2020年05月13日

ロベルト・レヴァンドフスキ(Robert Lewandowski)〜フェノメノ〜※FIFA21 使用感

c.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はロベルト・レヴァンドフスキ選手です。

ポーランドのフットボールの第3、第2層でトップスコアを獲得した後、彼は2009年のEkstraklasaで優勝したLechPoznańに移り、リーグでトップスコアを獲得しました。 2010年にはボルシア・ドルトムントに移籍し、450万ユーロの報奨金を獲得し、2年連続のブンデスリーガタイトルを含む優勝を果たしました。 2014-15シーズンの開始前に、ライバルのバイエルンミュンヘンに移り、最初の2試合でブンデスリーガを獲得しました。彼はドイツのトップ部門であるブンデスリーガで100ゴールを超え、他のどの外国人プレーヤーよりも速く世紀に達した。
2008年以来のポーランドの完全な国際戦であるレワンドウスキーは、80ユーロ以上を獲得し、ユーロ2012とユーロ2016でチームメンバーになっています.42ゴールで、彼は常にトップスコアを獲得しています。 2015年9月22日、バイエルンミュンヘンでプレーしている間、Lewandowskiは9分でWolfsburgに対して5ゴールを決め、記録が保持されて以来、主要欧州サッカーリーグで最速となった。

初期のキャリア
Lewandowskiはワルシャワで彼のキャリアを始めました。彼は7年間プレイしていました。翌年、彼はデルタ・ワルシャワに移籍し、最終的に第1チームでプレーし、4ゴールを決めました。
2006-07年、ルワンダフスキーは、ポーランドの第3部門のトップゴールスコアラーで、15ゴールを挙げて、ZniczPruszkówの勝利を助けました。[6]次のシーズンは、21ゴールでポーランドの第2部門のトップスコアラーだった[6]。
レッチポズナン

LewandowskiはLechPoznańのためにプレーし、18ゴールを挙げた2009-10 Ekstraklasaの得点者だった。
2008年6月、LechPoznańは、150万のzłotysのためにZniczからLewandowskiに署名した[4] [7]その月の初め、レワンドウスキーの代理人Cezary Kucharskiは、10年後にスペインのトップリーグに昇格したSportingGijónの元チームに彼を迎え入れた。しかし、スポーツは彼を拒否した。
彼はアゼルバイジャンのKhazar Lenkoran対UEFA Cup第1戦の予選での代理として2008年7月にレックにデビューした。その試合では、彼は試合の唯一のゴールを決めた。 GKSBełchatówとの試合でEskstraklasaデビューの間、彼は後半にゲームに入ってからちょうど4分後にヒールフリックのゴールを決めた。ポーランドのトップ部門での彼の最初のシーズンでは、彼はゴールスコアチャートで2位でした。次のシーズン、彼は18得点でトップスコアラーになり、彼のチームが2009-10選手権に勝利するのを助けました。
ボルシア・ドルトムント
d.jpg
2010-11シーズン
プレスリリースによると、ルワンダキーはいくつかのクラブの1つに移籍する可能性がある[9] [10]。2010年6月にはブンデスリーガ・クラブ・ボルシア・ドルトムントに入社し、ドイツクラブとの4年間契約を結んだ[11]約4.5百万ユーロである[12] 9月19日に、ブンデスリーガでの彼の最初のゴールを決め、シャルケ04に対するRevierderbyに3-0とした。試合は3-1で終了した[13]
2011-12シーズン

Lewandowskiは2012年にBussesleigaとDFB-PokalダブルをBorussia Dortmundと獲得することを祝う
2011-12ブンデスリーガキャンペーンでは、ルワンダ・バリオスの負傷から利益を得たルワンダフスキは、冬季休憩まで、スタートXIの現在のポジションに昇格した。このストライカーは、ドルトムントのSVサンドハウゼンに対する3-0 DFB-Pokal第1ラウンドの勝利でネットを2回見つけることで対応した[14]。 Lewandowskiは2011年8月20日にFCNürnbergに2-0で勝利し、MarioGötzeのクロスからフィニッシュタッチを与えてリーグアカウントを開設した。 10月1日、LewandowskiはFC Augsburgに対する4-0の勝利でアシストを行い、オリンピック・マルセイユへのチャンピオンズリーグのグループステージでの3-0の敗退を受け、ハットトリックを獲得した[17]。ドルトムントはブンデスリーガで2位に浮上し、FCKölnは10月22日に5-0で快勝し、Lewandowskiはハーフタイムのどちらかのネットを見つけた。[18]ドルトムントは12月17日にSCフライブルクを訪れ、ルワンダフスキーは2度ストライクし、ドルトムントが4-1で勝利を収めたのでケビン・グロスクルツにアシストを与えた。彼の強いパフォーマンスのために、彼はポーランドで今年の最優秀選手に選ばれた[。

2012年1月22日の冬の休憩に続き、ドルトムントはハンブルガーSV 5-1を制し、バイエルン・ミュンヘンの指導者とポイントを合わせました。 Lewandowskiは二度網を張り、敗走でJakubBłaszczykowskiのための支援を加えた[21]。彼は4月11日にバイエルンミュンヘンに1-0で勝利し、試合の唯一のゴールを決めた[22]。その結果、ドルトムントはタイトルを獲得したライバルに6ポイントのクッションを与え、残り4試合しか残らなかった[23]。 4月21日、ルワンダフスキーは、ドルトムントがボルシア・メンヒェングラットバッハを2-0で下し、加賀真治の59分目のゴールをアシストした。最後のブンデスリーガの試合では、ドルトムントがフライブルクを4-0で下し、タイトルを持ち上げることを祝い、レワンドスキーが前半のゴールを2得点した。
Lewandowskiは22得点で第3位のゴールを記録し、ペナルティポイントはなく、6アシストとなった。
ドルトムントのシーズン最終戦では、バイエルンミュンヘンを5-2で下し、DFB-Pokal Finalでハットトリックを達成し、クラブ初のリーグとカップダブルを獲得した[27]。[28] LewandowskiはDFB-Pokalのトップゴール候補として6試合から7ゴールを達成した。[29]
2012-13シーズン
e.jpg
2012年にドルトムントがレインドフスキとサインを結ぶ
ルワンダフスキーは、ブンデスリーガの初戦でドルトムントがブレーメンを2-1で下し、シーズン開幕日に初勝利を挙げた。[30] 2012年9月15日にバイエル・レバークーゼンに3-0で勝利し、ドルトムントの31試合連続無失点に成功し、クラブをブンデスリーガで3位に進出させた。 3日後、クラブのチャンピオンズリーグでのシーズン初戦で、LewandowskiはAjaxを1-0で下して87分に輝いた。彼は1964-65シーズンのフリードヘルム・コニエツカの記録を上回って、12連勝で最高得点を記録したクラブの新記録を樹立した[33]。 2013年2月9日、ルワンダフスキーはホームで得点しました





【注目の動画】


総合評価
攻撃力【10】
守備力【8】
センス【8】
posted by よしき at 23:00| ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

グジェゴシュ・クリホビアク(Grzegorz Krychowiak)〜EURO2016では10番を背負う〜※FIFA20 使用感

1.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手はクリホビアク選手です。

ポーランド・グリフィツェ出身のサッカー選手。リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはミッドフィールダー。


クラブ
1990年にポーランドのグリフィツェで生まれ、兄の影響でサッカーを始めた。地元の多数のクラブで育ったが、フランスでサッカー教育を修了。2008-12年はボルドーに在籍していた。ボルドーでのリーグ戦出場は2試合にとどまったが、ランスとナントへの期限付き移籍中に評価を高める。クリホビアクはフランスについて「プロサッカーを始めたのも、勉強を終えたのも、フィアンセのセリアと出会ったのもフランスで、リーグ1でプレーした。ランスでは3部からリーグ1まで駆け上がったよ。ズラタン・イブラヒモビッチのいるPSGを破ったり、最高の思い出をつくれたね。僕の最大の夢の1つは、代表チームと一緒にEURO 2016で戦うためにフランスへ戻ることなんだ」と語った。フランスで“配管工”や“木こり”の愛称を持ち、泥臭い仕事を率先して遂行。中盤でフィジカルを武器に存在感を示す。




2012年にランスと長期契約を結んだが、2014年夏に推定450万ユーロ(約6億円)の移籍金でセビージャに入った。クリホビアクは入団時に次のように語っている。「2年前は、スペインでプレーすることになるなんて考えもしなかったよ。ドイツかイングランドの方が現実的に思えたけど、ここセビージャへやって来た。サッカーを呼吸しているかのような驚異的なクラブと街だ」。レアル・マドリーCFに0-2で敗れたUEFAスーパーカップでセビージャの選手としてデビュー。
2016年7月3日、セビージャで師事を受けたウナイ・エメリの後を追いパリ・サンジェルマンFCへ移籍することが発表された。契約期間は2021年までの5年間となっている。


【注目の動画】

2.jpg


総合評価
攻撃力【5】
守備力【3】
センス【7】
Grzegorz Krychowiak ([ˈɡʐɛɡɔʐ krɨˈxɔvʲak]; born 29 January 1990) is a Polish professional footballer who plays for French Ligue 1 club Paris Saint-Germain as a defensive midfielder.
Beginning his senior career in France with Bordeaux, he later played for Reims, before joining Sevilla for €3.5 million in 2014, winning the UEFA Europa League in both of his two seasons at the club.
Krychowiak has earned over 41 caps for the Poland national football team since his international debut in 2008, and represented the nation at UEFA Euro 2016.

Club career[edit]
Early career[edit]
Although initially not a big fan of football, Krychowiak became involved in the sport at his brother's insistence and left home at the age of 12 to join a sports academy.[1]
France[edit]
On 26 November 2009, Krychowiak joined Championnat National side Stade de Reims on loan until the end of the season.[2] He quickly became a regular in the starting eleven and scored two goals to help the club win promotion to Ligue 2. Reims and Bordeaux agreed to extend the loan for another season. Krychowiak was a regular starter as the club finished 10th in its return to Ligue 2 and was voted by fans as the team's player of the season.[3] Although Krychowiak usually plays as a defensive midfielder, on rare occasions he has also appeared in central defense. On 17 November 2011 he joined Nantes on loan until the end of the season.[4]
In June 2012, Krychowiak signed a three-year contract with Stade de Reims, which was newly promoted to Ligue 1.[5]
Sevilla[edit]

Krychowiak playing for Sevilla in 2015.
In July 2014, Krychowiak joined La Liga side Sevilla for €4.5 million to play as a defensive midfielder.[6] He made his competitive debut on 12 August in the 2014 UEFA Super Cup at the Cardiff City Stadium, playing the full 90 minutes of a 2–0 defeat to Real Madrid.[7]
On 27 May 2015, Krychowiak started for Sevilla in the 2015 UEFA Europa League Final in Poland's National Stadium in Warsaw. He scored the team's equalising goal in the 28th minute of an eventual 3–2 win over Dnipro, becoming the fourth Polish player to win the competition.[8] He was the only Sevilla player named in the La Liga Team of the Season.[9]
On 11 August 2015, Krychowiak started the season for Sevilla in the 2015 UEFA Super Cup 5–4 loss against Barcelona, and suffered a broken rib but still played the full 120 minutes.[10]
Paris Saint–Germain[edit]
Wikinews has related news: Paris SG to strengthen defence; signs Krychowiak and Meunier
On 3 July 2016, Krychowiak returned to France, signing a five-year deal with champions Paris Saint-Germain for an undisclosed fee.[11]
International career[edit]
Krychowiak represented Poland under-20s at the 2007 FIFA U-20 World Cup and scored a free kick against Brazil, the only goal of the match. He was the youngest outfield player named to the Polish U20 squad. He made his first appearance for the senior Polish national team in a friendly against Serbia on 14 December 2008. Since the game was not on an official FIFA date, the teams were mostly composed of players from the domestic leagues, as well as a few reserve players, however, it was counted as an official match.[12][13]
On 14 November 2014, Krychowiak scored his first international goal, Poland's second in a 4–0 UEFA Euro 2016 qualifying win in Georgia.[14] His second goal came in Poland's final qualifying match against Ireland, where he opened the scoring in a 2-1 victory which made Poland qualify for Euro 2016. In Poland's opening game against Northern Ireland, he was voted man of the match. This was Poland's first ever win at a European Championship. He scored the final spot kick in a 5-4 penalty shootout win over Switzerland in the round of 16. He played every minute of Poland's historic Euro 2016 campaign, which ended in the quarter-finals losing to Portugal 3-5 in a penalty shootout.
posted by よしき at 09:08| Comment(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする