。ポルトガル代表。ポジションはMF。「レナト・サンシェズ」と表記されることもある。父親はサントメ・プリンシペ人、母親はカーボベルデ人。

クラブ経歴
2006年に当時9歳で地元・リスボンに本拠地を置くSLベンフィカの下部組織に入団。2014年からBチームのベンフィカBでプレーしていたが、2015-16シーズンにトップチームの監督であるルイ・ヴィトーリアに見初められトップチームの練習に参加。2015年10月30日に行われたプリメイラ・リーガ第9節のトンデラ戦でトップチームデビューを果たした。
UEFAチャンピオンズリーグでの活躍から複数のクラブへの移籍が報じられていたが、2016年5月10日、バイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表された。契約期間は2021年までで移籍金は3500万ユーロ(43億円)[2]。この移籍金とは[3]最低3500万ユーロと伝えられ、FIFA(国際サッカー連盟)の年間最優秀選手受賞や代表入りなどのパフォーマンス次第で、さらに最大4500万ユーロが支払われることになる。またレナトはバイエルン・ミュンヘン史上初のポルトガル人選手となる。

代表歴

2016年3月26日に行われたブルガリアとの親善試合に74分から出場し、A代表デビューを果たした。

☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆ 



累計600万人が利用しているポイントサイト!



★タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★

貯めたポイントはAmazonギフトやiTunesギフト、

Webmoney、現金等に交換できちゃう♪



なんと、モッピーを通じて

\月間50万円以上/ 獲得している方も♪





▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト





登録が完了したら、メールが届くよ!

メール内記載のURLにアクセスしてみよう♪



あなたにオススメの広告が表示されるよ!

表示されただけでなんと、10ポイントGET♪



他にもアプリダウンロードや無料会員登録をするだけで

どんどんポイントが貯まっちゃいます!!



さらにあなたのタイプに合わせてお小遣いを貯めよう♪



▼▼▼ 遊びながらで貯めたい方必見 ▼▼▼



\完全無料/毎日見るだけ♪遊ぶだけ♪

PCでもスマートフォンでも参加OK!

タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実!



▼▼▼ ショッピングで貯めたい方必見 ▼▼▼



\ショッピングページがリニューアルOPEN/



ネットショッピングするだけでポイント貯まる♪

最大50%OFF!人気のショップも充実!

今だけ限定キャンペーンも実施中★



▼▼▼ ゲーム課金で貯めたい方必見 ▼▼▼



モッピー経由でアプリを起動して

普段通り課金するだけで課金額の3%を還元!

お気に入りのゲームで楽しみながらポイントを貯めよう!



▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト





★★ 貯めたポイントを交換しよう ★★



モッピーは1P=1円であらゆる交換先に対応!



貯めたポイントは

現金や電子マネー、ギフト券に交換できちゃうよ♪



【現金】

全ての金融機関を取り扱っています!



【電子マネー】

nanacoポイント、楽天Edy、WebMoney、WAONポイント



【ギフト券】

iTunesギフトコード、Amazonギフト券、Vプリカなどなど




▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト


UEFA EURO 2016のポルトガル代表にチーム最年少で選出されると、決勝トーナメント1回戦のクロアチア戦では途中出場ながら決勝点の起点になるなどポルトガルの勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。続く準々決勝のポーランド戦では大会で初めて先発起用されると、代表初得点となる同点ゴールを挙げPK戦でも2番手のキッカーとして成功させる活躍で、2試合続けてマン・オブ・ザ・マッチに選出された。
re.PNG
エピソード
★UEFA EURO 2016では18歳ながら堂々としてプレーしていることから話題となった。


【ユーロ2016】

グループリーグ3分け。決勝トーナメント1回戦(クロアチア戦)も90分間の戦いに限れば0−0。そしてこの準々決勝は延長PK戦だ。90分の試合では、ポルトガルは5試合連続引き分け。1勝もしていないのにベスト4に進出した。前代未聞の珍事と言える。
 要するに4試合連続大苦戦。そしてこの試合でも、ポーランドに先制点を奪われた。しかも開始2分に、である。左からカミル・グロシツキにグラウンダーで折り返され、ロベルト・レバンドフスキにインサイドできれいに決められた。
 ただ、プロセスにはちょっとした不運もあった。右サイドからポーランドのウカシュ・ピシュチェクが蹴ったサイドチェンジのボールは、ポルトガル右SBセドリック・ソアレスの前で大きくバウンド。頭上を越えてアシスト役となったグロシツキの足もとに収まったのだった。
 ポルトガルは立ち上がりから、これまでのパターンを想起させる展開に陥った。ただし、この日のポルトガルには、従来と異なる点もあった。
 決勝トーナメント1回戦、クロアチア戦の原稿でも触れた18歳のレナト・サンチェスが、スタメンから登場したことだ。これまで、2戦目のアイスランド戦を除く3試合に出場。徐々に存在感を発揮し、クロアチア戦では決勝ゴールに繋がる単独ドリブルを披露するなど、株を大幅に上げていた。




【注目の動画】


総合評価
攻撃力【9】
守備力【6】
センス【7】


posted by よしき at 00:00| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

ペペ(Képler Laveran Lima Ferreira "Pepe")〜THE 悪童〜

無題.png
こんにちわ
本日紹介する選手はペペ選手です。

ブラジル・アラゴアス州マセイオ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポルトガル代表。ポジションはディフェンダー。


【スタイル】
高いテクニックとポジショニングセンス、速さと強さを兼ね備えたフィジカルを持ち、ボールカットに優れることから「足にはさみを持っている」と言われている。特にスピードにおいてはエトーを始め多くの快速フォワードすら凌駕する。そのボール奪取能力を買われ、本職のセンターバックでなく中盤の底として起用されることもある。
その一方で、暴力行為をピッチ上で頻繁に繰り返すことが問題視されている。また、足の故障により戦列を離れることも少なくない。ただ、出場すれば高いレベルでプレー出来ることは確かである。


【「クレイジーだ」by 聖イケル・カシージャス】
2009年4月21日のヘタフェ戦で競り合った際に倒れたハビエル・カスケーロの脚と背中を蹴り、一発退場処分を受ける。
同僚のイケル・カシージャスからも「クレイジーだ」と批判されたこのプレーで、ペペは10試合の出場停止処分を科された。これにより、シーズンの残り6試合に加え、翌シーズンの最初の4試合も出場できないこととなった。
処分後、ペペは「なぜあんなことをやったのか覚えていない。今は人生で最もつらい時期だ。必要があれば引退も考えている」と語った。

【余談】
尊敬するディフェンダーはフェルナンド・イエロ、アントニオ・カルロス、リカルド・ゴメス。
スパイクも買う余裕のないほど貧しい家庭に育つが、彼が14歳の頃父親にアンブロの「スペシアーリ」を買ってもらって以来、今に至るまでずっと履き続けている。本人曰く、「今でも新品を手にすると、親父に初めて買ってもらった時のようにワクワクする」とのことで、「これからも絶対に手放せない」と語っている。


総合評価
攻撃力【6】
守備力【9】
センス【7】
posted by よしき at 09:00| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ルベン・ネヴェス(Rúben Neves)〜ポルトガルの超新星〜

imagesSTRKYNOZ.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はルベン・ネヴェス選手です。

【基本データ】
名前: Rúben Neves
国籍: ポルトガル
ポジション: MF
身長: 180 cm
生年月日: 1997年3月13日 (18歳)
所属: ポルト(ポルトガル)
背番号: 6

【動画】


【スタイル】
驚異的な視野の広さと長短を使い分けた正確なパスで中盤のかじ取り役を担い、
ゲームを組み立てていくポルトの司令塔となる選手。
味方の選手を一つ飛ばした先まで見えていて、なおかつそこにピンポイントで
パスを出せる技術はピルロやシャビアロンソを彷彿させる。
その判断力も非常に早く、ボールを受けトラップしたと同時にはもう蹴るモーションに
入っているため、チーム全体の攻撃への移りが早く効率の良い攻めができる。

またポルトでは途中からではありますが、史上最年少でのキャプテンも任されるといったチームからも信頼が厚く話題となっていた。

総合評価
攻撃力【6】
守備力【6】
センス【8】
posted by よしき at 12:00| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミゲル・ヴェローゾ(Miguel Luís Pinto Veloso)〜両利きイケメンレジスタ〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はミゲル・ヴェローゾ選手です。

ポルトガル・コインブラ出身の同国代表サッカー選手。ウクライナ・プレミアリーグのFCディナモ・キエフ所属。ポジションはミッドフィールダーとディフェンダー。

【イケメンエピソード】
美形であり「ポルトガルファッション」という2007年10月に行われたファッション・ショーに同国のデザイナー、ファティマ・ロペスのショー「ファティマ・ロペス・メン」にファッションモデルとして出演した。また11月には彼女が経営する芸能事務所「FACE MODELS」の新設されたスポーツ選手のマネージメント部門「FACE SPORTS」のイメージキャラクターとして起用されている。しかし彼のサッカー以外のこのような行動には、まだ実績もろくにないのにベッカムみたいになりたいのかという批判も出ていた。その行動に当時のポルトガル代表監督ルイス・フェリペ・スコラーリはイタリアとの親善試合の前に「サッカー以外のものに気を取られている者はポジションを失うこととなる」と名前を挙げずに警告し、実際2008年2月6日のイタリア戦に彼は実際に代表に招集されなかった影響か、それ以降はこのような活動は行っておらず監督が変わっても代表で定着している。
images5GN93782.jpg
【私生活】
父のアントニオ・ヴェローゾ(1957年1月31日 - )は、元ポルトガル代表でSLベンフィカの主将を務めていたディフェンダーだった。
アントニオの婚外子でありミゲルの1歳下の異母弟ルイス・ヴェローゾもアマチュアのサッカー選手だった。2011年にアントニオ達が離婚する前の15年間はルイスは父親から軽蔑されていたと報じているメディアもある。
2013年5月27日に以前所属していたジェノアCFCの会長エンリコ・プレツィオージの娘のパオラ・プレツィオージと結婚した。




【動画】






総合評価
攻撃力【7】
守備力【4】
センス【8】
posted by よしき at 06:00| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

ファビオ・コエントラン(Fábio Alexandre da Silva Coentrão)〜イケメンイレブンの超常連〜

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はファビオ・コエントラン選手です。

ポルトガル・ヴィラ・ド・コンデ出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・ASモナコ所属。ポジションはディフェンダー、フォワード。


【来歴】
リオ・アヴェ
2004年、16歳の時に地元のリオ・アヴェFCの下部組織に入団し、2005年にトップチームに昇格した。2005-06シーズンのクラブは低迷してリーガ・デ・オンラ(2部)降格となったが、2006-07シーズンにレギュラーの座を掴んだ。チームはあと一歩のところでプリメイラ・リーガ(1部)昇格を逃したが、タッサ・デ・ポルトガルでは快進撃を続け、スポルティング・リスボン戦(2-1)では30mの距離からのミドルシュートを決めた。シーズン終了後にはリーガ・デ・オンラのブレイクスルー・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、スポルティングやSLベンフィカを含む多くのクラブがコエントラン獲得に興味を示した。

ベンフィカ
2007年7月、SLベンフィカに移籍した。2007-08シーズン前半戦はわずかな出場機会しか与えられず、2008年1月1日にマデイラ諸島のCDナシオナルに半年間の契約でレンタル移籍した。5月3日のFCポルト戦(3-0)では2得点し、既にリーグ優勝を決めていたFCポルトから金星を挙げた。2008年夏にはオランダのフェイエノールトにレンタル移籍する寸前であったが、最終的にはスペインのサラゴサにレンタル移籍した[3]。2部に降格したばかりのサラゴサでもほとんど出場機会を得られず、2009年1月には古巣リオ・アヴェFCにレンタル移籍した。2月15日のFCポルト戦では独力での突破から得点したが、試合には1-3で敗れた。
2009年夏にベンフィカに復帰し、12月2日のUEFAヨーロッパリーグ・BATEボリソフ戦(2-1)では欧州カップ戦初得点を挙げた。2009-10シーズンは左サイドバックとして出場することが多く、公式戦通算43試合(2851分)に出場して飛躍的な成長を遂げたシーズンとなった。プリメイラ・リーガとタッサ・ダ・リーガの2冠を獲得し、個人的にはリーグのブレイクスルー・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー(Breakthrough Player of the Year)を受賞した[5]。2010年9月27日、クラブとの契約を2016年まで延長した。10月2日のUEFAチャンピオンズリーグ・リヨン戦(4-3)では、ベンフィカ復帰後初の1試合2得点を達成した。

レアル・マドリード
2011年7月5日、レアル・マドリードと6年契約を結んだ。移籍金は3000万ユーロ。この契約とは関係なく、エセキエル・ガライがSLベンフィカに移籍した。7月16日、ロサンゼルス・ギャラクシーとのプレシーズンマッチでデビューし、カリム・ベンゼマの得点をアシストしてマン・オブ・ザ・マッチに選出された。スーペルコパ・デ・エスパーニャのFCバルセロナ戦ファーストレグが公式戦デビュー戦となり、2-2と拮抗していた後半途中にサミ・ケディラとの交代で途中出場した。この試合はセンターハーフとして出場したが、セカンドレグは左サイドバックとして先発出場した。8月28日、古巣レアル・サラゴサ戦でリーグデビューし、センターハーフとしてフル出場した。

【代表】
世代別ポルトガル代表の常連であり、2007年にU-20ポルトガル代表として出場したマデイラ・カップ(Madeira Cup)では得点王とMVPに輝いた。同年にはFIFA U-20ワールドカップにも出場し、U-21ポルトガル代表デビューも果たした。
2009-10シーズン序盤はクラブで先発出場することは稀だったが、出場した試合では安定したプレーを見せたため、2009年11月に初めてポルトガル代表に選出された。11月14日にエスタディオ・ダ・ルスで行われた2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のボスニア・ヘルツェゴビナ戦でデビューし、後半から出場してデビュー戦を1-0の勝利で飾った。カルロス・ケイロス監督によって2010 FIFAワールドカップ出場メンバーにも選ばれ、セルジオ・ドゥダなどを差し置いて左サイドバックの定位置をつかむと、決勝トーナメント1回戦で敗退するまで全試合に出場した。
2011年8月10日のルクセンブルクとの親善試合で代表初得点を挙げた。

【動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】
posted by よしき at 18:00| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。