2017年10月20日

ウィルソン・パラシオス(Wilson Roberto Palacios Suazo)〜5人兄弟の三男。〜※FIFA20 使用感



a.png
こんにちわ

本日紹介する選手はウィルソン・パラシオス選手です。

5人兄弟の三男。一番下の弟以外はサッカー選手である。一番上の兄はミルトン・パラシオス、一番年が近い兄はジェリー・パラシオス、一番年が近い弟はジョニー・パラシオス。いずれも、ホンジュラス代表歴がある。ミルトンは2003 CONCACAFゴールドカップに出場、ジョニーは2009 CONCACAFゴールドカップに出場歴がある(ちなみにウィルソンは2005 CONCACAFゴールドカップ、2007 CONCACAFゴールドカップの出場歴がある)。
パラシオスの弟エドウィンは2007年10月に両親が住む実家から誘拐され、家族は誘拐犯に約20万ドル(約2000万円)の身代金を払ったが、エドウィンは解放されず、2009年5月に殺害されていたことが明らかになった。

2007年8月31日、イングランドのバーミンガム・シティへ6ヶ月契約でレンタル移籍し、9月22日にアンフィールドでのリヴァプールFC戦でデビューした。

2008年1月11日、移籍金なしでウィガン・アスレティックに移籍した。翌日のダービー・カウンティFC戦でデビューし、その活躍はマンチェスター・ユナイテッドFC、リヴァプールFC、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリードCFなどのビッグクラブから興味を示されるほどだった。
aaa.png
一時はニューカッスル・ユナイテッドへの移籍が内定していたが、2009年1月21日にトッテナム・ホットスパーFCへ移籍した。移籍金は1200万ポンド、契約期間は5年半であった。1月31日のボルトン・ワンダラーズFC戦でデビューし、彼のシュートのこぼれ球をダレン・ベントが決めて2点目に貢献した[4]。2戦目のアーセナルとのダービーマッチではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せた。8月19日のハル・シティAFC戦ではロビー・キーンがスルーしたボールをシュートし、移籍後初ゴールを決めた。得点後には天に向かって指を指し、同年5月に亡くなった弟(後述)に祈りを捧げた。

2011年8月31日にピーター・クラウチとともにストーク・シティFCへ4年契約で完全移籍。



【注目の動画】





総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【6】
posted by よしき at 12:00| Comment(0) | ホンジュラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする