2020年05月17日

【採点】ドルトムント×シャルケ04【寸評】※再開 5/16

ドルト シャルケ.PNG

10点満点。平均は5〜7点。



ドルトムント

▽GK
ロマン・ビュルキ【6】
前半の我慢する時間帯を耐えしのぐ。

▽DF
ウカシュ・ピシュチェク【6】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官

マッツ・フンメルス【6】
負傷明けも安定。今季もリーグ屈指2CB。 

マヌエル・アカンジ【6】
守備でも粘り強く最少失点に抑え、チームを引っ張る姿を見せる。

▽MF
エムレ・ジャン【7】
チームのリスク管理と守備を修正。

アクセル・ヴィツェル【8】
球際を激しく戦う姿は見せたが、攻撃にパワーを使えなかった。

アクラフ・ハキミ【7】
精度の高さで、推進力を生み出したかった

ラファエウ・ゲレイロ【5】
力強いドリブルでぐんぐん進む。球際の強さ、素早い攻守の切り替えも◎

トルガン・アザール【6】
ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。

ジェイドン・サンチョ【8】
苦しい時間を打開するアイデアあったが、変えきれなかった。

▽FW
アーリング=ブラウト・ハーランド【9】
スイッチが入った時の突破力◎。全得点に絡む。



シャルケ04

▽GK
マルクスシューベルト【7】
失点シーンは相手がうまかった。ビックセーブで何度もチームを救った。

▽DF
ジャン=クレールトディボ【4】
ワンテンポ遅れるシーンもあったがまだ初戦  

ティモ ベッカー【4】
万全でない時も計算立つ。より個性的に  

マティヤナスタシッチ【4】
警告はらしくなかったが、切り替え早い。重厚感

▽MF
バスティアン・オツィプカ【6】
今季も変わらず神出鬼没。目で追うと楽しい   

ウェストン・マッケニー【8】
クロスから味方のシュートへつなげるなど、好機も作ったが試合の流れは変えられず。

アレッサンドロ・シェプフ【6】
停滞していた流れが、交代で攻撃陣が一気に活性化

ジョンジョー・ケニー【7】
ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。

ラバイ マトンド【7】
前半は耐え、最後の15分でギアを上げられる余裕あり。

ベニト・ラマン【7】
スルーパスがキラリ。違った味を欲する時に。  

▽FW
ギド・ブルクシュターラー【6】
スピードを生かし裏へ抜けだすまでは良いが、パス、シュートの精度が悪い。

ラベル:寸評
posted by よしき at 13:00| 採点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【採点】ライプツィヒ ×フライブルク【寸評】※再開 5/16

キャプチャ.PNG

10点満点。平均は5〜7点。

ライプツィヒ


▽GK
ペテル・グラーチ【5】
ゴールキックの妨害、CKの守備時に窮屈な動きを強いられるも最少失点で粘った


▽DF
ルーカス・クロスターマン【7】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官

ダヨ・ウパメカノ【4】
最後方からドリブルで1人かわし、ロングパスもハイレベル

マルセル・ハルステンベルク【7】
負傷明けも安定。今季もリーグ屈指のCB  

▽MF
コンラート・ライマー【7】
球際を激しく戦う姿は見せたが、攻撃にパワーを使えなかった。

ノルディ・ムキエレ【8】
バランス見ながらリズムを作る

クリストファー・ヌクンク【7】
甘いマークで先制点献上も、同点ゴールを巧みにアシスト

マルセル・ザビツァー【5】
力強いドリブルでぐんぐん進む。球際の強さ、素早い攻守の切り替えも◎

アンヘリーニョ【8】
自慢のスピードを生かし、カウンターからの一撃を狙ったがゴールになかなか迫れなかった。

▽FW
パトリック・シック【7】
クロスから味方のシュートへつなげるなど、好機も作ったが試合の流れは変えられず。

ティモ・ヴェルナー【10】
スイッチが入った時の突破力◎。全得点に絡む。MOM






フライブルク



シュボロウ【6】
失点シーンは相手がうまかった。ビックセーブで何度もチームを救った。

ラインハルト【7】
今まで何度となく助けられたが、あれはダメ 

コッホ【7】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官


ハインツ【8】
守備でも粘り強く最少失点に抑え、チームを引っ張る姿を見せた。


シュミット【4】
オーバーラップの出足が悪く、ここぞで5m後ろにいた。キック精度は前評判通り

ハベラー【7】
佇まいと身のこなしが円熟。+10歳の安心感 


ヘフラー【3】
精度の高さで、推進力を生み出したかった


ギュンター【8】
ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。

バルトシュミット【7】
アクセントをつける動き。両足で蹴れる器用さも新発見。

グリフォ【7】
足をつるまで終盤まで激走。決定的なクロスを上げられるなど、守備に苦戦を強いられた

ペーターゼン【7】
最終ラインに入るビルドアップ、サイドチェンジ多用の新境地はまだまだ改善の余地


posted by よしき at 01:00| 採点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【採点】デュッセルドルフ×パダーボルン【寸評】※再開 5/16

10点満点。平均は5〜7点。


デュッセルドルフ


ヴァロン・ベリシャ【4】
体を張った守りで猛攻に耐えた。

ケビン・シュテーガー【7】
力強いドリブルでぐんぐん進む。球際の強さ、素早い攻守の切り替えも◎

アダム・ボジェク【6】
球際を激しく戦う姿は見せたが、攻撃にパワーを使えなかった。

ニコ・ギーセルマン【8】
精度の高さで、推進力を生み出したかった

マルクス・ズットナー【6】
ワンテンポ遅れるシーンもあったがまだ初戦   

マティアス・ツィンマーマン【6】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官

アンドレ・ホフマン【7】
失点シーンは防げずも、以後は安定

カーン・アイハン【8】
警告はらしくなかったが、切り替え早い。重厚感

ケナン・カラマン【4】
試合を通して気迫あふれる対人守備で左サイドの守りに安定をもたらした。

フロリアン・カステンマイアー【8】
前半の我慢する時間帯を耐えしのぐ







パダーボルン


ヤニク・フート【3】
失点シーンは相手がうまかった。ビックセーブで何度もチームを救った。

ウヴェ・ヒュネマイアー【5】
右サイドから良いクロスを供給。後半のシュートは枠に飛ばしたかった。

クリスティアン・シュトローディエク【8】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官

ジャミール・コリンズ【8】
今季も変わらず神出鬼没。目で追うと楽しい   

クラウス・ギアスラ【7】
万全でない時も計算立つ。より個性的に  

クリストファー・アントヴィ・アドイェイ【6】
チームのリスク管理と守備を修正。

セバスティアン・ヴァシリアディス【8】
苦しい時間を打開するアイデアあったが、変えきれなかった

FW
カイ・プリョーガー【5】
スルーパスがキラリ。違った味を欲する時に  

スヴェン・ミシェル【5】
佇まいと身のこなしが円熟。+10歳の安心感 

モハメド・ドラガー【8】
チャンスをものに出来ず、次戦に期待

ストレリ・マンバ【5】ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。
posted by よしき at 01:00| 採点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

【採点】フランクフルト ×ボルシアMG【寸評】※再開 5/16

10点満点。平均は5〜7点。
キャプチャ.PNG

フランクフルト


トラップ【6】
意思疎通を図らなければ違反となる飛び出し   

ヒンターエッガー【4】
カウンター対応は及第点も、後半にエリア内で不用意な守備は減点

長谷部【7】
試合を通して気迫あふれる対人守備で左サイドの守りに安定をもたらした。

ヌディカ【8】
負傷明けも安定。今季もリーグ屈指のCB 

ドゥルム【4】
精度の高さで、推進力を生み出したかった

フェルナンデス【5】
ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。

コール【6】
なかなか両立できない「前を向く力」と「正確な止める蹴る」を持ち合わせる。あとは怖い選手になれるかどうか

コスティッチ【6】
停滞していた流れが、交代で攻撃陣が一気に活性化

鎌田【6】
決定機で仕事出来ず。ポストプレーも不発、成功してもなぜか右への展開ばかり。本領発揮に期待

シウバ【9】
スイッチが入った時の突破力◎。全得点に絡む。MOM

パシエンシア【6】
好機呼び込むスルー職人! 高い打点のヘッドも力強かった


ボルシアMG


ゾマー【7】
前半の我慢する時間帯を耐えしのぐ

ヤンチュケ【2】
ミスを恐れず果敢にチャレンジ。「及第点」と指揮官

エルベディ【5】
CBの中央で体張って守備。先制点献上の際は一瞬マークが遅れ、クロスを折り返された.

ベンセバイニ【6】
CBの中央で体張って守備。先制点献上の際は一瞬マークが遅れ、クロスを折り返された

ベント【3】
足をつるまで終盤まで激走。決定的なクロスを上げられるなど、守備に苦戦を強いられた

クラマー【6】
ロングパスはお見事。ポジショニング、ボール奪取が際立った

ベーネス【6】
相手ゴールキックの的にされ苦戦も、左クロスで好機作った

ザカリア【7】
最終ラインに下がりながら攻撃を組み立てたが、縦パスなど怖さがなかった

ヘアマン【6】
カバーリング、ファウル誘発プレー、セットプレーの出し入れも効いた

プレア【7】
スピードを生かし裏へ抜けだすまでは良いが、パス、シュートの精度が悪い。

テュラム【6】
終盤もプレスかけまくる走力はチームNO1
posted by よしき at 08:27| 採点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】21:30 第32節 レスター・シティVSサウザンプトン 【寸評】【採点】【評価】【動画】〜2016年4月3日(日)〜


レスターのメンバーはこちら

監督 - クラウディオ・ラニエリ 1951/10/20 - イタリア 0 0 0 0 0/0
GK 1 カスパー・シュマイケル 1986/11/05 181/78 デンマーク 31 31 2954 0 2/0
GK 12 ベン・ハマー 1987/11/20 193/78 イングランド 0 0 0 0 0/0
GK 32 マーク・シュウォーツァー 1972/10/06 194/90 オーストラリア 0 0 0 0 0/0
GK 41 ジョナサン・マディソン 1994/09/04 187/76 イングランド 0 0 0 0 0/0
DF 5 ウェス・モーガン 1984/01/21 185/94 ジャマイカ 31 31 2954 0 2/0
DF 6 ロベルト・フート 1984/08/18 191/88 ドイツ 30 30 2859 3 7/0
DF 17 ダニー・シンプソン 1987/01/04 173/74 イングランド 23 23 2118 0 6/1
DF 18 リアム・ムーア 1993/01/31 186/86 イングランド 0 0 0 0 0/0
DF 27 マルチン・ヴァシリェフスキ 1980/06/09 186/88 ポーランド 2 1 133 0 2/0
DF 30 ベンジャミン・チルウェル 1996/12/21 178/76 イングランド 0 0 0 0 0/0
MF 4 ダニー・ドリンクウォーター 1990/03/05 175/74 イングランド 29 29 2624 1 2/0
MF 8 マシュー・ジェームズ 1991/07/22 183/76 イングランド 0 0 0 0 0/0
MF 10 アンディ・キング 1988/10/29 183/74 ウェールズ 21 7 1015 1 2/0
MF 11 マーク・アルブライトン 1989/11/18 175/67 イングランド 31 30 2517 1 4/0
MF 13 ダニエル・アマルテイ 1994/12/21 183/76 ガーナ 3 1 91 0 0/0
MF 14 ヌゴロ・カンテ 1991/03/29 169/68 フランス 30 26 2536 1 3/0
MF 24 ネイサン・ダイアー 1987/11/29 165/57 イングランド 12 0 290 1 1/0
MF 26 リヤド・マレズ 1991/02/21 178/62 アルジェリア 30 29 2537 16 1/0
MF 28 クリスティアン・フクス 1986/04/07 185/80 オーストリア 25 23 2200 0 2/0
MF 33 ゴクハン・インレル 1984/06/27 183/80 スイス 5 3 206 0 0/0
FW 9 ジェイミー・ヴァーディ 1987/01/11 178/76 イングランド 31 31 2853 19 5/0
FW 15 ジェフリー・シュラップ 1992/12/23 178/72 ガーナ 19 12 1206 1 4/0
FW 20 岡崎慎司 1986/04/16 173/70 日本 29 22 1697 5 1/0
FW 22 デマライ・グレイ 1996/06/28 179/68 イングランド 6 0 101 0 0/0
FW 23 レオナルド・ウジョア 1986/07/26 182/75 アルゼンチン 23 5 776 3 0/0
FW 35 ジェイコブ・ブライス 1992/08/14 - イングランド 0 0 0 0 0/0
FW 36 ジョー・ドドー 1995/06/29 183/70 イングランド 1 0 27 0 0/0
FW 38 ハリソン・アンドレアス・パナイオウトウ 1994/10/28 - イングランド 0 0 0 0 0/0
FW 39 アンドレ・オルカンミ 1997/12/01 - イングランド 0 0 0 0 0/0

サウサンプトンのメンバーはこちら

監督 - ロナルト・クーマン 1963/03/21 181/82 オランダ 0 0 0 0 0/0
GK 1 ケルヴィン・デイヴィス 1976/09/29 185/88 イングランド 1 1 96 0 0/0
GK 22 マールテン・ステケレンブルフ 1982/09/22 197/92 オランダ 17 17 1617 0 0/0
GK 25 パウロ・ガッサニーガ 1992/01/02 196/80 アルゼンチン 2 2 189 0 0/0
GK 43 ウィル・ブリット 1995/03/22 188/75 イングランド 0 0 0 0 0/0
GK 44 フレイザー・フォースター 1988/03/17 183/76 イングランド 11 11 1050 0 0/0
DF 2 セドリック・ソアレス 1991/08/31 172/62 ポルトガル 22 21 1870 0 3/0
DF 3 吉田麻也 1988/08/24 189/80 日本 19 10 1047 1 0/0
DF 5 フロリン・ガルドス 1988/10/29 194/81 ルーマニア 0 0 0 0 0/0
DF 6 ホセ・フォンテ 1983/12/22 188/81 ポルトガル 30 30 2748 2 4/1
DF 15 クコ・マルティナ 1989/09/25 185/72 オランダ領キュラソー 10 6 678 1 1/0
DF 17 ヴィルギル・ファン・ダイク 1991/07/08 193/92 オランダ 27 27 2575 3 2/0
DF 21 ライアン・バートランド 1989/08/05 179/85 イングランド 25 25 2384 0 6/0
DF 33 マット・ターゲット 1995/09/18 183/70 イングランド 13 12 1069 0 1/0
MF 4 ヨルディ・クラシ 1991/07/27 169/69 オランダ 16 15 1174 0 4/0
MF 8 スティーヴン・デイヴィス 1985/01/01 173/70 北アイルランド 28 26 2256 2 4/0
MF 10 サディオ・マネ 1992/04/10 175/69 セネガル 30 24 2152 5 6/2
MF 11 デュサン・タディッチ 1988/11/20 181/76 セルビア 27 21 1798 6 0/0
MF 12 ヴィクター・ワンヤマ 1991/06/25 188/76 ケニア 23 22 2109 0 9/3
MF 14 オリオル・ロメウ 1991/09/24 182/79 スペイン 24 15 1493 1 6/0
MF 16 ジェームズ・ウォード=プラウズ 1994/11/01 173/66 イングランド 28 14 1562 2 5/0
MF 18 ハリソン・リード 1995/01/27 176/74 イングランド 1 0 14 0 0/0
MF 34 ジェイク・フラニガン 1996/02/02 180/71 イングランド 0 0 0 0 0/0
MF 42 ジェイク・ヘスケス 1996/03/27 168/63 イングランド 0 0 0 0 0/0
MF 46 ドミニク・ゲイプ 1994/09/09 180/70 イングランド 0 0 0 0 0/0
FW 7 シェーン・ロング 1987/01/22 180/81 アイルランド 22 17 1709 7 1/0
FW 9 ジェイ・ロドリゲス 1989/07/29 185/70 イングランド 8 2 276 0 0/0
FW 19 グラツィアーノ・ペレ 1985/07/15 193/89 イタリア 25 20 1980 9 5/0
FW 20 フアンミ 1993/05/20 169/63 スペイン 12 0 226 0 0/0
FW 28 チャーリー・オースティン 1989/07/05 188/84 イングランド 5 2 200 1 0/0
FW 40 サム・ギャラガー 1995/09/15 193/75 イングランド 0 0 0 0 0/0
FW 49 オルフェラ・オロモラ 1997/09/05 - イングランド 0 0 0 0 0/0
posted by よしき at 00:00| Comment(0) | 採点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする