2020年05月15日

【採点】ホッフェンハイム ×ヘルタ・ベルリン【寸評】※再開 5/16

キャプチャ.PNG

10点満点。平均は5〜7点。

ホッフェンハイム

バウマン【5】
ゴールキックの妨害、CKの守備時に窮屈な動きを強いられるも最少失点で粘った。

ポシュ【7】
負傷明けも安定。今季もリーグ屈指のCB  

フォクト【8】
相手FWのスピードに苦戦。攻め残っての攻撃参加はアクセントに

ヒュープナー【4】
今まで何度となく助けられたが、あれはダメ 


カデジャーベク【9】
高精度クロスが数本。多少感じられた遠慮を脱すればマイコンのようなプレースタイルになれる


ルディ【5】
万全でない時も計算立つ。より個性的に   


グリリッチュ【8】
スルーパスがキラリ。違った味を欲する時に   


スコウ【8】
最終ラインに入るビルドアップ、サイドチェンジ多用の新境地はまだまだ改善の余地


ガイガー【5】
なかなか両立できない「前を向く力」と「正確な止める蹴る」を持ち合わせる。あとは怖い選手になれるかどうか


ベブ【7】
相手ゴールキックの的にされ苦戦も、左クロスで好機作った


クラマリッチ【7】
スイッチが入った時の突破力◎。全得点に絡む。


ヘルタ・ベルリン

ヤルステイン【7】
前半の我慢する時間帯を耐えしのぐ


ペカリーク【6】
最後方からドリブルで1人かわし、ロングパスもハイレベル

ラングカンプ【3】
今季も変わらず神出鬼没。目で追うと楽しい   

ブルックス【8】
相手FWのスピードに苦戦。攻め残っての攻撃参加はアクセントに

プラッテンハルト【7】
カウンター対応は及第点も、後半にエリア内で不用意な守備は減点

シュターク【6】
佇まいと身のこなしが円熟。+10歳の安心感 

シェルブレッド【4】
相手ゴールキックの的にされ苦戦も、左クロスで好機作った

原口【5】
途中からのアクセントに迫力。先発でいかに    

ダリダ【7】
最終ラインに下がりながら攻撃を組み立てたが、縦パスなど怖さがなかった

カルー【4】
ドリブルの仕掛けで技術の高さは見せた。しかし、チーム全体として後ろに重心がかかり、前で持ち味を発揮しきれず。

イビシェビッチ【6】
決定機で仕事出来ず。ポストプレーも不発、成功してもなぜか右への展開ばかり。本領発揮に期待

posted by よしき at 21:20| 採点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スアト・セルダル(Suat Serdar)〜両利きの天才〜※FIFA20 使用感

images.jpg
本日紹介する選手は【スアト・セルダル】選手です。

ドイツのサッカー選手で、シャルケ04の守備的MFとして活躍しています。

【使用感】


・ギュンドアンを彷彿とさせるプレースタイル

・両足からの正確なキックが持ち味

・A代表デビューも時間の問題か・・・


【経歴】
2015-2018 マインツ
2018-   シャルケ04

マインツ05
セルダーは2015年9月18日に、88分に3対1で勝利したTSG 1899ホッフェンハイムとユヌスマルリを相手にブンデスリーガデビューを果たした。

シャルケ04
2018年5月17日、セルダーは4年間の契約でシャルケ04に参加すると発表されました。


総合評価
獲得おすすめ度【5】
将来性【5】
攻撃力【6】
守備力【7】
センス【8】
posted by よしき at 21:02| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダニエル・ディダヴィ(Daniel Didavi)〜ドイツの若手有望株No1・超新星〜※動画あり※FIFA21 使用感

ddd無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はディダヴィ選手です。

ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州出身のサッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルト所属。ポジションはMF。
dddd無題.png
【基本情報】
生年月日1990年2月21日(25歳)
出身地バーデン=ヴュルテンベルク州の旗バーデン=ヴュルテンベルク州ニュルティンゲン
身長:179cm
体重:77kg
在籍チーム:VfBシュトゥットガルト
ポジション:MF
背番号:10
利き足:左足




【プレースタイル】
パス・ドリブル・シュート全てを高次元でこなす。
シュトゥットガルトの10番を担う超新星。
各方面の評論家が「次は絶対この選手!!」と太鼓判を押す。


本日紹介する選手は【】選手です。

【使用感】


・ケディラを彷彿とさせるプレースタイル

・両足でプレースキックを蹴れる器用ぶり

・俊敏性あり




総合評価
獲得おすすめ度【3】
将来性【4】
攻撃力【5】
守備力【2】
センス【3】

【動画】


posted by よしき at 15:00| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モルガン・シュネデルラン(Morgan Schneiderlin )〜〜


こんにちわ

本日紹介する選手はシュネデルラン選手です。

プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドFC所属。フランス代表のミッドフィールダー。

クラブ経歴
ストラスブール

アルザス地域圏のツェルヴィラーで生まれたシュネデルランは友だちと地元のクラブであるSRツェルヴィラーのグラウンドでサッカーをしていたが、5歳の時に家族によって地域の主要クラブの一つであるRCストラスブールのスカウティングセッションに連れられ、その結果、ストラスブールの下部組織に加入することになった。クラブに加入してから10年後の2005年に初めてプロ契約を結び、Bチームでデビューを果たした。2006年にトップチームデビューも果たしたが、2007-08シーズンにチームの降格が決定すると、クラブを離れることになった

サウサンプトン
プレミアリーグに所属していたサウサンプトンのライバルであるポーツマスからもオファーを受けていたが、2008年6月27日に120万ポンドから最大で150万ポンドまで上がる移籍金でサウサンプトンへ移籍が決定し、シュネデルランは4年間の契約を結んだ。

2008年8月9日に行われ、1-2で敗れたカーディフ・シティ戦でサウサンプトンでのデビューを飾り[8]、2010年4月13日に行われ、5-1で勝利したブリストル・ローヴァーズ戦で初ゴールを記録した[9]。2011年8月19日にはクラブと新たな契約を結び、2014年の夏までクラブに留まることになった。2011年9月8日に行われたバーンリー戦では途中出場からサウサンプトンでの2ゴール目を記録し、3-0で勝利したノッティンガム・フォレスト戦では35ヤードの距離からゴールを挙げた。

プレミアリーグ昇格後は開幕戦のマンチェスター・シティ戦でフル出場を果たし、2012年9月2日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦ではプレミアリーグ初ゴールを記録し、チームは2-1とリードをしたが、ロビン・ファン・ペルシのハットトリックの活躍もあり、最終的に2-3で敗れた[10]。11月10日に行われ、1-1で引き分けたスウォンジー・シティ戦ではリッキー・ランバートがヘディングで落としたボールを胸トラップによりゲルハート・トレメルをかわし、2ゴール目を記録した。
無題.png
2013年1月16日にスタンフォード・ブリッジで行われ、2-2で引き分けたチェルシー戦でシュネデルランはキャプテンを務め、2月2日に行われ、2-2で引き分けたウィガン・アスレティック戦でプレミアリーグにおける3ゴール目を記録した。
2013年2月25日には2017年の夏まで契約を延長した。シーズン終了後にはプレミアリーグの選手の中で最も多くのタックル数とインターセプト数、運動量を記録し、イングランドでプレイする守備的な中盤の選手としてベストの一人として認識されるようになり、クラブのファンと選手の投票による最優秀選手にそれぞれ選出された。

2014年8月30日に行われ、3-1で勝利したウェストハム・ユナイテッド戦では2ゴールを挙げ、昨シーズンのゴール数に並ぶと、9月13日に行われたニューカッスル・ユナイテッドで3ゴール目を記録し、チームも4-0で勝利を挙げた。12月28日に行われ、1-1で引き分けたチェルシー戦では残り2分で退場処分となり、2015年4月25日に行われたトッテナム・ホットスパー戦で膝を負傷し、残りのシーズンを欠場することになった。

マンチェスター・ユナイテッド
2015年7月13日、2,400万ポンドから最大2,700万ポンドまで上がる移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍が決定し、シュネデルランは1年の延長オプションが付いた4年間の契約を結んだ。
【動画】

総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【7】
posted by よしき at 14:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孫 興慜(ソン・フンミン)〜フランツ・ベッケンバウアーが絶賛〜※FIFA21 使用感

s.png
こんにちわ

本日紹介する選手はソン・フンミン選手です。

大韓民国出身のサッカー選手。トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード。

フランツ・ベッケンバウアーはソンについて、「彼はスーパーな選手。私は彼のプレーが本当に好きだ。速くてダイナミックで、ただゴールを決めるだけでなく、本当に美しいゴールを決める。」と称賛している。
sss.png
経歴
父親は、サッカー韓国代表としての経験もあるソン・ウンジョン(韓国語版)である。孫興民は、小学校と中学校ではサッカー部に所属せず、父から直接指導を受けるという、韓国では珍しい経歴を持つ。父ソン・ウンジョンは、韓国では主流の結果重視の指導とは異なり、試合の勝敗にはあまりこだわらず、パスやドリブルなどの基本的な動きを、集中的に身につけさせる指導を行っていた。

2008年東北高校在学中夏にKFAが主導で行っている優秀選手海外留学プログラムの第6期生として金敏爀、キム・ジョンピルと共にハンブルガーSVU-17チームに加入。中心選手としてリーグ戦15試合に出場し、9得点を挙げた。さらに、活躍が評価され、翌年の5月9日には1つ上のカテゴリーであるU-19チームでリーグ戦に途中出場した。シーズン終了後に一旦帰国し、母校である東北高校に戻った。
2009年にナイジェリアで開催されたFIFA U-17ワールドカップではチームトップの3ゴールを記録し、韓国代表のベスト8に貢献した。2010年1月、ハンブルガーSVへ正式に移籍した。なお契約期間は4年。移籍後はトップチームではなく、U-21チームのメンバーとして出場し、国内カップ戦で活躍した。このシーズンはU-19のリーグ戦で11試合に出場し6得点を挙げ、4部リーグに所属するセカンドチームでは6試合1得点の成績を残した。
sssssss.jpg
2010-2011年のプレシーズンマッチでは9ゴールを記録したが開幕前のチェルシーとの試合で左足指を骨折し手術を受け開幕を待たずにチームを離脱した。

10月30日の1.FCケルン戦にて初出場、初スタメン、初ゴールを記録した。ブンデスリーガ公式サイトにて前半戦最も良いデビューを果たした選手に選出され、 またFIFA公式サイトの10代の有望選手を挙げる読者参加型ページにおいて、選択対象となる23人の中の1人として名を連ねた。2010年12月30日のシリアとの親善試合で代表デビュー。AFCアジアカップ2011、グループリーグ第3戦のインド戦では後半から出場し、代表初得点を挙げた。
2012-2013シーズンは先発に定着し、リーグ戦33試合出場で12得点を奪うなど飛躍の年となった。特に前年王者のドルトムントからはホーム・アウェイの2試合で計4得点を奪い鮮烈な印象を残した。2013年6月13日、チェルシーFCに移籍したアンドレ・シュールレの代役として バイエル・レバークーゼンへの移籍が決定。
2014 FIFAワールドカップでは韓国代表として3試合に出場し、アルジェリア戦で得点した。大韓サッカー協会は、2014年の仁川アジア大会に孫を出場させる意向であったが、レバークーゼンは孫の出場を許可しなかった。

2015年8月28日、5年契約でイングランドの トッテナム・ホットスパーへ移籍した。移籍金は3000万ユーロ。2015年9月3日の2018 FIFAワールドカップ予選のラオス戦で代表では初となるハットトリックを達成した。

【注目の動画】





総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【6】
ラベル:10番 トットナム
posted by よしき at 13:00| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする