2017年10月14日

サディオ・マネ(Sadio Mané)〜ゼネガルの英雄〜

ダウンロード (2).jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はSadio Mané選手です。

【経歴】
プロ入り初期[編集]
2011年にフランスのFCメスでプロデビューを果たした。2012年8月31日、オーストリア・ブンデスリーガに属するレッドブル・ザルツブルクのスポーツディレクター(当時)ラルフ・ラングニックに見出され同クラブに移籍した[1][2]。ロガー・シュミット監督(当時)の下、試合を重ねるたびにチームの攻撃の核に成長。2013-14年シーズンのスタンダール・リエージュ(2-1、3-1)やアヤックス(3-0、3-1)を破ってのUEFAヨーロッパリーグ10連勝や2014年のオーストリア・ブンデスリーガとオーストリア・カップでのダブル優勝に貢献する [3]。
サウサンプトン[編集]
2014年9月1日、イングランドのサウサンプトンFCに4年契約で移籍した[4][5]。移籍金はクラブ史上最高額(当時)となる1500万ユーロであった。9月23日、フットボールリーグカップのアーセナルFC戦でデビューを果たした[6]。2015年5月16日に行われたアストン・ヴィラFC戦で、前半13分から16分の間で3点を決め、2分56秒間でハットトリックを達成。プレミアリーグ最速ハットトリック記録を更新した[7]。
リヴァプール[編集]
サウサンプトンでの活躍から、マンチェスター・ユナイテッドなども獲得に動いたが、2016年6月アフリカ人での史上最高額となる3400万ポンドでリヴァプールFCに移籍。ユルゲン・クロップ監督は2012年よりマネに注目していたと発言した[8]2月11日のスパーズ戦で2ゴールを決め勝利に貢献。[9]。2017年4月にはシーズン13ゴールの活躍が認められて、クラブ年間最優秀選手に選出。プレミアリーグの年間ベスト11にも初選出された。[10]
ヴァーディと同様にノン・リーグのクラブからプレミアリーグ、イングランド代表にまで上り詰めたイアン・ライトは2015年10月にヴァーディはUEFA EURO 2016において、1990 FIFAワールドカップにおけるサルヴァトーレ・スキラッチのような存在になり得ると話した。ライトはバーンリー時代のチームメイトであるミッキー・メロンがフリートウッド・タウンの監督を務めていた際にヴァーディと契約を結んだ時に初めて知り、監督からは運動量が豊富でファーストタッチが上手く、前線からの守備を怠らず、型にはまらず本能でプレイする選手だと伝えられた。

プレイスタイルとしましては、絶えず走り続け、前線からのディフェンスに貢献する選手であり、スピードとパワーを備え、空中戦にも強く左右両足でゴールを狙うことができる。ガリー・ネヴィルはヴァーディについて、「チームの調子やリズムを整え、チームメイトにサボる言い訳を与えない。」と、ヴァーディがチームにどれだけ影響を与えているかということについて言及した。

【大ブレイク】





総合評価
攻撃力【9】
守備力【6】
センス【4】


posted by よしき at 23:46| Comment(0) | セネガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリック・マキシム・シュポ=モティング(Jean-Eric Maxim Choupo-Moting)〜ドイツの面白アタッカー〜※動画あり

ダウンロード (1).jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はエリック・マキシム・シュポ=モティング選手です。

ドイツ・ハンブルク出身のサッカー選手。カメルーン代表。プレミアリーグ・ストーク・シティFC所属。ポジションはミッドフィールダー。

【意外なクラブ経歴】
ハンブルクで生まれたシュポ=モティングは、ハンブルク・オッテンセンを拠点とするFCテウトニア・オッテンセン05(英語版)の下部組織でキャリアを始めた。2000年にアルトナ93へ移動し、ハンブルガー・ポカールで優勝。2003年にFCザンクト・パウリに加入した。

ハンブルガ
2004年から地元のハンブルガーSVの下部組織に移籍。2006-07シーズン冬の中断期間にリザーブチームに登録されると、2007年5月5日にプロ契約を2010年まで結び、2008-09シーズンのトップチームに登録された。2007年8月1日にユヴェントスFCとの親善試合(1-0)で初得点を挙げ、それから4日後のDFBポカール・ホルシュタイン・キール戦(5-0)でプロデビューを果たした。8月11日のハノーファー96戦で69分から出場し、ブンデスリーガデビュー。2008年2月1日に契約を2011年6月30日まで延長した。

ニュルンベルク
2009年8月下旬に1.FCニュルンベルクへ1年間貸し出され、9月19日のバイエルン・ミュンヘン戦(1-2)で移籍後初得点を挙げた[2]。前半戦は10試合でフル出場が僅か2試合、第24節までは1得点のみだったものの、第25節のバイエル・レバークーゼン戦で当時無敗を誇っていた相手に2得点を決める活躍を見せたことで以降はレギュラーを掴み取り、このシーズンで昇降格プレーオフを含め27試合6得点を記録。また、2部降格危機にある中でFCアウクスブルクとのプレーオフ第2戦で得点を挙げ、残留に貢献した。

ハンブルガー復帰
ドイツ・ブンデスリーガ2010-2011に復帰し、前半戦はリーグ戦で10試合(2得点), ポカールで2試合に出場。後半戦に1.FCケルンへ貸し出されることで合意に達したものの、FAX機の故障が原因で書類の提出期限に間に合わず受理されなかった。ケルン側は、FAXの技術的な問題を理由にドイツサッカーリーグ機構 (DFL)に許可を求めたが、最終的に移籍することは出来なかった。この契約が破断したことでハンブルガーに戻るも、トップチームに居場所はなく、4部のリザーブチームでプレーすることになり、2011年6月30日に契約満了に伴い退団した。

マインツ
2011年5月18日に自由移籍で1.FSVマインツ05へ3年契約で加入し、1年目にチーム最多の10得点を挙げた。

ストーク
2017年8月7日、ストーク・シティFCと3年契約を結ぶ。

【注目の動画】





総合評価
攻撃力【5】
守備力【8】
センス【3】

Choupo MotingはハンブルガーSVでキャリアをスタートし、2007年8月にブンデスリーガデビューを果たしました.FCニュルンベルクで2009-10シーズンのローンを行い、2011年8月にはFSVマインツ05に入団しました。マインツとの3シーズン後、彼は2014年8月にシャルケ04に移籍した。彼はゲルゼンキルヘンクラブのためのレギュラーとなり、2017年8月に英国プレミアリーグのストークシティーに入団する前に100以上の出演をした。
posted by よしき at 23:37| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハテム・ベン・アルファ(Hatem Ben Arfa)〜元祖天才〜ウイイレ若手の定番

images.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はハテム・ベン・アルファ選手です。

フランス出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属。フランス語での正しい発音は「アテム・ベナルファ」である。

【クラブ経歴】
パリ郊外のクラマールで生まれ、クレールフォンテーヌ国立研究所に飛び級で入学。各世代の代表を経験し、2007年にA代表にも招集されたフランスの若き天才FW。ASサンテティエンヌ、スタッド・レンヌからもオファーがあったが、オリンピック・リヨンと15歳の時にプロ契約を結んだ。当時リヨンを指揮していたのは元カメルーン代表監督のポール・ル・グエンであり、2004年8月6日のOGCニース戦でデビューを飾った。
持てる才能を持て余してきた感が強かったが[要出典]、2007-08シーズンには、これまでリヨンの主力であったフローラン・マルダの退団にともない開幕当初から左ウィングで起用されるや否や活躍を見せ、チームに不可欠な存在に成長した。しかしながら、怪我人の復帰もあり終盤にはベンチ生活を余儀なくされることが多かった。また、監督のアラン・ペランがシドニー・ゴブを好んで起用したことなどから、2008年6月、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドなど、国外のビッグクラブからのオファーもあったが、フランス国内のオリンピック・マルセイユに移籍した。2009-10シーズンから監督の座に就いたディディエ・デシャンから正当な評価が得られないと起用法を巡って対立し、移籍を志願。しかしマルセイユ移籍後のパフォーマンスが低調であったこと、性格的な問題がクローズアップされていたことなどから、マルセイユ移籍当時のようにビッグ・クラブからは声が掛からなかった。シーズン後半からは監督との関係も改善し、レギュラーに返り咲いたものの移籍の希望は変わらず、翌2010-11シーズンの開幕後にニューカッスル・ユナイテッドFCへレンタル移籍することが決まった。

移籍先のニューカッスルでは活躍を見せたが、2010年10月3日のマンチェスター・シティFC戦でナイジェル・デ・ヨングの悪質なタックルを受けて骨折し、全治6か月の離脱を余儀なくされたが、2011年1月5日、首脳陣から将来性を買われて、ニューカッスルに完全移籍することになった。2015年6月までの長期契約を結んだ。2011年9月のリーグ戦で約1年ぶりにピッチに復帰した。

2014年9月1日、ハル・シティAFCにレンタル移籍した。しかし、スティーブ・ブルースの信頼を得られず、2015年1月にレンタル元のニューカッスルとも契約を解除し、母国のOGCニースと契約したが、ハル・シティ移籍前の、ニューカッスルU-21での試合出場歴をFIFAが公式戦であると判断し、「1シーズンで1人の選手がプレーできるチームは2つまで」というルールに違反することとなり、2014-15年シーズン中の加入は認められなかった[3][4]。2015年6月10日に改めてニースと正式契約を結んだ。
2016年7月1日、パリ・サンジェルマンFCへの移籍が発表された。背番号は21番。自身の獲得を決めたローラン・ブラン監督がシーズン開幕を前に解任されてしまい、代わりに就任したウナイ・エメリ監督からは冷遇され、エースであったエディンソン・カバーニの存在もあり、出場機会は少なかった。

【天才エピソード】
ユース世代の頃に過大な評価を受けていた影響からか、自身のプレーに過剰な自信を抱いており、リヨン時代にはセバスティアン・スキラシと練習中に喧嘩騒ぎを起こし、会長のジャン=ミシェル・オラスとも確執があった。マルセイユでもUEFAチャンピオンズリーグのリヴァプールFC戦でモデスト・エムバミと喧嘩騒ぎをするなど精神面にも大きく課題を残す。しかし2010年、ディレクト・スポール紙のインタビューに対し、「マルセイユからの移籍を希望した時に自分の思うようなビッグ・クラブから声が掛からなかったことから、自分の立場を理解した」とコメントするなど、進境が見られる。イングランドでは時折天才的なプレーを見せたが、ニューカッスル所属時の終盤はリザーブチームに降格させられるなどし、「まるで地獄の日々だった」と振り返ってい。




【注目の動画】

OGCの息子との対話はニース、フランスのパリでは2016年にパリで行われたが、フランスではフランスとフランスの芸術祭が行われていたが、21世紀にはフランスの芸術の舞台となった。 。パリ・サンジェルマン・ロス・デュ・トロフィー・オブ・チャンピオンズ・コンクール・ソン・クラブ・フォーミュラ・オブ・オリンピック・リヨンズ・アンド・マーキー・ソン・プレミア、アブ・ソル・ヌーボー・クラブ・デ・デミー・アレキサンダー・レ・マッチ・クォート息子の最高司令官、クラブデラキャピタル。 PSGとPSGの間で締結されたPSGは、PSGとPSGとの間で締結されたものである。ユニ・エメリー・ルーヴァー・トゥルー・ユー・エスパス・アゼズ・デフェンシフ・デシッド・デ・パシ・ル・コルヴァー・ポー・ル・プレミア・マッチ・デ・リーグ・チャンピオンズ・アーセナル・パリス・ロス・デーは、それは、スタッドレンヌとの戦いに似ています。
総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【2】

【代表】
サミル・ナスリ、ジェレミー・メネス、カリム・ベンゼマ達と出場したU-17フランス代表では主力として欧州選手権に優勝した。両親がチュニジア出身(父のカメル・ベン・アルファは元代表選手)であるため、ドイツW杯のチュニジア代表にも招集されたが、時期尚早ということで断っている。フランス代表には2007年10月13日に行われたフェロー諸島戦でデビューし、初ゴールも挙げた。
2010年8月に行われたノルウェー代表との国際Aマッチでは新たに就任したローラン・ブラン監督に招集され久々の代表復帰となった。当時のフランス代表は2010 FIFAワールドカップ開催時の練習ボイコット問題から選手の大半が入れ替わっており、試合はフランスが浮き足立った試合運びでノルウェーに先制点を許したが、ベナルファは右ウィングとして途中出場するとペナルティエリア外から左足でミドルシュートを放ちゴールを奪った。

ニューカッスルで調子を落としていたこともあり、UEFA EURO 2012以降は代表から遠ざかっていたが、国内復帰後は好調を維持し、2015年11月の親善試合で3年ぶりに代表復帰した。
posted by よしき at 23:29| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トーマス・ムニエ(Thomas Meunier)〜ベルギー超新星〜※サイドの走り屋

ダウンロード.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はトーマス・ムニエ選手です。

ベルギー・リュクサンブール州出身の同国代表サッカー選手。ポジションはDF。パリ・サンジェルマンFC所属。

【経歴】
2009年にREヴィルトでプロキャリアをスタートさせ、2011年の夏、クラブ・ブルッヘに移籍した。
2016年7月3日、フランスのパリ・サンジェルマンFCに4年契約で移籍した。

【代表歴】
ベルギー代表として各年代でプレーし、2013年11月14日、コロンビア代表戦でA代表デビューを果たした。2016年11月13日の2018 FIFAワールドカップ予選・エストニア戦で代表初得点を挙げた。2017年8月31日の同予選ジブラルタル戦でハットトリックを達成した。

【パリサンジェルマン】
2016年7月3日、パリ・サンジェルマンは、Meunierが2020年6月30日までクラブと結婚する4年契約でPSGにちょうど参加したと発表しました。[4]振込手数料は700万ユーロと報告されています。 ] 2016年の国際チャンピオンズカップでのオハイオのレアル・マドリーとの親善試合で、トーマス・メウニエはPSGを3-1勝利させるために2得点を挙げた。 2016年8月6日、Meunierは2016年Trophéedes Championsの76分目にDavid Luizの代用としてPSGの最初の競争相手として登場した。 11月1日、MeunierはBlaise Matuidiのオープニングゴールをアシストし、2016-17 UEFAチャンピオンズリーグA試合でバーゼルとのPSGの2-1遠い勝利で90分のサイドフィールのカールボレーで勝利を収めました。それはPSGのためのMeunierの最初の競争目標でした

【インターナショナルキャリア】
2011年9月、MeunierはベルギーU21チームにコールされ、アゼルバイジャンU21との2013年UEFAヨーロッパ・アンダー21サッカー選手権試合で得点を獲得した[8] 2013年11月14日、Meunierは、ブラジルで開催された2014年FIFAワールドカップの準備だったコロンビアとのホームフレンドリー試合でベルギー代表チームにデビューしました。彼はまた、日本(2-3損失)とアイスランド(3-1勝)との代わりに、2人の親善試合に出場したが、マルク・ウィルツの最終23人チームには含まれていなかった

Meunierは、UEFA Euro 2016のグループリーグで2試合を開始し、アイルランドとスウェーデンのシャットアウトで右サイドで90分をプレーした。彼はまた、ベルギーのハンガリー戦で16勝4-0で勝利した[10]。 2016年11月13日、メウニエは、ベルギーの2018年ワールドカップ(WEF)予選8-1試合で、ボーイズン王国のスタジアムでエストニアと対戦し、世界で初めての得点を記録した。
2017年8月31日に、Meunierはベルギーのジブラルタルの9-0の敗北の彼の最初のキャリアハットトリックを記録した、彼はまた4アシストを記録した。




【注目の動画】


総合評価
攻撃力【5】
守備力【7】
センス【3】
posted by よしき at 23:20| Comment(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジオヴァニ・ロ・チェルソ(Giovani Lo Celso)〜〜

wef.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はジオヴァニ・ロ・チェルソ選手です。

アルゼンチン・ロサリオ出身のサッカー選手。パリ・サンジェルマンFC所属。ポジションは攻撃的ミッドフィールダーおよびセントラル・ミッドフィルダーである。

【ロサリオ・セントラル】
2010年にCAロサリオ・セントラルの下部組織へ入団。2014年には2軍へ昇格。トップチームデビューは19歳の時にホームヒガンテ・デ・アロシート(スペイン語版)にて2015年7月19日に行われたCAベレス・サルスフィエルド戦で、78分に交代出場した試合がデビュー戦で結果は引き分けに終わった。次の出場試合は2015年8月1日に行われたCAサルミエント(スペイン語版)戦で初めて、マルコ・ルベンのゴールをアシストした。試合は1-1の引き分けに終わった。

【パリ・サンジェルマン】
2016年7月26日、フランス・パリ・サンジェルマンFCと5年契約を締結したが、同年12月31日までは古巣ロサリオ・セントラルに期限付き移籍の形で残留しプレーすることになった。


ロサリオ・セントラルでの印象的なパフォーマンスのために、ロルセッソは2016年の夏季オリンピックのためにアルゼンチンのU23チームに電話をかけた。ロッシーソは2016年8月4日、アルゼンチンのU23デビュー戦でポルトガル戦に2-0で敗れ、クリスティアン・エスピノーザを72分に代えた。





【注目の動画】


総合評価
攻撃力【2】
守備力【4】
センス【8】
posted by よしき at 13:32| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケヴィン・トラップ(Kevin Trapp)〜ドイツの若き不屈の男〜※動画あり

ダウンロード.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はケヴィン・トラップ選手です。

ドイツ・メルツィヒ出身のプロサッカー選手。リーグ・アンのパリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはゴールキーパー。ノイアー2世。

【クラブ経歴】
2007年から1.FCカイザースラウテルンでプロキャリアをスタートさせた。2008年8月9日、DFBポカールのFCカールツァイス・イェーナ戦でデビューを果たした。当初はトビアス・ジッペルの控えだったが、2010-11シーズン後半戦はジッペルからポジションを奪い、残留争いを抜け出してリーグ7位に貢献した。しかし、翌年は開幕から低迷。20試合未勝利を記録するなど最下位に沈み、2部に降格となった。自身も後半戦はジッペルに再びポジションを譲った。
2部降格に伴い2012年7月1日、ブンデスリーガ復帰を果たしたアイントラハト・フランクフルトへ加入。生え抜きのベテランオカ・ニコロフに変わってポジションを獲得し、失点を46失点に抑えてチームのUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。
ダウンロード (1).jfif
2015年7月8日、リーグ・アンのパリ・サンジェルマンFCへ5年契約で完全移籍。2015-16シーズンにはサルヴァトーレ・シリグとのポジション争いに勝利し35試合に出場した。






【注目の動画】


総合評価
攻撃力【1】
守備力【7】
センス【4】

パリ・サンジェルマンのゴールキーパー、ケビン・トラップは、バイエル・レバークーゼンとヴォルフスブルクを結ぶレポートが「真実」であると述べた。
PSGのチームメイト、ジュリアン・ドラクラーと一緒にドイツのコンフェデレーションズカップで活躍しているトラップは、26歳のトラップで、次のシーズンにはウナイ・エメリーの第1位の監督になるかどうかは不明だが、アイントラハト・フランクフルトの男は勇敢である彼はParc des Princesに滞在したいと思っています。
TrappはSport1に「潜在的なリターンのこの噂も読んだが、それは真実ではない」と語った。 「これらの主張は私には謎であり、どこから来たのか分かりません。
「私はPSG契約に3年も残っており、私はそれらを見たいと思っています。私はこのクラブで何かを作りたいので、長期的にサインしました」
36e412a5-fa12-44fb-bb5d-8f395c5dbe9b.png
posted by よしき at 13:20| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレスネル・キンペンベ(Presnel Kimpembe)〜現代型ハイパーディフェンダー〜

3.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はプレスネル・キンペンベ選手です。

フランス・ヴァル=ドワーズ県ボーモン=シュル=オワーズ出身のサッカー選手。フランス代表。パリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはディフェンダー。

images.jfif

【華麗なる経歴】
パリ・サンジェルマンFCの下部組織出身。コンゴ民主共和国にルーツを持っている左利きのディフェンダーで、センターバックとサイドバックをこなすことが出来る。 身体的にまだ未熟だと評されてはいるものの、かなりスピードにもフィジカルにも優れているアスリートタイプ。それほど器用には見えないもののボール扱いも上手く、縦パスを入れるのも得意である。反面守備の予測や裏のスペースカバーなどに弱みがある。2014/15シーズンの開幕前に行われたキャンプと親善試合で評価され、トップチームでも2014年10月にデビューを果たした。






キンペンベはPSGの下部組織出身で、そこからトップチームに昇格しプロデビュー。
毎年といっていいほど大型補強を行うPSGで、ユースからトップに定着できたのがまずすごいと思います。
トップで徐々に出場機会を増やすと、特に2016-17シーズンにはチャンピオンズリーグのバルサ戦でもプレーし、1戦目に限ればMSNも抑えるなど高い評価につながる活躍を見せていました。

フランス代表でもユース各世代でプレー。
フランスのA代表は、もはやディフェンスラインも層がかなり厚くなってきているけど、キンペンベも将来的には主力になっていくと思います。
左利きのセンターバックだけでいっても、ウンティティやラポルテもいるし、かなり競争は激しい。
【注目の動画】


総合評価
攻撃力【3】
守備力【8】
センス【9】
posted by よしき at 11:37| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドリアン・ラビオ(Adrien Rabiot)〜トリッキーな190cm ボールタッチが柔〜

1.jfif
こんにちわ

本日紹介する選手はアドリアン・ラビオ選手です。

フランス・サン=モーリス出身のサッカー選手。フランス代表。リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはミッドフィールダー。
images.jfif




【クラブ】
2001年にUSクレテイユ=リュシタノのユースチームでキャリアをスタートさせ、その後複数クラブを渡り歩いたのち、2010年からパリ・サンジェルマンFCのユースチームに所属し、2012年にトップチームに昇格した。2012年8月26日、FCジロンダン・ボルドー戦でプロデビューを果たした。パリ・サンジェルマンFCでカップ戦を含む9試合に出場した後の2013年1月、トゥールーズFCへのレンタル移籍が発表された。トゥールーズFCではシーズン終盤ごろから出場機会を増やし、3月9日のスタッド・ブレスト29戦では決勝点となるプロ初ゴールを記録。その後もレギュラーとして中盤の一角でプレーし、移籍後13試合1ゴール3アシストの成績でこのシーズンを終えた。2013-14シーズンは再びパリ・サンジェルマンの一員としてスタート。新監督のローラン・ブランがシーズン途中から3センターハーフの戦術を採用したこともあり、スター揃いのPSGの中にあってコンスタントに出場機会を得る。年明け1月に膝を負傷し、同時に同じポジションでフランス代表のヨアン・キャバイェが加入した後はスタメン出場の機会を減らす。それでも途中交代要員として、また格下相手のローテーション要員として定期的に出場し、公式戦34試合3ゴールという成績でこのシーズンを終えた。」

【移籍の噂】
そんなラビオには、多くのビッグクラブも注目していてこれまで移籍の噂も上がっていました。
例えば、バルセロナやユベントス、アーセナル、トッテナムなどなど。バルセロナのインサイドハーフorアンカーにはけっこうハマるかもしれないですね。
ただ、スタメンで出られる機会が多くなってきたいま、移籍の可能性は低くなっているといえるかもしれません。ちなみにラビオの代理人は実の母親が行っているようです。

しかもなかなか厳しい母親らしくてPSGへの要求も高く、何かあるならいつでも移籍するぞ的な強気の態度らしいです笑。
もはや中心選手ではあるものの、それをPSGが良く思わない場合は移籍に動く可能性はあるかもしれないですね。

ラビオ、ヴェラッティはまだ若くて今後のパリにとってかなり重要な選手だと思うので、クラブとしてはどうしても残しておきたいところだと思いますが。

ラビオのポジシンは、中盤センターで主にインサイドハーフ、またパリではアンカーでプレーすることもあります。

特徴は、190cm近い長身がありつつ、ボールタッチが柔らかくトリッキーなコントロールも見せる選手で、パスワークによる組み立てが上手い。

また、長短のパスも上手くて、ディフェンスラインからボールを受けてさばいてというプレーも安定してる。
あと意外とスピードもあって、ボールを持ったときには一気に持ち上がったり、また遠目からでも強烈な左足のシュートがあったりと、ダイナミックなプレーも見せる選手です。

一方の弱点は、主に守備時などにちょいちょい軽いプレーが観られるところでしょうか。
リーチがあってボールを奪うのも上手いんだけど、いちかばちか的な足の出し方をしたり、危ないところでボールを持ちすぎたりというシーンはわりとありますね。最近はだいぶ改善しているのかもしれないけど
ただ、総合的に見てかなり万能でテクニカルな中盤の選手だと思います。高さがあって得点力があるのも大きい。

【注目の動画】


総合評価
攻撃力【7】
守備力【7】
センス【8】
posted by よしき at 11:25| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木村和司(kimura kazushi)〜ミスター・マリノス 〜

download.jpg
こんにちわ

本日紹介する選手は木村和司選手です。

広島市南区大河出身の元サッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。現役時代のポジションはMF(攻撃的MF)またはFW(ウイング)。日本サッカー協会公認S級ライセンス所持。国際Aマッチ6試合連続ゴールは日本代表連続得点記録である(2016年時点)。
                                                   
【人物・プレースタイル】
高校や大学、日産加入当初はウインガーとしてプレーしていたが、1983年(昭和58年)に同じウイングを専門とする水沼貴史の入団をきっかけに、加茂周監督によって攻撃的MFにコンバート。以降、ゲームメーカーとして中盤に君臨し日産黄金時代を築く原動力となった。ラモス瑠偉らと共に日本サッカー冬の時代を支えた選手の一人であり、「日産の背番号10と言えば木村和司」と言わしめ、80年代半ばには日産のみならず、「日本の10番と言えば木村和司」、当時の代表は「木村のチーム」とまで言わしめた程の存在であった。1983年(昭和58年)、1984年(昭和59年)、二年連続日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)、さらに1989年も同賞受賞。三度の受賞は釜本邦茂7度に次ぐ杉山隆一と並ぶ史上2位。1984年アシスト王、アシスト数12はJSL記録。1985年5月18日メキシコW杯アジア1次予選グループ4B第4戦シンガポール戦から同年10月26日メキシコW杯アジア最終予選第1戦韓国戦まで、1985年の1年間だけで国際Aマッチ6試合連続ゴールを成し遂げた。これは未だに日本代表連続得点記録である(2011年時点)。また天皇杯に滅法強く、決勝に7回行って6回優勝、いずれも大活躍し"ミスター天皇杯"とも称された。

現役時代はフリーキックの名手として知られた。自由自在にボールをコントロールできるフリーキックは、いまだかつて日本人プレイヤーが見せたことのないものだった。その正確なボールコントロールと鋭い変化から「魔術師」の異名で呼ばれ、日本リーグ、国際試合で数々の名場面を作り上げた。特に1985年(昭和60年)、ワールドカップメキシコ大会最終予選のホーム韓国戦、試合には敗れワールドカップに出場できなかったものの、40メートル手前からみせたフリーキックは、80年代の日本サッカーにおける屈指の名シーンとして伝説化しており、現在でもサッカー番組でフリーキックが特集される際には、必ずといっていいほど紹介されている。出身地の広島を拠点とする中国新聞では「フリーキック自由自在」というコラムを設けていた。





【エピソード】
木村の代名詞であるフリーキック(以下FK)だが、蹴り始めるきっかけはテレビで観たワールドカップで、ブラジル代表のペレやリベリーノがFKで直接ゴールに放り込むのを見たこと。蹴り始めたのは大学に入ってから。"FKでも直接ゴールを狙えるんだ"と思い、遊び感覚で練習に励んだ。とはいえ足の甲は蹴り過ぎで変型しているという。もともと高校時代はウイングだったため、センタリング(クロス)は、インフロント(足甲の内側)部分を多用する事もあり、それがFKに生かされた。当時の日本にはまだ、FKを直接決める事で有名な選手はいなかった。1980年代当時、芸術的なフリーキックは世界のサッカーでは目にしても、日本サッカーでは、フリーキックが話題になることは、ほとんどなかった。本格的に練習し始めたのは日産に入ってからで、チームが特注で作ってくれた鉄骨を組み合わせたものにネットをつけた簡単な壁を置いて練習した。練習相手に選んだのが新人だった松永成立。最初はヘタでどこに蹴っても入っていたが、練習してるうち段々松永が上手くなって、両方がいろいろ考え始めて上達していく相乗効果があったという。冗談で「シゲ(松永)はワシとしょっちゅう練習していたから日本代表に入れたんだ」とよく言った。

明治在学中の木村を日本代表に最初に抜擢したのは、当時の代表監督・渡辺正だが、木村は"非常にコントロールの難しい選手"といわれ、練習嫌い、わがままという評判があり、渡辺と同郷でもあったため大学卒業後は新日本製鐵サッカー部入りが確実とされ、他はどこも手を出さなかった。しかし諸般の事情により日産に入部した。

木村が代表のスター選手だった1984年(昭和59年)夏、佐山一郎は雑誌『Number』からの依頼で木村にインタビューを申し込んだ。日産の広報の担当者にそれを話すと、サッカーの専門誌以外から取材が来たのは初めてと驚かれた。当時のサッカーは『Number』ですら同じ年9月20日号の釜本邦茂引退記念号で初めてサッカー特集が成立するというマイナー状況だった。「大丈夫ですか、慣れていないから喋んないかもしれませんよ」と言われインタビューをすると、実際木村はほとんど喋らず、答えたあとに意味不明の笑いが漏れだすのにも驚嘆した。しかし会うたび喋るのがうまくなったという。

明治大学時代の同期生であるサッカー日本女子代表監督の佐々木則夫とは、同じ寮で過ごした仲間であり今でも親交が深い。なでしこジャパンが初優勝を決めたワールドカップ決勝戦の試合も、その日は直前に自身が指揮する横浜F・マリノスの試合があったにも関わらず、試合後にほぼ徹夜でテレビ観戦しており、なでしこジャパンと佐々木にも「ホントにすごい。たいしたもんよ。世界一だからな。日本一とは違うよ。涙も出てきて感動した。ただ、眠い」と祝福のコメントをした。

1986年、奥寺康彦と共にスペシャル・ライセンス・プレーヤー第1号となるが、西ドイツ帰りの奥寺の年俸4000万円に対して木村の年俸は1200万円であった。この時は各メディアに報じられ世間の関心も高かったが、某運動部記者が木村に「1200万円では少なすぎて夢がない。嘘でもいいから4000万円と言ってくれないかな」というと、木村は「嘘はつきたくない」と拒否。しかし記者がしつこく押し問答が続いた後、折衷案として4000万円と1200万円の間を取る格好で2400万円で落ち着いた。翌日の新聞紙上には木村の年俸は「2400万円」と大々的に報じられた。

木村の夫人は、サッカーファンが多くはなかった1960年代、日本サッカーリーグ(JSL)創設の頃からのサッカーの追っかけで、まだ原宿の岸記念体育会館の小さな一室にあったサッカー協会(JFA)に、全日本(日本代表)の勝利を祈り千羽鶴を持ってきたり、よく遊びに来ていた一人だったという。
「ラグビーは紳士がやる野蛮なスポーツ、サッカーは野蛮人がやる紳士的なスポーツ」という発言を『Number』誌上に残している。

かつての自身のブログ「木村和司のちょこっと、言うちゃろうか。」で、「60年、70年代はガマさんの時代やな、80年代はワシや。90年代はスケールダウンしてカズ、ラモスあたりかの。2000年はまだいないんよな。80年代のワシはかなりイワシテいたのぅ。」と話して物議を醸したことがある。

解説者時代のコメントには、良くも悪くもアバウトなものが多い。2000年シーズン前にテレビ番組で順位予想を行った際には、その年からJ1に昇格してきた川崎フロンターレと、FC東京を、「よく見てないんで分からないんですよねー」というコメントとともに、それぞれブービーと最下位に予想していた。 
マリノス監督時には広島弁を交えたコメントが話題となった。監督就任時のコメント「わしが何とかしちゃる」のメッセージ入りTシャツや「和」のロゴ入りTシャツが商品化されよく売れた。また木村がよく使う言葉で「相手を翻弄する」という意味合いを持つ「ちゃぶる」もグッズ化の計画が上がり、Jリーグ日本人監督のグッズが次々と誕生するのは異例の事態であった。

【注目の動画】


総合評価
攻撃力【8】
守備力【4】
センス【7】
posted by よしき at 11:14| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ライアン・ショウクロス(Ryan James Shawcross)〜新生ストークのキャプテン〜



無題.png
こんにちわ

本日紹介する選手はショウクロス選手です。

イングランド出身のサッカー選手。イングランド・プレミアリーグ、ストーク・シティに所属している。

2008年1月にストーク・シティに完全移籍するまでは、マンチェスター・ユナイテッドに在籍し、ロイヤル・アントワープとストーク・シティにレンタル移籍で加入し、プレイしていた。2008年1月には、UEFA U-21欧州選手権の予選のアイルランド代表戦で、U-21イングランド代表デビューを飾っている。

【生い立ち】
イングランドのチェスターで生まれ、ウェールズのフリントシャー県のバックリーで育ち、バックリーにあるエルフェド・ハイスクールで学んだ。
小学校時代には、フリントシャー・ボーイズ(フリントシャーの選抜チーム)に選ばれていた。そのチームでは、ガリー・スピード、マイケル・オーウェン、イアン・ラッシュもかつてプレイしており、ショウクロスの弟のローリー(ポジションは兄と同じディフェンダー)もプレイしていた。

●クラブ経歴
【マンUのユース出身】
2003-04シーズンには、マンチェスター・ユナイテッドのU-17のチームで22試合に出場し、ノッティンガム・フォレスト戦、ブラックバーン・ローヴァーズ戦でゴールを挙げた。
2004-05シーズンは、U-18のチームで21試合に出場し、2005年3月5日に行われたエヴァートン戦でゴールを記録した。リザーブチームのゲームにも5試合出場し、セントラルリーグ(プレミアリザーブリーグの下部リーグ)のディヴィジョン1イーストのタイトルを獲得した。
2005-06シーズンはプレミアリザーブリーグで素晴らしい成績を残したリザーブチームの一員であった。リザーブチームは、マンチェスター・シニアカップ、FAプレミアリザーブリーグ・ノース、プレミアリザーブリーグのプレイオフではトッテナム・ホットスパーのリザーブチームに勝利し、3冠を達成した。
トップチームデビューとなったのは、2006年10月25日に行われたリーグカップ3回戦のクルー・アレクサンドラ戦であり、マイケル・バーンズと交代で出場した。
2007年1月にレンタルでロイヤル・アントワープに加入し、夏にユナイテッドに戻るまでレギュラーとしてプレイし、チームのプレイオフ進出に貢献するとともに、ショウクロス自身も3ゴールを挙げた。
images.jpg
ストークへのローン
2007年8月9日、ショウクロスは6ヶ月間の期限付きでチャンピオンシップに所属するストーク・シティに加入することになった。ショウクロスは、1-0で勝利した開幕戦のカーディフ・シティ戦、リーグカップのロッチデール戦と2試合連続でゴールを挙げた。

ストーク・シティ
ローンで加入している間にショウクロスのストークでの評価は高まり、2008年1月の移籍市場で完全移籍で加入することになった。2008年1月18日に手続きは完了し、マンチェスター・ユナイテッドへは100万ポンドが支払われ、ストーク・シティが昇格を果たした場合とショウクロスの出場機会に応じて、ユナイテッドにはもう100万ポンドの移籍金が支払われることになっていた。

素晴らしいプレミアリーグでのデビューシーズンを終えると、ウェストハム・ユナイテッド、フルアム、エヴァートン、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示しているとの報道がなされたが、ショウクロスも監督であるトニー・ピューリスもその噂を否定した。2009-10シーズンの開幕戦のバーンリー戦ではヘディングからゴールを挙げ、2-0の勝利に貢献した。2010年2月27日に行われたアーセナル戦でショウクロスのタックルによりアーロン・ラムジーが骨折し、ショウクロスは退場処分を受けた。すぐに病院に搬送しなければならない程のラムジーの怪我を見たショウクロスは涙を流しながらピッチを後にしたが、試合後にチームメイトのダニー・ピューとロリー・デラップはショウクロスを擁護した。

「彼は献身的な選手だが、意図的に誰かを怪我させようとする選手では決してない。」「みんな何が起こったのかをすぐに理解していたが、審判(ピーター・ウォルトン)は相手選手を怪我させた以上ショウクロスを退場処分にしなければならないと言っていた。

ショウクロスは上記のようなタックル後の態度もあり、アーセナルのファンから300通を超える同情のメールを受け取った。また3月4日の親善試合・エジプト戦ではイングランド代表に初招集された(出場はなし)が、ショウクロスは「代表の全選手が親切に接して試合に集中させてくれた」と語った。

【イングランド代表】
2008年1月、UEFA U-21欧州選手権の予選のアイルランド代表戦に臨むU-21イングランド代表のメンバーに招集された。ショウクロスはそれ以前に、U-15のウェールズ代表として、ベルギー代表戦とアイルランド代表戦に出場した経験があった。
2009年10月、FIFAは16歳より前に5年間義務教育を受けた国で代表としてプレイすることを許可したが、ショウクロスは2010年3月に行われるエジプト代表戦に臨むイングランド代表のメンバーに招集された[18]。
2012年11月14日にソルナで行われたスウェーデン代表との親善試合でA代表初出場を果たした。




総合評価
攻撃力【6】
守備力【7】
センス【6】
posted by よしき at 12:00| Comment(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。