2017年02月06日

ヤルモレンコ(Andriy Mykolaiovich Yarmolenko)〜シェフチェンコ2世〜

images.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はヤルモレンコ選手です。

ソビエト連邦 (現ロシア) サンクトペテルブルク出身のサッカー選手。FCディナモ・キエフ所属。ポジションはFW、MF。

【経歴】
ウクライナのFCデスナ・チェルニヒウでキャリアをスタートさせ、2006年にトップチームに昇格。
2007年1月にウクライナの名門FCディナモ・キエフへ移籍した。1年目はリザーブチームのディナモ-2 キエフでプレーし、2008年からトップチームに昇格し、5月11日にFCヴォルスクラ・ポルタヴァ戦でウクライナ・プレミア・ディビジョンデビューを果たした。
2009年7月18日に行われたFCチョルノモレツ・オデッサ戦で初ゴールを決めた。9月15日、ロシアのFCルビン・カザン戦でUEFAチャンピオンズリーグ初出場を果たした。

【代表歴】
ウクライナ代表としては2009年9月5日、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のアンドラ戦で初キャップを踏み、その試合で代表初ゴールを決めた。
2014年11月15日のUEFA EURO 2016予選、ルクセンブルク戦ではハットトリックを達成した。

【動画】





総合評価
攻撃力【6】
守備力【6】
センス【7】
posted by よしき at 20:00| Comment(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

アンドレイ・ヴォロニン(Андрій Воронін)〜 元ウクライナ代表の名手〜※FIFA21 使用感

無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はヴォロニン選手です。

ウクライナ代表ではアンドレイ・シェフチェンコの良き相方として活躍していた。長めのポニーテールがトレードマーク。姓は「烏」を意味する「ヴォローナ」から生まれた名前であるが、このことから逆にヴォロニンは「ヴォローナ」の愛称で呼ばれる。

【経歴】
FCチョルノモレツ・オデッサのユースに所属していたヴォロニンは、1995年にブンデスリーガ、ボルシア・メンヒェングラートバッハへと移籍し、1997年のバイエルン・ミュンヘン戦でデビューを果たす。しかし、そこでも出場のほとんどがユースチームであり、トップチームでの出場は5年間で一桁しかなく、1得点のみしか奪えなかった。その後、当時ドイツ2部リーグに所属していた1.FSVマインツ05へと活躍の場を移す。そこでストライカーとしての才能を発揮し、3年目で20ゴールを挙げ得点王に輝く。また、2002年1月にはウクライナ代表にも呼ばれ、3月のルーマニア代表との親善試合で代表デビューも果たした。VfBシュトゥットガルトやボローニャFCなどのクラブがヴォロニンの代理人に接触し、マインツも契約延長の交渉をした。しかし、マインツは同年ドイツ1部に昇格することができず、結局ヴォロニンは1.FCケルンへと移籍する。そこで1年間プレーした後、バイエル・レヴァークーゼンへと移った。

レヴァークーゼンは、ケルン時代からヴォロニンに興味を示しており、ケルンと対戦し、1ゴール1アシストをしたヴォロニンに「ケルンで本当に素晴らしい唯一の選手」(the only true good footballer at Köln) と評した。また、『ビルト』紙に「ケルンの唯一のストライカーは、レバークーゼンの全てのスターよりも危険だ」と書かれた(この試合結果は2-2でドロー)。また、ワールドカップ ドイツ大会では初のベスト8進出を果たす。2006-07シーズンの終わりにレバークーゼンから契約延長のオファーを断ったヴォロニンには、フランス、スペイン、イタリア、スコットランドからオファーが届いた。

2007年2月26日、リヴァプールFCはフリーでヴォロニンを4年契約で獲得し、夏にチームに加わることを発表した。8月11日のアストン・ヴィラFC戦で78分から出場し、リヴァプールデビューした。そして、15日のUEFAチャンピオンズリーグトゥールーズFC戦でリヴァプール初ゴールを挙げる。そして、25日に行われたサンダーランドAFC戦でプレミア初ゴールを決めた。しかし、2008年1月25日にトレーニング中に足首を怪我してしまう。そして、レンタルでヘルタ・ベルリンへと1年間の移籍に合意した。ベルリンではまずまずの成績を残し、2009-10シーズンにリヴァプールに復帰、しかしながら出場機会は少なく、2010年1月にFCディナモ・モスクワへの移籍が合意に至っていることが発表された。
2015年2月、怪我のため現役引退を表明した。

【動画】



総合評価
攻撃力【7】
守備力【4】
センス【6】
posted by よしき at 08:00| Comment(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする